こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの浅見悦子さんに、OTONA SALONE編集長が取材。つまり、“自分で自分を”インタビューしてみました。

 

■『ざんねんな婚活』は役に立つ本なの?

──婚活歴2年をまとめつつ、それを振り返ってわかった婚活の心得を書いた一冊だということですが…。まだ婚活、成功していませんよね?

浅見「はい。絶賛、婚活中です」

──婚活本を出版するって、普通は成功してから出すものだと思うんですけど…。今回の件は、言い換えれば、まだやせていないダイエット中の人が本を出すみたいなものじゃありませんか?

浅見「その通りです。婚活成功本でも、モテ本でもありません」

──よく出版OKになりましたね。

浅見「はい。そう思います。小学館ってチャレンジャーだな、と」

──ありがたいことです。感謝の言葉しかありませんね。ところで世間に出版して、役に立つ本なんですか?

浅見「そうですね…。婚活中の女性への反面教師という意味なら…。婚活中の男性なら、キャリア女性のめんどくさい心理を知ることができますかね。あとは、これはヒドイwwwと笑っていただく程度のお役には立てるでしょうか

──読者の方々のご判断にお任せしましょう。

 

■やってはいけない婚活01:やたらダメ出し

──ざんねんな婚活エピソードがいくつも書かれていますが、その中でも絶対にやってはいけないことを3つ教えてください。

浅見「はい。いっぱいあるんですけど、まず思うのは男性にダメ出しばっかりしちゃいけないな、と」

──そんなにダメ出ししてたんですか?

浅見「口にはしてません。あくまでも心の中です。一冊を通して読んでよーくわかりました。私、婚活の初期は【こんな男性はイヤだ】ってことをつらつら書いているんですよ。自分のことを棚に上げながら」

──やっと気づきましたか。

浅見「はい。でもそのことはまさに3人目の婚活デート相手・55歳のホワイトさんが指摘していたんですよね」

──さすが、亀の甲より年の劫。

浅見「恋愛にご無沙汰な女性の多くは、【ここがステキ】より【ここがイヤだ】が先に立ってしまいがちなんじゃないかと思うんです。でも、先にいくつもNG条件を設定してしまうとそれをクリアする男性はかなり至難の業で。よく考えたら不動産の物件もそうじゃないですか。駅から遠いとダメ、日当たりが悪いとダメ、間取りがこうじゃなきゃダメ、築年数が……というNG条件をたくさん出しすぎると、最終的に該当する物件がなくなります(苦笑)」

──婚活は妥協ってことですか?

浅見「いえ、そうじゃありません。NG条件じゃなくてOK条件で探すことが大事だなと。【ここがステキ】っていうところに焦点を当てるんです。そのステキポイントがめっちゃよければ、実は本当はちょっとな、と思ってるところでも、まいっか、みたいになると思うんです。不動産の物件だってそうじゃないですか。100%好みの条件をクリアできる物件を手にできるのは……ごく一部の方々だけですから」

 

■やってはいけない婚活02:何かとめんどくさがる

──ほかにやってはいけないことは?

浅見「めんどくさがらない、ですね」

──婚活をめんどくさがっていたんですか?

浅見「仕事ではなるべく【すぐにやる】んですが、プライベートがだいぶズボラなんです。気分がのらないとプライベートのメッセージを既読スルーしたり、ヘタしたら見なかったり…」

──それはダメですね。

浅見「初めて婚活パーティに行ったあと、メッセージを返したりするのがめんどうでめんどうで…」

──いまも既読スルーなですか?

浅見「いや、改心しました! めんどくさいから保留というのは時間をムダに消費するだけだな、と。【めんどくさい】という発言もなるべくしないように心がけています。めんどくさいって言っていると、知らず知らずのうちにいろんなチャンスを遠ざけるんだな、と。そのあたりの理由は、本の最後の章にまとめました」

──今後、めんどくさがらずに頑張ってください。

 

■やってはいけない婚活03:「いい男がいない」と言う

──3つ目のやってはいけないは?

浅見「婚活に来る男性には【いい男がいない】と言ってしまうことですね」

──そんなこと言ってたんですか。

浅見「初期は……おこがましい発言をしておりましたね。ホント、何様⁉ って感じですよ」

──それを言うのがなぜいけないんですか?

浅見「何度も言葉にすると、脳がそう思い込む傾向があると思うんですよ、人って。自分で自分に言い聞かせるというか。そうなってしまうと、最初のやってはいけない01にあげたみたいに、【こんな男性はイヤ】脳になってしまって、【ここがステキ】脳にならない気がしました」

──じゃ実際、いい男はいたんですか?

浅見「いましたよ! 登場した男性のうちの誰だとは言いませんが、同世代や年上でもステキな独身男性はいました」

──ネガティブな発言はよろしくない、ということでいいでしょうか。

浅見「はい! ネガティブな発言ばかりする人と、一緒にいて楽しい・幸せって思うかたはそんなにいないんじゃないかと思います。とはいえ婚活であれ恋愛であれ、それこそ仕事、人間関係でもストレスがないわけじゃありません。でもそれをいかにポップに昇華するか。ネガティブな発言をして時間を過ごすのってもったいないじゃないですか。100年人生とはいっても、人生一回きりだから、できるだけ楽しい時間を多く過ごしたいなって」

 

──婚活もそんな感じで?

浅見「はい。現在も婚活継続中で、悲しいこと悔しいこともありますし、泣いたこともありますけど、46歳・未婚・独身、楽しく人生を過ごすことをモットーとしておりますから!」

──毎週水曜日17時の「40代編集長の婚活記」の更新も頑張ってください。

 

そんな、婚活の反面教師本『ざんねんな婚活』がついに12月13日発売です!

『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活: 婚活して初めて気づいた、人生において大切な17のこと』

著者:浅見悦子

単行本: 288ページ
出版社: 小学館
ISBN-10: 4093886601
ISBN-13: 978-4093886604

↓ココから買えます↓

 

 

【書籍に未収録のWEB記事一覧はコチラ】

  40代編集長の婚活記まとめ

 

 

【婚活記、マンガ版も始まったよ!】

#マンガ40代編集長の婚活記

 

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

#146 40代独女、婚活2年半で「恋人ができた4つの理由」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は紆余曲折、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始め、婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求めること2年半。10人以上の男性とデートなどをし…

【祝3周年】N.Y.プレゼント企画! 突然ですがクイズです【OTONA SALONE】

みなさまのご愛読のおかげで「OTONA SALONE」はついに3周年を迎えました。2016年5月17日がスタートした日。新しいメディアが立ち上がったり、なくなったりするWEB業界の中でここまで続けてこられたのも、みなさんが…

#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

40代、絶賛婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始めて約2年半になる。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求め続けていた。しかし、誰ともうまくいかず、好きに…

#144【あるある】恋愛下手な40代独女にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

「平成ジャンプ」。昭和に生まれて平成の世を独身で過ごし、令和を迎えた人をそういうらしい。引き続き婚活を続けている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。もちろん平成ジャンプの一員になった。この2年半、婚活パー…

【リアル体験】白髪うまく隠せる? ヘアマスカラで白髪染めやってみた

出かけようと思って鏡をよく見たら、髪の毛にチラホラなんか白い髪を発見……! ちゃんと白髪染めする時間はなく、もちろん美容院に行ってる時間もない。とりあえず、緊急対策としてこの白髪を隠したい! ということ…

#143 40代独女「初めてのアレ」を決意する…⁉【40代編集長の婚活記】

元号が「令和」になっても茨の婚活道が続いている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めたのは平成28年、夏のこと。足かけ2年半以上になる。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などさまざまな形…

#142 男はどう思うの?「手を触れる」ことについて【40代編集長の婚活記】

40代、過酷な婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。2年半のあいだ、婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介など、さまざまな形で出会いを求めてきた。49歳・アーティストのジェントルさんとは5回のデートを重…

白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本

出かけようと思ったら白髪を発見しちゃった、という経験はありませんか? ホームカラーで白髪染めをする時間もなければ、美容院へ行っている時間もない。とりあえずしばらくの間、「白髪隠し」をしたい!そんなとき…

#141「連絡する」と言ったのに! 2週間も放置する男って【40代編集長の婚活記】

40代・婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレとの再会も含め2年半婚活をしているが、ことごとく終わってしまう。現在、49歳・アーティストのジェントルさん…

これが正解! 40代からの「美肌見えファンデーション」5選【婚活ファンデにもオススメ】

少しでも肌をキレイに見せたい。それが、乙女心というものです。もちろんスキンケアも大人なりのお手入れをしているけれど、やっぱり頼りになるのはファンデーション。みなさま、ファンデーションは何を使っています…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事