いつかくる「親の家を片付ける問題」。費用は?タイミングは?知っておきたい7つの心得

「実家を片付けなきゃならない!」そんな時は、ある日突然やってきます。親が介護施設に入ったり亡くなったりして無人に。放置するわけにもいかないため、親の家を片づけることになるのです。この「親の家を片づける問題」がリアルに起こっているのは50代以上が多いようですが、アラフォーといえども他人事ではありません。親がまだまだ元気であってもその日の前に知っておきたい、親の家の片づけ7つの心得を紹介します。 

心得1 親の家の片づけは突然やってくる

160502easami003

親が何歳でも、今が元気だからといっても、いつどうなるかは誰も保証できません。高齢になるとちょっとした病気やケガでひとり暮らしが難しくなったり、亡くなってしまったりします。まさに「いつまでもあると思うな、親と金」。特にアラフォー世代からはこの言葉を改めて心得ておきましょう。

心得2 親の家はモノがあふれている

親世代はモノのない時代に育ったため、もったいないという考え方が深く根づいています。二度と使わない電化製品、謎の書類、何十年と着ていない洋服……。これらがあらゆる収納スペースにつめ込まれ、後生大事にとってあるのです。そして親自身もどこに何があるのか把握できていません。とにかくモノが多いんです! その現実をきちんと把握しましょう。

心得3 家の中がどういう状態なのか、冷静に総点検

160502easami004

片づけることに迫られたら、家を総点検しましょう。何が残されているのか、何を残せばいいかなど。相続の問題もあるので、できれば兄弟姉妹とともに行うようにしてください。ひとりで片づけてトラブルになるケースもあるからです。不用品の処分にも費用が生じるので、その費用分担はどうするのか話し合いが必要です。兄弟姉妹間のトラブルを避けるために、ここは手を抜かないことが大切です。

心得4 片づけ計画を立て、紙に書く

どの順番で片づけるのか。一部屋にどのくらいの時間をかける&かけられるのか。親が健在の場合には、親は何を残したいと希望しているのか。これらをすべて書き出しましょう。こうして全体を把握すると、効率のよい進め方が見えてきます。   業者に頼むのか、自分たちの手でなんとかするのか、ゴミ収集日はいつか。そして片づけをスタートしてから終了までおよそ何日かかるのか。実家が遠い場合は、何回帰省すればいいのか。その交通費はいくらかかるのか。   やることがあまりに多く途方に暮れるかもしれませんが、シミュレーションすることで覚悟もできたり、体調などを考えて着手する時期をずらそうという選択肢が出てきたりするかもしれません。いずれにしても計画を立てることで、兄弟姉妹はもちろん親族にも理解や協力を得やすくなります。

心得5 必要に応じて実作業の手伝いを頼む

160502easami001

モノの量にもよりますが、たいていの場合は人手が必要です。実家近くに住む頼みやすい親戚がいれば協力してもらいましょう。そういう人がいない場合、業者の手を借りたりするのもひとつの方法です。最近では専門の片づけ業者もいます。ただし、費用もかかるので必ず見積もりを出してもらい検討しましょう。

心得6 燃えるゴミ、不燃ゴミに必ず分ける

処分するものは地域の指定に従い、分別します。地域のゴミ収集日に出せばゴミ袋代しかかかりません。大きい家具などは有料回収だったり、事前申請が必要だったりするので各市町村に確認しましょう。

心得7 誰もが一度は途中でくじけそうになる

160502easami002

片づけても片づけても終わらない。疲労もたまっていく。悲しみの気持ちがつのったり、時には怒りの気持ちが湧き上がってくることも……。でも、それは誰にでもあること。親の家の片づけはみんな途中、一度はくじけそうになるものだと心得てください。

 

親片1

『親の家を片づける』
著者:主婦の友社:編
ジャンル:読み物 暮らし
ISBN9784072887516
発売日:2013/05/31
定価:本体1,300円+税

 

■ご注文はこちらから■
アマゾン(リンク) 
honto(リンク)

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

40代女性の貯金の目的。3位旅行のため、2位家族のため、1位は?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年度版、2人以上世帯より)によれば、40代の貯蓄高は平均値が588万円、中央値は200万円という結果が出てい…

40代女性は退職後、どこに住みたい?都会?地方?海外!?結果は…!

女性の平均寿命は、現在87.05歳(厚生労働省2016年調査による)。 60歳代で退職しても、あと25〜30年残されている計算になります。老後を好きな場所で暮らせるならばどんな…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事