知らなかった!節約とダイエットは同時に始めたほうが成功するらしい。その秘密は…

新年にかかげる目標として多い「節約」と「ダイエット」。これまで何度かトライしたものの途中で断念してしまったという経験をお持ちの人は少なくないでしょう。今年は「節約」と「ダイエット」どちらも目指してみませんか?「節約」と「ダイエット」が両立できる秘訣をお伝えします。

 

似て非なるものだけど、「同時にスタート」がポイント

じつは「節約」と「ダイエット」は同時にスタートするのがコツなんです。

なぜかというと。

「節約」をするためには家計を見直すことが大前提です。なかでも食費を見直すのは重要。つまり、節約とダイエットは自然に一緒に始まるのです。

 

改めてご説明しましょう。

普段そんなに贅沢しているつもりはなくても、意外と支出が多いのが食費です。

 

「節約」をスタートすると家計簿をつけはじめる人も多いですが、家計簿をつけるのが大変で長く続かず、断念したという声はよく聞きます。

家計簿を無理してつけなくても、毎月の食費を設定し、その決めた金額で食費をやりくりすればいいのです。

食費を設定することで、お菓子など嗜好品をセーブすることができます。また、食費を設定すると外食を減らし自炊へシフトするので、ダイエットもしやすくなります。

なお、『家計簿つけたら、ヤセました!』という本も出ているくらいなので、つけられるならつけたほうがいいでしょう。

 

1ヶ月の食費と目標体重を同時に設定する!

節約もダイエットも継続しない原因のひとつが、無理な目標を設定することです。節約もダイエットも高い目標に向かった方が成功に近づける!と思いがちですが、目標が高すぎると日々の生活がハードになるものの、なかなか目標に達成しないため、節約もダイエットもムリ!断念してしまいがちです。節約もダイエットも継続することが大切です。

 

したがって、無理のない目標設定を立てて、1ヶ月クリアしたら翌月に目標をアップしていくといった具合にはじめるのがおすすめです。

 

1ヶ月目の食費を〇万円と決めることでスーパーに行ったときの買い物の仕方も変わります。これまで目についた物をカゴに入れていくことは控え計算して買い物をするようになります。

 

食費の金額が決まっていると、お菓子やデザートなども意識的に減ってくるので、ダイエットにも身が入ります。まずは、食費を前月より1万円減らす、体重を1キロ減らすことを目標設定してみましょう。1ヶ月目でクリアすれば翌月さらに食費、体重ともに減らして目標設定していくことで継続しやすくなります。

 

節約とダイエットを両立させる、たった1つの注意点は

節約するとなると安い食材選びを意識しますが、ダイエットには栄養をしっかりとってキレイに痩せることを心がけましょう。野菜や肉は高いからといって炭水化物だけではダイエットに成功しません。

 

野菜も肉や魚もバランスよくとることは大前提です。豆腐、もやし、卵の節約レシピを探し、価格の安定しているにんじんや玉ねぎのレシピバリエも増やして、栄養バランスよくきちんと食べることを心がけてください。無理なく継続するためにはこうしたちょっとした準備が必要です。

 

また、ダイエットに欠かせない運動は、スポーツジムに入会しなくても、ジョギングをする、スマホでフィットネスアプリなどを活用して空いた時間に運動するなど、お金をかけずはじめることも大切です。

 

まとめ

節約とダイエットは無理のない目標設定からスタートすることが成功の秘訣です。どちらも同時にはじめることで、自然と生活の行動も変わり意識も変化していきます。そのうち、節約もダイエットは生活の一部になり無理なく自然と継続できるようになるでしょう。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

意外と悩む!お年玉はいくら包むのがベスト?計算式に当てはめると…

子どもの頃、お正月の一番の楽しみといえば「お年玉」だった方も多いのではないでしょうか。お年玉を貰う立場からあげる立場になった今は、お年玉はいくら包むのがベストなのか迷う場面もあるでしょう。今回はお年玉…

意外とお金を使う年末年始。この「出費計画」で使いすぎを事前にガード!

年末年始の計画はどう過ごされますか?「実家に帰省する」、「旅行に行く」、「特に予定なく家でゆっくり過ごしたい」など年末年始の過ごし方は様々でしょう。年末年始は過ごし方によって出費が大きくかかってしまい…

年末大掃除の断捨離、片付けたいのは「ブランドバッグ」と「保険」?

お掃除上手な人に言わせると、普段から片づけや掃除ができているから年末だからといって大掃除は特別大変ではないと。お掃除上手の人の共通点はきちんと断捨離ができているので収納スペースも確保されているため片づ…

お金が貯まる人のお財布は?今すぐやるべきお財布断捨離

お金が貯まっている人のお財布はどんなお財布を使っているのでしょうか?外出時は肌身離さず持ち歩くお財布は、その人のお金に対する想いがつまっているといっても過言じゃありません。お金が貯まる人のお財布はどん…

お金が貯められない人が、今すぐやめるべき3つの行動

毎月、贅沢をしているわけでもないのになかなかお金が貯まらないという人は少なくありません。お金を貯められないと気になっている人は、「お金を貯めたい!」と願っているのですから、今こそ行動を変えてお金を貯め…

40代女性の平均年収、正社員と非正規雇用ではどのくらい違う?

今40代の人達が卒業した頃は正社員で就職するのが当たり前の時代でしたが、現在は働き方も多様化し、パートや派遣者社員といった非正規雇用を選ぶ人も増えています。働く時間の自由度を求めて非正規雇用を選ぶようで…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー相談で急に増えるのが、老後の生活費、定年…

40代独身女性の平均年収は?お金はどのくらい貯めていますか?

20代の新入社員の頃は、正直、給与も横並び。初任給の話やボーナスや貯蓄額など友人とお金の話をしやすかったけれど、年齢が上がるにつれお金の話はタブーになりつつあります。40代ともなるとポジションや業種の違い…

実は損してる?「保険の途中解約」失敗しない見直しポイントをチェック!

家計の見直しをするうえで、まず「保険の見直し」を検討する人は多いもの。新入社員の時に加入し、20年近く保険料を支払い続けているけど保障内容をあまり理解してないといケースはマネー相談の場でもよく見受けられ…

40代の「3ステップ自動貯金術」で、がんばらなくても家計がなんとなく管理できるように…?

「家計管理」という文字を見ると、反射で「苦手」「めんどう」という気持ちになりますよね。20代、30代のうちは、家計管理ができなくても、まだ現役として仕事をする未来が長い分だけそれほど焦りはありませんでした…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事