みずみずしいクチビルの極意!「気づけばおばさん」を回避する口もとのちょこっとメイクテク3選

メイクをしている顔が「なんだか、オバサンくさい」というのは、とても残念な展開。

しかし私たち40代は、ややもすると「メイクをしたほうが、オバサンくさい」の罠にもはまりがちな年代だけに、デイリーメイクでは、ちょっとした若見えテクを駆使しつつ爽やかな仕上がりを狙いたいところです。

「もしや私の口もとも、オバ見え系……?」に一抹の不安がある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

以前はこちらの記事『若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選』では、目まわりの老け見え回避テクをご紹介しましたが、今回は同様に“年齢が出やすい”と言われる口もとメイクのテクをお話します。

 

「うっかりオバサン」「気づけばオバサン」を防ぐリップメイクテク1:下地のツヤでうるおいと輝きをチャージ

この秋冬にはマットリップがリアルトレンドとなり、今までよりもツヤ感のないさっぱりとしたクチビルが流行中。

しかしトレンドを「そのまんま」取り入れてしまうと、40代のクチビルはみずみずしさが失われ、乾いた印象ばかりが悪目立ちする口もとにもなりやすいのは否めません。

流行を取り入れつつも、もっさりとしたオバサンくさいクチビルを回避するには、下地で工夫するのがベター。

口紅を塗る前の段階で、ツヤ感のあるリップ下地を用いると、ほどよくシワやくすみがカバーされ、みずみずしさが演出しやすいです。

せっかくのトレンドリップでも、“乾いた印象”になった時点で生活感が醸し出されるのも“あるある”だけに、マット旋風が吹き荒れている今でも、“ほどよいツヤ”こそ若見えの極意です。

デイリーに使っている口紅と好相性のリップクリームやバームが手もとにあると、便利。

 

「うっかりオバサン」「気づけばオバサン」を防ぐリップメイクテク2:口紅はグリグリ塗りが鉄則

そこそこの“よそゆき顔”をつくりたいときほど、口紅を塗るときには輪郭に沿って、丁寧にメイクをしたくもなりがちです。

しかしこれこそが、老け見えを招くリップメイクの典型。“きちんと輪郭をとって塗れば塗るほど”に「授業参観日のオバサン」「大事な商談に臨むイケイケオバサン」なニオイが強まる傾向も否めません。

口紅はむしろ、少しラフに塗っているくらいのほうが、旬な雰囲気と、ほどよい抜け感による若見えを狙えます。

ここ数年は、力んだ仕上げのメイクよりも、常にどこかに“抜け感”を意識したメイクがトレンドでもあるので、年齢にともなって、とかく他パーツが濃いめになりがちな40代のメイクでは、クチビルこそ力を抜いて仕上げたほうが、断然に垢抜けます。

輪郭をしっかり描くより、発色に気をつけつつ直塗りでグリグリと色をのせていくほうが、時短かつ若見えに。

 

要するに「20代のときと同じ塗り方」が全部ダメ!次ページで代表例

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

眉が決まらない理由はコレ!メイク下手な40代ほど「使っていない」化粧ブラシ3選

40代にも、デイリーのメイクに苦手意識をもっている女性は、決して少なくありません。「友達から“メイクが濃いね”って言われてから、凹んでいる」「親しい男性から、“化粧が下手だね”って言われた」などなど、何かを…

今日のメイクは大丈夫? 2019秋「男が嫌がる40代女性のメイク」の共通点って?

秋らしい季節感を意識して、夏までとはメイクを変えた40代女性も少なくないはず。深みのある色も増えるこの時期には、大人のクラシカルを楽しむメイクにも、惹かれがちではないでしょうか。ところが、この“クラシカ…

オバ見えが加速!40代が買ってはいけない「アイシャドウ」秋の3大NGカラー

昨今のメイクトレンドは、40代女性が若い頃と比較すると、よりカジュアルかつナチュラルな仕上げが主流です。アイメイクも、ここ数年でグッとシンプルになり、オーソドックスな塗り方であるグラデーションや締め色使…

彼の家に行ったらこっそりチェック!「育ちの悪い40代男」の家に潜む悪習慣3選

男女ともに、新たな恋人の前では「自分を良く見せたい」の心理から、“きちんとした人”に見える振る舞いをあえて心がける傾向も。そして関係が安定してきた頃合いに、気を抜いた言動が増え、パートナーから「実は、こ…

このセリフが出たら要注意!浮気性な40代男ほど口にする危険なフレーズ3例

浮気や女グセの悪さは、ある種のビョーキで「浮気性な男は一生治らない」とも聞きますよね。確かにまわりの男性を見渡してみると、浮気をする男性、あるいは複数の女性と同時進行で交際する男性は、年齢を重ねても悪…

モテを逃す!男性が嫌う40代女性のダメなすっぴん顔3例

いつの時代も、男性は「すっぴんが好き」と言われます。40代の恋愛話においても「ケバいメイクの女性はイヤ」「派手なメイクの女性には警戒する」などの声がたびたび聞かれますので、あえて“すっぴん風”のメイクでモ…

【40代のプチプラコスメ】大人も大満足!肌にも髪にも使える便利ワザって ?

気になっていたプチプラアイテムを使ってみたものの「保湿力がイマイチかも?」「やっぱり高いもののほうが、満足度は高いわ」などと感じた経験のある40代女性は少なくないはず。実際、使い勝手が価格と比例するコス…

「いつものほうが素敵だったのに」男がガッカリした40代彼女のヘアチェンジ3例

イベントデートなど、普段よりも気合いを入れたい日には、いつもとは異なるスタイリング剤を使って髪を整える40代女性も少なくありません。しかしせっかく気合いを入れたのに、男性目線だとむしろ「いつものほうが素…

結婚はあえて選択しません! 40代の「長続きカップル」意外な共通点って?

昨今は、カップルの関係にも、多様性が顕著。出会いから交際、結婚、出産……と、いわゆる“お決まり”のパターンにハマらずに、自分たちなりのスタイルを貫く男女も増えてきました。40代カップルでも、長く交際を続けな…

ギョッ、デートでその食べ方は…男がドン引きした40代女性の「お育ちが悪すぎる」食事マナー3例

男女の仲は、食事をともにすると、相手の“人となり”がよくわかるのも事実。だからこそ、興味のある異性とはまずは食事デートから……の流れは、40代の恋愛においても一般的ですよね。そして、そのデート中に「ん? な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事