シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。

そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、人知れずため息をついている人もチラホラなのです。

忙しいとつい、美容がおろそかになってしまうこともあるけれど、そんな私たちにシビアな目を向けている男性も存在するというわけ。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とし時短美容家である私、並木まきが、男性たちの抱く「失礼は承知だけど、こんなんだからウチのパートナーは老けてきたんだと思います」なホンネに迫ります。

 

失礼は承知ですが「だから老けてきたんだと思います」な40代女性の美容癖1:イベントの前しか気合いを入れない

「事実婚状態にある同棲中の45歳の彼女は、最近ことあるごとに『老けてきた〜』が口グセ。

確かに、10年くらい前と比べるとお肌の色も悪いし、ツヤもない感じです。

でも、その原因って、日頃の手入れをサボっているせいもあると思うんですよ……。

誰かの結婚式とか、なんかの集まりとかがある前日には昔のように気合いを入れてお肌の手入れに励んでいるけれど、ふだんはお風呂から出たら、何もしないでベッドに入るような感じ。

いい歳になってもキレイな彼女や妻がいる友達に聞くと、やっぱりみんな家でもそれなりに美容に気を使っていると聞くし、ウチの彼女が老けてきたのはサボりまくっているせいだと思っています。

言うと喧嘩になりそうで言えないけど、本音では、もうちょっと日頃から美容にも手をかけてもらいたいですね」(48歳男性/経営)

 

イベント前など人前に出る前日には丁寧なスキンケアをしても、デイリーケアはどんどんおろそかになってしまう40代女性も珍しくありません。

しかしそんな手抜きの日々は、パートナーである男性からは思っている以上に、シビアかつ冷静な目を向けられている実情も。

さらには「老けたよね〜、私」なんて口グセがあると「ならば、もっとちゃんと手をかければ!」なんて内心で毒づかれている可能性も大です。

 

失礼は承知ですが「だから老けてきたんだと思います」な40代女性の美容癖2:髪の毛を乾かさなくなった

「妻は、結婚前にはツルツルでピカピカなロングヘアだったはずなのに、最近はなんだか髪にツヤがなく、ガサガサとした見た目です。

髪にツヤがないと、随分と老けて見える感じがして、最近は妻を見るたびに『歳とったなぁ〜』なんて思っています。

でもこの前、久しぶりに友人たちの集まりがあるとかで、入浴後にきちんと髪を乾かしていた妻を見て、びっくり。

以前のように、キレイな髪の毛になっていたんですよ。

つまりは、ふだんは気を抜いて、髪を乾かすのをサボっているってことですよね?

結婚して長くなってきたので、もう俺の前でキレイでいたい願望はないのかもしれないけど、髪を乾かすだけであんなに変わるなら、ぜひ毎日ちゃんと乾かしてほしいです……」(43歳男性/金融)

 

40代ともなると、若いころと比べて、髪が痩せたりツヤやハリが失われたりといったお悩みにもぶつかりがちなのは確か。

しかしきちんとドライヤーでお手入れするだけでも、ある程度のツヤは保てるのも真実です。

家事に育児に仕事に……と多忙を極めている40代女性ほど「面倒くさくて、髪なんて乾かす暇がない!」と口にする人も珍しくありませんが、髪の状態も、私たちが思っている以上に身近な男性の目に留まっています。

パートナーに寂しい思いをさせないために、若い頃のようにヘアケアにも手をかけるのは、想像以上に大事なお手入れなのかも!

 

○○をアップデートしないのは、老けの原因に⁉

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

40代のセルフ美容は「電動」がキーワード!? 時短美容もかなう名品3選

最近の美容アイテムの進化は目覚しく、多くの優秀な電動アイテムも続々と登場中。40代の美容では「賢く、満足度高く、効果も欲しい!」なよくばり女性も多いだけに、アナログ美容に限界を感じたら、セルフ美容にも電…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事