#133  恋愛ベタ女が「3回目デート」でわかったこと【40代編集長の婚活記】

婚活歴2年半の40代独女、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上になる恋愛ご無沙汰な女。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活などでことごとく玉砕した。

しかし、たぶん仕事で行ったレセプションで知り合った男性・ジェントルさんとはなんとか継続中。3回目のデートをすることに……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

初めて彼と会ったとき

デートを重ねて、だんだんとジェントルさんが気になりつつあった。

初めて会ったときは正直、戸惑っていた。

仕事かプライベートの誘いなのかもわからず、ゲイかバイかノンケかもわからない。ただ、料理を取り分けてくれたり、女性らしいとほめてくれたりする「ジェントルマンさ」には感動した。今までそんな経験がなかったから……。その時点でジェントルさんに、ほんのりときめいていたのかもしれない。

でも恋愛にご無沙汰な女としては、そのときめきにまだ気づけなかった。

五感でドキドキする

2回目のデートのときは、接近することでドキドキした。

タクシーの中で彼の香りにドキッとし、エスカレーターやエレベーターでのレディファーストさにキュンとした。ネイルアートを見るために手を持たれたときは脈が早くなった。

「ジェントルさんのこと好きになるかもしれない」と思った。

途中、仕事やらなにやら謎の展開になったデートだったけれど、彼と一緒に過ごしているとテンションが上がっていたのだと思う。

後悔して気づいた気持ち

2回目デートを終えたときは、後悔していた。

ゲイ疑惑が晴れ、プレゼントまでもらった。なのにディナーの誘いを断ってそそくさと帰った私。帰宅してから、なんてことしちゃったんだと激しく後悔。メールの返信がなかなか来ないことで不安になる。

そして確信した。私はジェントルさんのことが気になっているという事実に。

だから決意した。

もう「受け身」の婚活はやめよう。自分からもその気持ちを伝えていこう、と。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク