とろける幸せを運ぶ魔法の1粒、紹介します! 大人の女性のご褒美チョコレート3選

リーズナブルなものから、世界に名を馳せる高級ショコラティエのものまで、巷にはさまざまな「チョコレート」があふれています。そんな星の数ほどあるチョコレートのなかから、大人の女性をアゲてくれる、とっておきの「ご褒美」チョコレートをセレクトしました。

1粒口にすれば、とろけるような幸福感を運んでくれる、とっても繊細だけど、絶大な魅力と個性、とびきりの魔力を持ったチョコレートは、大人の女性の日常を華やいだものにしてくれるはず!

普段がんばっている大人女性がプチ贅沢したってバチはあたりません(たぶん)。自分に「ご褒美」チョコレート、贈ってみませんか。

これぞご褒美! 高級キャビアを使ったショコラがお目見え

caviarxvodka-2016_20%e7%b2%92%e5%85%a5%e3%82%8a_6858%e5%86%86

この秋、ぜひチェックしたいのは、1977年創業のパリの老舗ショコラティエ「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」から発売された、キャビアとウォッカのボンボン・ドゥ・ショコラ、その名も「キャビア&ウォッカ」。高級キャビアで知られるフランスの高級食材小売店「ペトロシアン」とコラボレーションした新商品が数量限定で発売となっています。

キャビアとチョコレート。単体でもじゅうぶん魅力なのに、その両方が一緒になるなんて! わくわくしながら口に入れると、ほのかに潮の香りが。意外ななかにも、「やっぱり相性いいよね」という腑に落ちた感もある、2つの素材が奏でる絶妙なハーモニーにしばしうっとり。「ペトロシアン」のプレミアムウォッカの力強く熱いノートを感じる「ウォッカ」も、エレガントでありながらしっかり主張のある凛とした大人の味です。

ややお値段は張りますが、その価値は十分にあり! 1粒、口に運べば、日常からラグジュアリーな世界へ逃避行が楽しめるし、20粒入りなので食べごたえも十分。

ボックスもエレガントで気になる男性への贈り物にも絶賛おすすめです!

「キャビア&ウォッカ」(20 粒入、6,858 円、税込)
www.lamaisonduchocolat.co.jp

舌の上でとろ~り! 猫の舌をかたどった、キュートなチョコレート

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3_%e7%8c%ab%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab_%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

オーストリア・ウィーンの旧市街に本店を構える「デメル」の創業は1786年。長きにわたってヨーロッパに君臨したハプスブルク家の紋章を今なお掲げる、老舗菓子店です。もともとは王家専属の菓子職人のひとりが、王宮劇場の舞台側入り口の前に、ロココ様式の店をオープンしたのがきっかけだったとか。美貌で知られる、ハプスブルク家最後の皇妃エリザベートは、同店のお菓子を愛してやまなかったそうです。さすがにしゃれおつです(笑)。

ウィーンのお菓子といえば、「ザッハトルテ」が有名です。「デメル」もアプリコットジャムがアクセントの華やかな「ザッハトルテ」を提供していますが、ご褒美チョコレートとして人気が高いのが、猫の舌をかたどった可愛らしいチョコレート「ソリッドチョコ 猫ラベル」。

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3_%e7%8c%ab%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab_%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%88_%e7%ae%b1

古都ウィーンの雰囲気を体現したようにクラシックで、しっかりした甘さを持ちながら上品さを備えているのが特徴。絹のように滑らかなチョコレートが舌の上でとろ~りととろけ、リッチな気分になります。そして、なんといっても目を引くのは、金色の舌を出した猫のイラストを中央に配した、大人ガーリーなパッケージ。スウィート、ミルク、ヘーゼルナッツの3種類のフレーバーごとに箱の色が異なるので、ついつい全部集めたくなってしまいます。

%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%ab_%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

余談ですが、筆者のお気に入りは、「オレンジピールチョコレート」。砂糖漬けにしたオレンジの皮をスウィートチョコレートでコーティングしたもの。そのままいただいてもいいですが、ウイスキーや赤ワインなど、お酒にもよく合います。

ちなみに、デメルの「トリュフチョコレート」は、ここ最近、1粒1粒の個性をより打ち出すべく、リニューアルしたばかりだとか。機会があればこちらもぜひ試したいところです。

ソリッドチョコ 猫ラベル(スウィート、ミルク、ヘーゼルナッツ 各1,944円、税込)
オレンジピールチョコレート(16本入、2,160円、税込)
http://www.demel.co.jp/

9ヶ国のカカオ豆を通してカカオの産地を旅する

img_9264%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%81%ae%e6%97%85

スペイン・バルセロナに本店を持つショコラテリア「CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)」。じつはこちら伝説のレストラン「エルブリ」のパティシエ、アルベルト・アドリアの発案で誕生したってご存知でした? 「エルブリ」のシェフやパティシエをはじめ、 スペインを代表するクリエイターたちの出資のもと、「CACAO SAMPAKA」がオープンしたのは、1999年のこと。

ショーケースに並ぶアートのようなチョコレートは、カカオの魅力をとことん引き出し、職人たちがひとつひとつ手作業で作り上げたもの。1920年創業のチョコレート原料製造会社「Nederland(ネダーランド)」を親会社に持つため、カカオ豆の輸入に関しては一日の長があります。

ボンボンショコラや板チョコレート、ヘルスコンシャスなラインなど、多彩なラインナップはいずれも誰かに話したくなる「物語」を持つものばかり。そんななかでも、大人の女性のご褒美チョコレートに推奨したいのが、「カカオの旅9ヶ国コレクション」。その名の通り、9ヶ国の産地別カカオのチョコレートを食べ比べできる日本限定のチョコセットです。産地別のカカオの特徴を説明したパンフレットが付いているので、香りや見た目、味わいの違いをチェックしながら、カカオ豆を通して、エクアドル、ベネズエラ、グレナダ、マダガスカル、コートジボワール、サントドミンゴ、パプアニューギニア、カメルーン、メキシコの9つの国を旅することができるのです。なかでもメキシコのものは、かつては王しか食すことを許されず、王のカカオと呼ばれたメキシコ産クリオロ種「レアルクリオロ」を使用しています。

ほらなんだか楽しそうでしょ! カカオ豆の奥深さを再認識しながらカカオの産地を旅できる、旅心や知的好奇心も刺激する魅惑のセットです。

カカオの旅9ヶ国コレクション(9粒入、3,996円、税込)
http://www.cacaosampaka.jp/

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

台湾みやげに大人気の調味料「沙茶醤」!自宅での使いこなし方

調味料シリーズ前回のお話は→こちら使い方無限大の調味料調味料シリーズ最後は定番中の定番沙茶醤(サーチャージャン)!魚介ベースの万能ダレで、ちょこっと入れるだけで…

寒天×さつまいもで「あの名店の芋ようかん」ができた!

いつでもたっぷり食べたいさつまいも。スイートポテト、ブリュレ、クッキー、サラダ、いろいろなレシピがありますが、中でも「芋ようかん」は、東京駅の手土産ランキングで…

おひとりさまが初めて「一人で国内旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

2年前(え、もうそんな?)、OTONA SALONEのアサミ編集長による、「初めての一人海外旅行」の指南がなかなかの好評でした。>>おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3そして2年…

「おひとりさまの国内旅」に飛騨が支持される理由って?

温泉あり、美味しいものあり、そして、文化の香りが漂う飛騨地方は、大人の女性の旅のディスティネーションにぴったり。恋人や友人同士はもちろん、ひとり旅にもおすすめです。「美味しいものを食べて、のんびりした…

「いいヤツなんだけど」…40代独女の辛かったデート体験

正直、今回のハナシは書くのを迷った。私の狭量な小人物ぶりをさらけ出すようで恥ずかしいからだ。しかし、あえて書くことにした。ある意味、決意表明として。今回は、私の直近の「デート」を紹介する。「いいヤツが…

私が「非婚主義」になった原因は…地獄の婚活パーティー体験談

今回は私が2、3回、参加した婚活パーティーの体験談を。とはいっても、約10年も前で今とはシステムが違っているかもしれない(そもそもその頃、「婚活」という言葉はまだいまほど一般化されていなかった気がする)。…

40代、おひとりさまを満喫する私の「結婚」にまつわる生きづらさ

別に誇っても恥じてもいないが、私は四十数年の人生において、一度も結婚していない。する予定もない。「国立社会保障・人口問題研究所」の「人口統計資料集2018」によれば、50歳まで一度も結婚したことのない人の割…

「苔めぐり」は秋もオススメ。苔が美しい京都の5つの寺院

四季ごとに異なる表情を見せる京都。このところ、外国人の観光客に大人気ですが、日本人だって大好きですよね。個性的な寺院や、ご飯、スイーツ……。魅力的な要素がたくさんあります。今回の提案は「苔」をめぐる京都…

「意識高い系」北海道リゾートステイ、おひとりさまが体験してみたら…?

21気づけば夏も終わりの気配。あー夏らしいこと全然していないな。だからといって暑いのも勘弁だけど……。長く休みは取れないけれど、2日くらいならなんとかなる! そんなわけでこの夏は北海道で、2日間のリゾートス…

焼き鳥デートによし、コスパよし!行列店から独立の新店、五反田「とり口」

カジュアルなものから高級系まで、焼鳥のお店っていろいろありますよね。そもそも私、個人的には焼鳥って、日本が誇るべき食文化のひとつだと思っています。庶民系からおハイソ系まで、TPOに合わせて選べるのも優秀…

日本初上陸&東京初進出。いまチェックすべきスイーツ3つとは?

まだまだ暑さが続くなか、日本初上陸、東京初進出となる、気になるスイーツショップのオープンが控えています。話題となること必至のショップたち、アドレスに加えておいて損はないはずです。ハワイ生まれのバナナソ…

ドン・ペリニヨンかき氷登場!いつもとは違う「大人のかき氷」に注目が集まっています

夏真っ盛り! かき氷がおいしいシーズンです。 個性的なかき氷、フォトジェニックなかき氷、多々ありますが、大人ですもの。大人ならではのかき氷で、ほろ酔いになってみません?「ドン・ペリニヨン」使用。究極の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事