見えないところで明暗が分かれる! 下着、キャミ、レギンス選び5つの落とし穴

コーディネートに隠れて普段はあまり気にすることはないかもしれない縁の下の力持ち的アイテムたち。必要にかられてそのへんで適当に買ったものをそのままずっと使ってる人が大多数だと思いますが、落とし穴は意外なところに。実は、おしゃれな人ほどちゃんとこだわっていて、はっきりアリナシが判別される、おしゃれかそうじゃないかが明確にわかってしまう部分だったりします。最初に謝っておきます。今回、辛口です。便利だからって手放せないなんてことが、万にひとつもないように!

 

よかれと思ってつけてくれてるんでしょうけど……

胸元にレースがついたインナーキャミ

Vネックトップスやカーディガンの下にマストなインナーキャミ。見えてもいいように胸元にフリルやレースがついているもの、多いですよね。各メーカーさんが親切心でつけてくれているのはわかります。わかるんですけど……。ダメ、あれはダサい。見せちゃだめです。一気に着こなしが安っぽくなります。そこはかとなくショッピングモール感が出ちゃう。インナーが絶対に見えない、胸元が深くあいたキャミで潔くいい女感を醸し出すのが唯一の正解。どうしても抵抗がある人は、飾りのないシンプルな無地を選びましょう。たまに裾にもフリルついてたりしますけど、言語道断ですからね! 今こそ叫びたい、シンプルisベスト。

 

見せていいもの/悪いもの、その明確な境界線。

 

背中開きトップスから見える黒インナー

シンプルな黒だからって油断しちゃアカン。ぱっくり背中が開いてるトップスのときはちゃんと気にしてるのに、微妙に首まわりが開いててうなじがきれいに見えるタイプのトップス(つまり最近流行ってるやつ)のときに、ヒートテック的な黒ババシャツが見えちゃってる率、高いです。心を鬼にして言わせてください。見えていいインナーなど、ない。せっかくの抜け感トップスがもたらしたはずの大人っぽさ、品、若干の色気、まとめるといい女感が、たったそれだけのミステイクでゼロ地点です。お気をつけください。

 

ブラがズリ落ちるのは防ぎたいけど、それ以上に避けたい。

 

透明のブラストラップ

最近は一年を通して肩を見せるトップスが流行っていますよね。ボートネックやオフショルのトップスみたいな鎖骨~肩をきれいに見せたファッション、大人の女性がとても綺麗に見えるのでどんどん着ていいと思います。そこで持ち上がってくるのが、ブラ紐見えちゃう問題。大事なことだから何度でも言いますが、見えていいインナーなど、ない。透明ストラップも同じです。付け替える手間をかけているにも関わらず、オシャレ度ゼロ地点なんて悲しすぎやしませんか。なんという無駄。たまに透明なのに柄ついてるものとかありますけど、何がしたいんだかさっぱりわからなくて涙が出そうになります。お願いだから、ストラップなしのブラかベアトップタイプのインナーを着てください。頼む。各メーカーさんの努力と技術の進歩で昔より落ちにくくなってますよ!

 

こればっかりは流行関係ないと思いがち。

 

普通の黒レギンス

黒レギンス、これ自体はOK。いったい何がNGかといいますと、膝上~膝下くらいのミドル丈のワンピやチュニック、スカートと合わせるのがNG。ずばり、バランスが古いので、一気におばさんっぽく見えてしまうんです。ロング丈のワンピやスカートに合わせて、足首あたりだけがチラッと見えるのが正解バランス。できればレギンス自体もリブ素材やスリット入りのものにアップデートしましょう。グレーやベージュなどの色を取り入れるのもおすすめです。GUとかでも売ってますんで。念の為言っておきますが、7~8分丈の半端な長さのレギンスは、はなからNGですからね。即捨ててくださいね。くるぶしが見えるくらいの9~10分丈オンリー。「長めのスカートに長めのレギンス」のみが今どきの正解です。

 

 

ついでにぶった切らせてください。

 

各種カラータイツ

ハッピー感と、あと絵が上手そうな感じは出ますけど、ごめんなさい。これに関してはメルヘンおばさんにしか見えません。黒、濃いグレー、百歩譲ってネイビーくらいにしておいてください。後生だから。同じ現象が起こるものにカラーベレー帽が挙げられます。最大限に警戒していきたいですね。大人になったらハズしたおしゃれとかいらんのです。定番モノこそが大人の女性を美しく見せてくれるのです。普通に生きていこう!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事