あなたの腰の痛み、どのタイプ?チェックリストでわかる「知らなかった原因」

仕事で無理をしすぎて、もう腰が壊れてしまった……

痛くなるたびにマッサージや鍼治療の繰り返し……

お医者さんにかかっても痛み止めで終わり……

 

こんなふうに、自分の腰痛はもう治らないんだと、諦めてはいませんか?

日本に約3000万人いるという腰痛患者(「腰痛に関する全国調査」)。そのうち85%は「原因不明」だといわれています。

 

でも、諦めてはいけません。

痛みがある以上、原因は必ずあります。あなたの腰痛が治らないのは、本当の原因がわからないまま治し方を間違えているだけです。

 

「原因のない腰痛」なんてない


ひと口に「腰痛の原因」といっても、腰痛はあらゆる原因が複合して発生するため、患者の数だけ腰痛の原因は分かれるといっても過言ではありません。

しかもそれは、単純に腰だけを検査すればわかるわけではなく、腰以外に原因が潜んでいることも多いものです。

例えば喫煙習慣や食生活が原因で、腰痛が治らない人もいます。足首や肩甲骨など、腰とは関係なさそうなところが硬いせいで、治らない人もいます。

寝ている間に腰を痛めてしまっている人もいれば、腰はまったく関係なく、脳や心の問題で耐えきれない痛みに悩まされる人もいます。

 

あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから

 

では、あなたの腰痛の本当の原因は、どこにあるのでしょうか?

それを突き止めるために大事なのは、5つの大前提を知っておくこと。その1つめは、「今まで治らなかったからといって、これからも治らないと考えないこと」です。

 

腰痛は治らなくても仕方がないという思い込みは、まず捨てる。

それが腰痛を治す第一歩です。

治療法の研究は日進月歩で進んでいます。これまで治らなかった腰痛が新たなアプローチによって改善される例も、今では数多く報告されているのです。

 

なぜ原因がわからないの?


腰痛の85%が原因不明というデータに、びっくりされた方もいるでしょう。

そもそも、なぜそんなことが起こるのでしょうか? その答えが、大前提の2つめと3つめです。

 

「たとえプロでも、正しく原因を捉えきれないことがある」。

「患者自身が、腰痛の症状を正しく先生に伝えきれていないこともある」。

 

前述した通り、腰痛の原因は腰にあるとは限りません。

ですから、一人の医者に診てもらったとしても、すべての原因を検証することなど、ほとんど不可能です。

しかも、患者であるみなさんも、「腰のどこが、どんなふうに痛いのか」を、具体的に言葉にするのは難しいと思います。

 

つまり、一度医者にかかったくらいでは、ピタッと腰痛の原因を特定できなくても仕方がないのです。

原因がないわけでも、あなたの腰痛が特別に治療困難なわけでもありません。

このことも、これから腰痛を治すための大前提として覚えておいてほしいと思います。

 

「腰痛原因チェックリスト」であなたの腰痛タイプをチェック

とはいえ、どんな腰痛でもまずは医者に診せなければなりません。

大前提の4つめは、「最初に整形外科の診断を受けることは絶対に必要」ということです。

 

なぜなら、原因がはっきりした腰痛が全体の15%あり、その場合は医者の治療を受ける以外にないからです。

 

医学的に原因がはっきりした腰痛というのは、骨折していたり、椎間板ヘルニアが発症していたりすることによる腰痛です。これらはしっかりと医療機関での治療を受けなければなりません。

 

わかりきったことを言うようですが、実は骨に異常があったのに、整形外科医の診察を受けなかったばかりに、ひたすらマッサージに通い続けていたというようなケースもあります。

 

一度も整形外科医を訪ねたことがない場合は、まずは一度受診してみてください。

 

問題は整形外科の診断を受けても原因が医学的に特定できない腰痛です。

医者がはっきりとした原因を断定できない場合、次の順番で疑っていきましょう。

 

(1)生活習慣による身体的な原因がないか

(2)腰以外の体の硬さによる身体的な原因がないか

(3)「痛い」と思い込む心の問題が原因ではないか

(4)痛みを過敏に感じる脳の不調が原因ではないか

(5)無意識の睡眠時に腰を痛めていないか

 

(クリックすると拡大)

 

皆さんはこのような原因のすべてを、しらみつぶしに疑ってみたことがあるでしょうか?

大前提の5つめは、「あらためてゼロから、しっかりと痛みの原因と向き合ってみる」ことです。

簡易的なものですが、「腰痛原因チェックリスト」で自分の腰痛がどのタイプにあたりそうなのか、チェックしてみてください。

 

 

 

次回からは、最新の研究に基づいた腰痛の原因と対策を、それぞれの専門家の知見をもとにより詳しく解説しています。

 

来週まで待てない!という方はこちら

『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』 日本腰痛研究開発機構著    アスコム刊

 

 

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲ん…

3分でOK、反り腰も改善!40代からのぽっこりお腹を改善するコツ

40代女性にアンケートを取ると、どれだけ細く見える人でも、みんな「お腹」から「お尻」にかけてを気にしています。やせ型なのに、下っ腹だけぽっこり出てしまう…というお…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

長引く腰痛の原因は?どうすれば治る?【6つの質問】でその痛みが軽減します

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。骨折や病気ではない。腰に悪い生活習慣もない。体の柔軟…

「腰痛対策ストレッチ」痛みの取り方のタイプ別正解は?

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。腰痛はどんなときに痛みが出るのか、その動きを見ること…

試しに肩を上げてみて?腰の痛みは「〇〇が硬い」せいかも

腰に異常がないのに、腰痛が治らない。これはプロのアスレティックトレーナーからすると、さほど不思議な話ではありません。例えば、腰が悪くなくても「足首が硬い」と腰痛になるケースがあります。なぜなのでしょう…

「朝起きたら腰が痛い」人、腰痛負債が溜まってるかも?気をつけたい4つのポイント

腰痛は、整形外科医に「明確な原因がない」と診断されるケースも多くあります。医者ですら原因を特定できないのに、腰痛の原因をどのように探っていけばよいのでしょうか。今回は、日常生活の中で腰痛発症のリスクを…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事