「ケバいオバサン」よりみっともない……!? 男が嫌悪感を示す40代女性の3大NGキャラ

先日、私たちと同世代の男性たちとの会話で「40を過ぎると、単なる“ケバいオバサン”路線に向かっていく残念な同世代も増える」という話題が出ました。

と同時に「ケバいオバサン系もイヤだけど、もっとイヤな路線に向かってしまう女性もいる!」という話に発展。

そこで、時短美容家であり魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「ぶっちゃけ、ケバいオバサンよりみっともないと思う……」と口にした40代女性像から「納得」と感じたキャラをご紹介します。

 

ケバいオバサンより男は苦手…40代女性の誤った路線1:キャピキャピぶりっこ系

「キャピキャピ話す中年オバサンほど、見苦しいキャラってないと思う。

特に、お気に入りの男の前でだけキャラ変えするオバサン、かなり冷ややかな目で見てしまいます」(41歳男性)

 

「ぶりっこキャラな40代は、見ていて本気で痛々しい。

キャピキャピキャラが許されるのは、せいぜい30代までだと思う」(43歳男性)

 

意中の男性の前や、好みのタイプに出会ったときに、自分で無意識なうちにキャピキャピ系になってしまう女性って、確かにいます。

女らしい雰囲気の40代はウェルカムでも、“ぶりっこ”な雰囲気が出た時点で一発アウトになるのが現実と言えそう。

声色が極端に変わったり、話し方が甘ったるくなったりしている自覚がある場合には、予想以上に厳しいジャッジがくだされているリスクが潜みます。

 

ケバいオバサンより男は苦手…40代女性の誤った路線2:外見に無頓着で男と肩肘張る系

「バリキャリ系に限らず、最近痛いよなって思って見ているのが、外見にどんどん無頓着になっていくうえに、男とやたら張り合う系の同世代。

“もはや、かわいいとか思われるのは勘弁”とかって強がり発言する女性も知っているんですが、本気でかわいげがないし、それならケバいオバサンのほうがまだマシ」(41歳男性)

 

「40を過ぎたくらいから、外見に無頓着になる女性も目立つような気がする。

さらには、キャリアを積んでいる自信からなのか、仕事の話で露骨に男と張り合おうとしたり。

こういうキャラの女性とは、正直、あまりお近づきになりたくないです」(45歳男性)

 

若いころほど外見にこだわらなくなる女性も、40代で増える傾向は確かに否めません。

男性はいくつになっても女性に幻想を抱く傾向もあるだけに、外見に無頓着かつ男と張り合う姿を見せた瞬間に、多大なる幻滅を抱くのも実態なのでしょう。

「女として見てもらわなくて結構」がポリシーな女性ほど、こういったイメージが強まりがちなのも否めません。

愛想を振りまく必要まではなくとも、好感度が下がるほどまでに極める必要もないキャラと言えそうです。

 

私オバサンだからと自虐するわりに、○○……!次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事