平成通りこして昭和…男が「マジ勘弁」と思った40代女性のメイク

もはやホラー…男が「マジ勘弁」と思った40代のメイク3:どす黒いイメージの暗い仕上げ

「取引先の担当者である女性は、40代後半って聞いてますが、それ以上に老けて見える印象です。

化粧は濃い目なのに、いつも暗いイメージで、ひとことで言うと『どす黒い顔』って感じがして、本当ホラーみたいなイメージ。

肌もあまりキレイじゃない印象で、そこに化粧をしまくるものだから、仮装したみたいな違和感があるんですよ。

同世代の女性と並んでいても、その人だけ黒いイメージが拭えないから、余計なお世話かもしれないけど、ああいう人は化粧に凝る前に、まずは肌の手入れをしっかりすべきなんじゃないか……って思っちゃいます」(41歳男性/IT)

 

しっかりめのメイクでも血色感のない仕上がりにしてしまうと、この男性が口にするように“どす黒く沈んだ”印象にもなりやすく、40代にはデンジャラスなメイクに。

肌のくすみは40代には切実なテーマでもあるけれど、下地やチーク、ハイライトを駆使して、“沈んだ肌”の印象だけは避けるのが、ホラーなイメージを回避する術になります。

 

 

きちんとメイクをしていても、男性目線では「勘弁して!」「ホラーでしかない」と辛辣な感想を抱いていることもあります。

ちょっとでもお心当たりがあったかたは、この機会にメイクの手法をチェンジしてみて損はないのかも。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク