平成通りこして昭和…男が「マジ勘弁」と思った40代女性のメイク

どこへ行くにもスッピンで出かけてしまう40代には「オバサンっぽい」と厳しい目を向ける男性も少なくないなか、一方できちんとメイクをしていても「もはやホラーでしかない!」と、さらに厳しいジャッジをくだされるパターンもあるのが実態。

40代のメイクでは、ややもすると「やりすぎ」「ケバい」「古臭い」を招きやすいだけに、足し算と引き算をバランスよく取り入れるのが、好感度を上げるコツにもなります。

そして、なんとちまたには、せっかくメイクしたのに、男性から「マジ勘弁」と思われている仕上がりになっている40代女性もいらっしゃるようです。

時短美容家であり、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「マジでホラー」と口にした、残念すぎるメイクの特徴に迫ります。

 

もはやホラー…男が「マジ勘弁」と思った40代のメイク1:ぎっしり黒塗りになっている囲み目

「この前、飲み会で知り合った経営者の女性は40代後半だったんですが、目のまわりをぎっしりと黒塗りしていて、ホラーみたいなメイクだなって怖かったです。

席もそんなに近くなかったんだけど、目の下にも真っ黒なラインを描いていて、しかも唇も真っ赤で、まるでなんかのお化けみたいな形相で……。

ハロウィンの時期とかなら、まだネタになるのかもしれないけど、本人は大真面目でそんなメイクをしているんだろうから、ネタにするわけにもいかず、でも怖いもの見たさで思わず何度もチラ見してしまった……」(45歳男性/建築)

 

目もとにインパクトを出すなら、囲み目メイクは手っ取り早い方法。

しかしラインばかりが強調された印象になれば、男性目線だと「ホラー」な感想しか抱かれないことも……。

写真映えは狙えても、対面では恐怖を感じさせることもあるわけです。

太めラインは控えめにして、可能なかぎり“極細”で仕上げるのが、ホラー感を避けるコツにも。

 

もはやホラー…男が「マジ勘弁」と思った40代のメイク2:眉がやたら薄い

「交流会で一緒になる40代前半の女性がいるんですが、いつも顔がなんか怖いっていうか、ちょっとオカルトみたいな印象がある人なんです。

きちんとお化粧もしているし、ファッションにも気を使っている感じに見えるんですけど、この前、同世代の女性が『あの人は、眉毛が薄くて残念だよね』って言っているのを聞いて『なるほど』と思いました。

それ以来、その人に会うたびに眉にばかり目がいってしまうんですけど、確かに眉毛が薄いと、顔もキツく見えるし、どこかアンバランスで不格好ですよね。

神経質そうに見えて、僕はああいうメイクは苦手ですね」(42歳男性/専門職)

 

きちんとメイクしていても、眉毛が薄いと、なんだかオカルトな顔に見えるのも否めません。

濃すぎる眉も男性には不評だけれど、薄くても「怖い」を招くことがあるだけに、ほどよい発色を心がけるのが、好感度UPには欠かせません。

 

血色感のない仕上がりにしてしまうと、“どす黒く沈んだ”印象に⁉ 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク