新時代は「萎えLINE」も変わる?知っておきたい9つのNG

恋愛をする上で、LINEでのコミュニケーションは欠かせないものですよね。

どんな内容がいいのか、悪いのか知っておくことも大事!

ということで今回は、男性が引いてしまうLINEをご紹介していきます。

男が既読スルーする「アラフォーの萎えLINE」

1・「そうだよ!」は上から目線→「そうなんだ」が正解

くだらない話だろうと難しい話だろうと、どんな内容にも相づちが、かぶせ気味の「そうだよ!」の女性がいるんですよね。「そうなんだ」とか「そうらしいね」なら可愛らしくていいけど、何でも上目線でくる女性には返信したくなくなります。(35才・自動車関係)

 

2・スタンプを使いすぎるとおばさんっぽい……

今の20代って、あんまりスタンプを使わないんですよね。絵文字は使うけど、全体的に淡白なことが多いので、メッセージごとにスタンプを送ってくる人はおばさんっぽいなと思ってしまいます。なんて言うんだろう…スタンプ世代?(笑) ちょっと母親っぽくて、テンションが下がります。(28才・メーカー勤務)

 

3・「わたし的にはこう思う」の主張はたまにお節介すぎるかも

仕事をバリバリしているアラフォー女性に多いんですけど、「わたし的には」って言うのはやめてほしいです。「今日何食べたの?」とかわざわざLINEで聞いてきておきながら、コンビニ弁当と伝えると「それ絶対、体によくないよ!」とか「わたし的にコンビニは浪費だと思う」だとか。自分の意見を押し付けてこないでほしいです。めんどくさいし、自分の意見が絶対に正しいと思っているところが可愛くない。(32歳・経営コンサル)

 

>>チェック!→ゲッ、上から目線かよ…男が既読スルーする「アラフォーの萎えLINE」

 

男がドン引きする「アラフォー女性の痛LINE」

4・文字入りのスタンプで会話は少し常識知らず?→きちんと文字を打ちましょう!

「『年甲斐もなく』と言ったら失礼かとは思いますが、文字入りのスタンプで会話を済ませていると『いい大人なんだから、ちゃんとしなよ』と思ってしまいます。会話に合ったスタンプはいいけど、どんな感情なのかよくわからないスタンプや、会話とかみ合っていないスタンプもやめてほしい。若い子ならそれでもいいんだろうけど、アラフォー女性だと“常識がなさそうな人”だと思ってしまいます」(42歳・マスコミ)

 

5・動物の絵文字は頭が悪そうに見える?


「可愛いと思っているのか、文章の終わりに、よくわからない動物の絵文字を入れてくる女性は正直痛い。表情の絵文字とかは可愛いけど、動物って何の意味があって送ってくるんですかね。可愛くないし頭が悪そうです」(35歳・映像制作)

 

6・ハートマーク乱用は逆に怖い……

「彼女でもないのに、ちょこちょこハートマークを送ってくるのはやめてほしいです。若い子から送られたら嬉しいけど、アラフォー女性だとなんか怖い……。キャラとかによるのかも知れないですが、普段はちゃんとした女性だとなおさら、急に重く感じちゃうんですよね」(38歳・人材派遣業)

>>チェック!→ちょ、おばさん…男がドン引きする「アラフォー女性の痛LINE」

オフィスで圧倒的に「モテない」40代女性のLINE

7・怒りに任せて感情的な文章を送る

「にこやかなイメージで、ちょっといいなと思っていた44歳の同僚女性がいましたが、職場で大きめなトラブルが発生したときに、いきなり感情的になった様子で、文句や愚痴、怒りをLINEで送ってきました。

なにか言いたいことがあるならば、みんなの前で言えばいいのに、個人的にLINEしてきて『あーでもない、こーでもない』と怒っている様子に、すっかり幻滅。

婚歴のない独身女性なんですけど、失礼ながらも『けっこう綺麗なのに、結婚していない理由はこれか』って思っちゃいました」(41歳男性/保険)

 

8・テンションがコロコロ変わる

「職場にいて対面で話している分には気づかなかったんですけど、個人的にLINEを交換してやりとりをしているうちに、気分屋なことがわかり、急速に気持ちが冷めたことがあります。

女の人は、生理の周期とかで多少テンションが変わっても、ある程度は仕方ないって思っていますが、その人は日によってコロコロと口調が違って、こっちが疲れちゃう感じ。

確かその子は42歳だったと思いますが、いい歳して気分屋な女性とは、付き合いたいとは思えないですね」(44歳男性/IT)

 

9・サバサバしすぎていて無関心にしか感じられない

「職場で話しているときには普通っていうか、むしろノリノリなのに、LINEになるとやけにサバサバした口調で返してくる46歳の女性に『なんか違う』って感じて、それ以上アプローチしなかったことがあります。

LINE世代じゃないから、文字を打つのが苦手だっただけなのかもしれないけれど、やたら冷たい感じの返しが多くて、嫌になっちゃったんです。

無理して盛り上げる必要はないけれど、そっけなさすぎる文章ばかり送られると、男は萎えますよ」(45歳男性/団体職員)

 

いかがでしたか?

参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気|ボブヘアランキング

今年の秋冬ヘアは、柔らかさを意識した、ちょっと女っぽいシルエットが人気です。カラーは引き続き暗めが旬。中でも注目度の高い「女っぽいボブ」の人気スタイルは? そのアレンジは? ボブにまつわる人気記事ラン…

メルカリ初心者はまず100均でコレ買って!「ラクラク梱包アイテム」5選

さて、そろそろ季節も変わり、絶好の断捨離タイミングですね!そんなときフリマアプリを使って不要なものを手放す方もいるのではないかと思います。「フリマアプリって興味はあるけれど、何を用意して始めていいかわ…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事