令和なのに昭和感…40代が陥りがちな「古臭いアイメイク」って?

新元号「令和」の時代を迎え、ようやくその響きにも慣れてきた今日この頃。

気持ちも新たに、新時代を清々しく迎えている人も、少なくないと思います。

ところが、どんなに気持ちがフレッシュでも、メイクの出来によっては男性目線で「うわ〜。まだ昭和って感じ。古臭い!」なんて不名誉なジャッジがくだされてしまうことも……。

時短美容家の私、並木まきが、男性たちが「あの子のアイメイク、なんか古い」と口にした、令和なのに昭和感あふれるアイメイクに迫ります。

 

令和なのに昭和感…男が違和感を抱く40代のアイメイク1:目尻側に強めのアイシャドウがべったり

「知り合いで、目尻側にやたら幅広で黒っぽいアイシャドウを塗っている40代半ばの女性がいるんですけど、なんだか怖い感じがするし、時代遅れなメイクに見えます」(40歳男性)

 

「目尻にブラウンとかグレーとかのギラギラしたアイシャドウをべったり塗っているメイクは、強すぎると思います。最近は、年齢を問わずにふわっとしたメイクの女性が多いから、悪目立ちしているし、古臭く感じますね」(39歳男性)

 

目尻側に広めにダークなアイシャドウを塗るメイクは、目もとにインパクトを与えてくれる典型メイク。

しかし男性目線では「なんか時代遅れな感じ」と違和感を抱くこともあるようです。

アイメイクは毎日のルーティンだけに、気づけば“幅広べったり”になっていないか、ぜひこの機会にチェックを。

 

令和なのに昭和感…男が違和感を抱く40代のアイメイク2:目尻に跳ね上がっているアイライン

「わざとやっているんだと思うんだけど、目尻にキュッと跳ね上がっているアイラインの中年女性を見ると、おばさんくさいメイクしているなーって思っちゃいますね。

無理している感じがして、痛々しいイメージもあります」(41歳男性)

 

「ぶっといアイラインで、目尻を思いっきり跳ね上げているメイクの40代女性は、昭和時代の女優系?を意識しているような違和感があります。若い子がしているのとはまた違って、なんとも言えない不気味な雰囲気が怖いです」(44歳男性)

 

目尻側にインパクトを出したいときには、やや太めのアイラインで目尻を上げて描く手法も定番。

“たるみ”が気になる目もとをキュッと上向きに見せるメリットも期待できます。

しかし、ラインが太すぎたり長すぎたりすると、一気に古臭さを感じさせるメイクにも。

 

たるんできた目もとの強調には、下まぶたメイクも大事だけど……! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事