土屋アンナ、3回婚に見る「結婚しやすいオンナの3か条」とは?

小学校の低学年のころ、家に早く着くと、まだワイドショーが流れていることがありました。

ワイドショーの大好物、離婚会見の時、女性芸能人はだいたい黒っぽい服装で、眼鏡。白いハンカチを鼻に当てて、ふしめがちに「私が悪かった」「かわいい奥さんになれなかった」と「謝罪していた」のです。

 

私だけでなく、多くの昭和生まれは「離婚するのは、ダメな女の証拠」と刷り込まれていったと思います。

 

令和となった今、「離婚するのはダメ女」などと思っている人はいないでしょう。妊娠中に夫に浮気され、離婚(現在は再婚)した小倉優子がオリコン主催の「好きなママタレ」ランキングで二年連続一位を取るなど、「条件が評価基準」の時代は終わっています。格差が広がり、恵まれている人が好まれないという面もあるでしょう。

 

「若者が結婚しない」と言われる一方で、若者ではないにもかかわらず何度も結婚し、たくさん出産している女性芸能人がいます。たとえば、タレントの土屋アンナも結婚3回、お子さんは4人います。それでは、ぽんぽん結婚する人としない人の違いは何でしょうか?

 

結婚しやすいオンナの三ケ条とは?

私が思う「結婚しやすい体質」の人の三カ条は、以下のとおりです。

 

① 「わからない」と言える。
② 離婚しても大丈夫なようにしておける(仕事はやめない)。
③ 自分の近くにいる人を好きになる、遠い人に憧れを持たない。

 

まず、①です。
20~40代まで、いろいろな年代、職業の方から婚活相談をお受けしていると気づくのが、「返事が早い人は、結婚が決まるのも早い」ということ。

 

これは、「すべてを犠牲にして、婚活せよ」という根性論ではないのです。レスポンスの速さが示すのは、「わからない」と言えるかどうかではないでしょうか。

 

たとえば学生時代、数学で男性と女性で「教わる公式が違う」ことはないはずです。雇用や昇進はさておき、社会人となったら、同じ職種であれば「同じルール」を教えられはず。

 

しかし、婚活は男女でルールは全く違うのです。男女では視点が違うため、女性が「よかれ」と思ってやっていることが、男性には「全然響いていない」ことがある。このギャップを埋めるために、「調べる」「くらべる」課題を出していますが、まじめな人は

 

「今、仕事で忙しいので、かたづいたらご連絡します」

 

と律儀にお返事してくださるのです(そして、実際にかなり後になってリターンがあります)。

 

「わからない」と言うことが大事なワケ

時間のある時にじっくり考えて、ちゃんとした答えを見つけようと思っていらっしゃるのかもしれませんが、みなさん忙しいので、「時間のある時」を探していると、長期休暇とか定年後になってしまうでしょう。

 

わからない時はさっさとギブアップしたほうが、先に進めると思うのです。通勤電車の中で考えても結論がでないのであれば、もうそれは「わからない」と言ってしまったほうがいいと思います。

 

「わからない」と言わないと、周囲からの手助けは望めなくなります。また、結婚は大きな決断ですからある程度の慎重さは必要ですが、先のことは誰にとっても「わからない」わけですから、考えすぎると先に進めなくなります。その結果、チャンスを逃してしまうとしたら、もったいなさすぎます。

 

それでは、どうしたら考えすぎずに結婚の決断ができるかというと、②のように「離婚しても大丈夫」な状態をキープしておけばいいのです。

 

たとえば、東京の女性が、北海道の酪農家の男性と結婚したいと思った場合、すべてを捨てて北海道に行くと、失敗した場合のリスクがあまりにも大きすぎます。別居婚にするなどして、いかに「自分の持っているものを捨てないか」がポイントになってきます。

 

オトナのカップルだからこそ、必要なこと

次に③。
おそらく、これが一番難しいことでしょう。

 

土屋アンナは10日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演し、3回の離婚を振り返りました。1回目の結婚はモデル。2回目の結婚は、スタイリスト(この方、暴行事件を起こして、警察のお世話になっています)、3回目の結婚は同じ事務所の別部門に所属していた男性だそうです。

 

好きになったらすぐ結婚という感じで、直情型の人生を歩んでいるようですが、彼女は3回とも“同業”とか“裏方”といった具合に、自分に近い場所で男性を見つけています。

 

恋愛に縁がない人ほど、遠い場所の男性と交際しようとしますが、恋に恋するティーンならともかく、オトナのカップルであれば、話が通じなければ結婚する意味がないでしょう。

 

その昔、株式会社サイバーエージェントの藤田社長と女優・奥菜恵が結婚したことを覚えておいででしょうか。

 

時代の寵児である青年実業家と人気女優という人気者同士の結婚でしたが、離婚してしまいます(余談ですが、社長と女優というカップルは、結構破綻しています)。

 

離婚原因は明らかにされていませんが、藤田社長はその後、美女軍団と名高い同社の秘書の女性と結婚しています。同じ会社で同じ仕事をしていたら、基本的に話は合いやすい。下手にITの社長を狙わず、共通の話ができる“近場”で恋をするアンナは、大変エコで燃費がいいのです。だから、3回も結婚できるのでしょう。

 

ラクそうに見せかけて、アンナと現夫はメリットを共有している

アンナの現在の夫は、今はアンナのマネージャー業務を請け負っているそうです。アンナに仕事が入れば入るほど事務所はうるおい、当然、アンナや夫の収入も増えるわけですから、「メリットを与え合う」という結婚の原則にあてはまっています。アンナの近場で恋をする癖から考えて、常にそばにいることで、お互い、浮気の可能性を低くすることもできるでしょう。

 

私は最近、同世代の友人と「死ぬわけじゃないから、やってみよう」「いつ死ぬかわからないから、やっちゃおう」と声をかけあうのですが、どうぞみなさんも食い扶持だけ死守して、気楽にやっていただきたいと思います。

スポンサーリンク

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

小林麻耶、「まじめな努力家」のウラ事情に背筋が凍るワケ

フリーアナウンサー・小林麻耶が2018年8月に発表した引退を撤回し、ネットで叩かれています。「引退したんだから、二度と出てくるな!」という人は、会社員なのではないかと思うのです。会社の場合「やめます」と言…

藤原紀香、バラエティでのスベりに見る「40代のイタい美人」っぷり

「イタい」と言われてうれしい気持ちになる人はいないでしょうが、過剰に「イタい」と言われることを恐れる人は、きっと真面目なんだろうと思うのです。「アラフォー」と「イタい」が組み合わされた記事がよく見受け…

山里亮太「非モテ自虐」の裏にチラついたココまでの野心

お笑い芸人・山里亮太と女優・蒼井優が結婚を発表しました。SNS上では「驚いた」という声がありましたが、交際報道がなかったという意味では驚いても、組み合わせとしてはなんの違和感もありません。山里はレギュラ…

小嶺麗奈、薬物逮捕に見る「芸能界でいちばんワルい女」って誰だ

元KAT -TUNの田口淳之介と元女優・小嶺麗奈が大麻所持で現行犯逮捕されました。芸能人の薬物事件というのは、さして珍しくもありませんが、芸能人同士のカップルが逮捕というのは、珍しいことではないでしょうか。小…

磯野貴理子、二度目の離婚。「女のカネで店を出す夫」はクズなのか?

タレント・磯野貴理子が「はやく起きた朝は…」(フジテレビ系)で、24歳年下夫との離婚を発表しました。夫に「自分の子どもが欲しい」と切り出され、貴理子は「当然のことだよ」と身を引く覚悟をしたそうです。「女…

華原朋美、未定だらけの妊娠発表に見る「不安定なオンナ」の底力

華原朋美、妊娠六か月。10連休中に飛び込んできたニュースには驚きましたが、2011年、長い低迷から抜け出したころ、華原がバラエティー番組で「結婚して女の子を産みたい、おそろいの服を着て、アイドルにしたい」と…

松田聖子、昭和から平成を駆け抜けた歌姫の強さとは

30歳をすぎた女性芸能人サマが、サバサバしたキャラクターを売りにするのは、サバサバしたキャラが、一般人にウケると思っているからではないでしょうか。サバサバ女子とぶりっ子、豪快なのはどっち?私はそもそも、…

赤江珠緒、不倫騒動から考える「悪口を言ってはいけないオンナ」の三箇条

確定申告で税務署に行くたびに、一度も会ったことのない芸能人サマの悪口を書いて年貢を納める自分に軽くウケるのですが、今日はそんなワタクシからエレガントに生きる淑女のみなさんに「絶対に悪口を言ってはいけな…

森高千里を絶賛する博多大吉から考えた、女性がオバさんと呼ばれるワケ

少し前に、ツイッターで「大学に入学した娘が、サークル勧誘のビラをもらえなかった話」がバズったのをご存知でしょうか。19歳がオバさんと言われるワケ女子大の入学式に参加したお母さんと娘さん。帰りにサークル勧…

藤あや子、魔性の女は意外と「薄情」?オトコを骨抜きにし続ける半生

3月31日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)は秋田つながりで、俳優・柳葉敏郎、タレント・佐々木希、歌手・藤あや子が出演しました。美人の産地として名高い秋田らしく、あと3年で還暦をむかえる藤あや子センセ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事