#147 婚活で大切なのは「条件じゃなく」アレだった【40代編集長の婚活記】

40代女性が結婚できる確率は1%未満⁉ この数字がホントかどうかはさておき、やはり40代の婚活は一筋縄ではいかない。44歳から婚活を始めたOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などで出会いを求めること2年半。

途中で婚活疲れもあったけれど、婚活歴2年半かつ恋人いない歴9年半でやっと彼ができ……! これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

4カ月のデートを経て交際に

お付き合いが始まったジェントルさんは、49歳・アーティスト。バツイチで別居中の子供ありの男性。

最初は彼からの食事の誘いが、仕事なのかプライベートなのかわからなかった。会ってからもゲイかバイなのかと疑ったり、ただの友達なのか少しは恋愛感情があるのか悩んだりした。

いろいろあったけど、初デートから約4カ月、6回目のデートでやっとお互いの気持ちを伝え合い、交際が始まった。お互い大人のわりに、慎重で、ゆっくりした恋愛の展開だったと思う。

 

交際までに4カ月かかった理由

40代女性の婚活話を聞いていると、意外とすぐに交際が始まる人も少なくない(結婚に至るかは別として)。出会って1、2カ月でトントン拍子に付き合い始めたという人がけっこういる。

でも、私たちは4カ月かかった。

私はそもそも恋愛が苦手で、長年恋愛にご無沙汰だった。だから好きという感情を自覚するまで時間がかかったし、自覚してからもどうしたらいいかわからなかった。

過去の恋愛による男性不信もあった。あまり男を見る目がないと自認していた。だからこの4カ月、ジェントルさんと自分自身の「感覚的なもの」を大切にしていた気がする。

 

大切にしたのは「条件」じゃなくて

婚活を始めた頃は、相手の条件を見ていたような気がする。結婚歴、子供の有無、職業、学歴、年収……。チェックするのは悪いことではないけれど、それよりも感覚的なものが大事に感じた。

なぜなら「ずっと一緒にいたいと思える人」と付き合いたいから。

感覚的なものは何か? 私にとっては、人や物事に対する考え方や五感だった気がする。

浮気をしない誠実な人か、一緒にいて落ち着くか、仕事に対してどう向き合っているか、家族や友人との関係がどうなのか。そして、嗅覚、触覚、聴覚、味覚、視覚……生理的な感覚がしっくりくるかを大事にしていた。

たぶんこれは2、3回会っただけではジャッジできない。というか、短期間でジャッジすると私の場合は失敗する傾向にあったから(苦笑)。

一方で、彼のほうも恋愛に慎重だったのかもしれない。それは離婚の件や子供がいることも、関係あるのだろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事