#148 AK男子じゃなくGK女子⁉ 40代独女「恋愛の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代がリアルに婚活するとどうなるか──? 未婚・独身の40代・OTONA SALONE編集長アサミが婚活をスタートさせて2年半。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などで出会いを求めるが、お付き合いすら始まらず玉砕。

しかしやっとのことで49歳・バツイチ男性のジェントルさんとお付き合いが始まって……! これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

私なんかで、いいんですか?

初デートから4カ月。

ジェントル「アサミさん、いいんですか? 僕で。僕バツイチで、子持ちですけど……いいんですか?」

その言葉をきっかけにスタートしたジェントルさんとのお付き合い。でも実際に付き合ってみると「いいんですか?」と言いたくなるのはこちらのほうだった。

 

優しい、レディファースト、言葉づかいが穏やか、仕事に情熱を持っている、知識が豊富、会話が楽しい、語学堪能、センスがいい、料理ができる……etc. ジェントルさんのステキなところをあげるとキリがない。

それに比べて自分はどうだろう。

マイペース、大雑把、ときどきキツイ、ずっと同じ会社に勤務、語学力なし、センスは人並み、料理は苦手……なんだかあげているうちにイヤになってきた(苦笑)。

 

 

AK男子ならぬ、GK女子⁉

ジェントルさん含めバツイチのかたは「バツイチですけど……」と遠慮がちにおっしゃるけれど、40代ともなると同じ独身でもバツイチのほうがいいんじゃないかと思ってしまうノーバツ独身族。バツがあるほうがむしろ勲章のような。

バツが1回ついているけれど、その前にマルがついた経験があるわけで。こちとらノーバツ独身族は、バツもなけりゃマルもない。受験にたとえると一度もどこにも合格していないようなものだ。

いま世間では「あえて結婚しない男子=AK男子」と言っているドラマがあるけれど、私の場合はあえてではない。「ご無沙汰で結婚してない女子=GK女子」だ。ゴールキーパーじゃありませんよ。

そのうえ9年半も恋人がいないって、どれだけモテないの。そんな40代独女の私に対して

ジェントル「宝物を見つけた気がする」

……なんてSo Sweetな言葉をささやいてくれた彼。できすぎ中のできすぎ! こんな素敵な人に46歳にもなって出会えたなんて奇跡ですよキ・セ・キ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事