幸運を呼び寄せるルームデトックスとは?

リビングはフロアランプで部屋を明るく保って運気をUP

fotolia_121691396_subscription_monthly_m
ゲストをもてなす場であると同時に、家族が談笑する、テレビを見る、くつろぐという日常を中心に考えると、「活気と安らぎ」をテーマに、家族全員が降伏を感じられるニュートラルなインテリアがいいでしょう。全体のバランスですが、同じ材質の家具、アイテムに偏らないようにします。たとえば「木」の要素の家具が多すぎると、「木」のオーバーパワーで調和が乱れてしまうためです。「火」のエレメントを持つ赤色のアイテムや、「金」のエレメントを持つメタリックやシルバーのアイテムをほんのすこしだけプラスすると、パワーが緩和されて落ち着きが得られます。また、部屋の明るさにも注意。暗いコーナーがないかどうかをチェックしましょう。もしあれば、ランプやスタンドで明るく照らしましょう。それは、未来に光を当てることにつながります。新鮮な生花でいい気をつくり出すのも大切です。

ベッドルームは暖色系で安らげる空間に

fotolia_90725799_subscription_monthly_m

ベッドルームは、安らぎが感じられる明るくソフトな暖色系でまとめるのがコツ。インテリアも「落ち着きと安らぎ」をキーワードに、やわらかいムードの間接照明や自然素材のコットンやシルクでパジャマやリネン類をまとめましょう。鏡はとりつける場所に注意。ベッドに横たわった位置から見える鏡は、気が拡散して安眠を妨害します。鏡の位置が動かせないときは、鏡面をカバーで隠して眠りましょう。カップルでダブルベッドを使う場合は、お互いが平等の関係で調和がとれていることをあらわすために、ベッドの両わきに均等なスペースをあげましょう。シングルの場合もベッドのわきは壁にぴったりつけないほうが、幅広い人間関係を得ることができます。
また、ベッドサイドに本を積み上げるのはやめましょう。ベッドルームは安らぎを得るところ、読書は脳を活発に働かせる作業。目的が相反するからです。
今年はいつもと視点を変えた、風水要素を取り入れた大掃除に挑戦してみてはいかがでしょうか。細かい部分の掃除とともに、それぞれのエリアのデトックスを行うことで、来年度からの幸運を呼び寄せましょう。

ユキ シマダ
インテリアデザイナー
インターナショナルFeng Shuiコンサルタント

結婚と同時に夫の赴任地NYに同行し、20年間アメリカに滞在。その間インテリアデザインを学び、トップデザイナーのもとで修行する。
日本に帰国後はインテリアデザイナーとして活動。その後滞在したドイツで、風水学の世界的権威Grand Master Dr.Limに師事し
グローバルな風水学を学び、日本で唯一のインターナショナル風水コンサルタントに任命されている。
現在では数多くのコンサルテーションを手がけ、リフォーム及び新築でモデンかつスタイリッシュな風水建築デザインの普及に努め、
海外を頻繁に訪れ、世界最先端の情報を発信している。また、「明るい家庭は人間の幸福の原点」をモットーに出版やセミナー、
コーチングを通し幸運な女性育成に力を注いでいる。
 20161208001
 運がよくなる片づけと部屋づくり
 著者:ユキ シマダ
 価格:本体1,200円+税
 ISBN:978-4-07-420334-5
 http://www.amazon.co.jp/dp/4074203340?tag=shuf-22
 http://honto.jp/netstore/pd-book_28155396.html

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク