40代になったから実感…! 30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」3選

年代によって「使うべきコスメ」や「似合うコスメ」が異なってきますよね。だからこそ、持ち歩くコスメをしばらくアップデートしないままだと、不用意な“オバサンっぽさ”を醸し出す要素にも。

メイクの印象は、使うコスメによってガラリと変わる場合もあるだけに、年齢にふさわしくないコスメをポーチに忍ばせてしまえば、オバ見えの要因にもなりうるわけです。

「私のポーチの中身は、大丈夫かしら?」が頭をよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性たちが「30代までで手放して大正解!」を実感しているポーチの中身にまつわるお話です。

 

40代だからわかる!30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」1:お直し用のプチプラパウダー

 

「30代までは、自宅でメイクするときにはデパコス、お直し用ポーチにはプチプラしか入れていなかったのですが、40代になってからお直ししてからのメイク崩れが気になって。思い切って、ポーチに入れていたパウダーファンデをデパコスに変えたら、崩れにくくなりました」(43歳女性)

「30代までは、朝きちんとメイクすれば夕方まではメイク崩れが気にならなかったのに、40代になってからはそうもいかず。最初はプチプラのお直し用パウダーを使っていたものの、粉っぽさが気になったので、それなりの値段のものに変えたら、満足できるようになりました!」(41歳女性)

 

プチプラのパウダーがすべてダメというわけではないけれど、年齢肌を考えてつくられているパウダーのほうが「相性がいい」と感じる女性も多いはず。

お直しした肌は、できるだけ長持ちさせたい心理もあるだけに、ここをケチらないほうが満足度の高い結果になる傾向も。

 

 

40代だからわかる!30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」2:繊維入りのマスカラ

 

「昔は、お直しでも盛り盛りまつ毛にしたくて、繊維入りのマスカラを使っていました。でも、この歳になってメイク直しで繊維入りを使うと、まつ毛ばかりが強調されて、なんだかバランスが悪いなと。思い切って、繊維なしのあっさりしたマスカラに変えたら、そっちのほうが周りからも好評で。40代のまつ毛は、盛りすぎ注意だなって思います」(42歳女性)

「30代までは写真写りばかりを気にして、メイク直しでは、ウォータープルーフの繊維入りマスカラでかなり盛っていました。でも、40代でも続けていたら、自まつ毛が痛んできたのか、まつ毛の本数が減った気がして。もうちょっとまつ毛をいたわろうと思って、お湯でオフできるフィルムタイプに変えました。40代は、“まつ育”も大事だと思います」(41歳女性)

 

まつ毛は、40代になると「毛が減ってきた」「毛が細くなってきた」など、ちょっとしたお悩みを抱えがちなパーツ。

30代までは「ひたすら盛る!」だったとしても、40代になったら、デイリーメイクでもまつ毛をいたわる選択肢のほうが安心感が高いかも。

 

 

40代だからわかる!30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」3:一度でしっかり色が出るアイブロウコスメ

 

「30代までは、出先での眉のお直しは、ペンシルだけがあればそれなりだったのに、40代になってからは、皮膚がヨレちゃってうまくぼかせなくなりました。なので、今はペンシルではなくパウダーに変えています」(44歳女性)

「昔は、汗をかくとよく眉が消えちゃっていて、なのでお直し用には発色が強いリキッドを使っていました。でも、40代になったら前より汗をかかなくなったのか?(笑)、それだと眉毛ばかりが強くなってしまうことに気づきました。ちょっと弱い発色のペンシルに変えたら、そのほうが自然にお直しができています」(43歳女性)

 

眉毛のお直しは、微妙な力加減が求められる部分。

そして、40代になると肌のしぼみなどによって、以前よりも“ぼかし”がうまくいかなかったり、うまく色がのらなかったり……といったお話もありがちです。

他方、出先で発色が強すぎるアイブロウ製品を使うと、濃すぎたときに調整がききにくいので、やや弱めの発色のほうが微調整しやすいのも確かです。

 

30代までは不満なく使っていたアイテムでも、40代になると「ちょっと物足りない」になるケースも少なくありません。

ポーチの中身をひとつ変えるだけでも、メイク直しの満足度が格段に上がることもあるだけに、こまめな見直しは怠らずにいたいところです。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

40代独女が「大人の関係」になったあと、絶対言ってはいけない一言って?

40代ともなれば、親密になった異性と身体の関係をもつことも、若いころよりは寛容になる女性が増えるのも事実。とは言っても、ある意味ではやっぱりデリケートなテーマでもあるだけに、関係をもったあとのアレコレ次…

そのアピールいりません!婚活で出会った40代女性の「謎すぎるアピール」3選

婚活をしている男性たちが出会った40代女性の中には、謎のアピールをしてきた人もいるようです。言うまでもなく、婚活は結婚を視野に入れたお相手探しではあるけれど、“結婚”ばかりにフォーカスして、見当違いなアピ…

40代が取り入れてはいけない【流行の夏メイク】NG3選

この夏は、暖色系のカラーメイクを楽しむのが、じわじわとリアルにトレンド入り。ちょっと韓国風のノリもあって、今までよりもポップで“女の子”らしさが出るメイクを楽しんでいる40代女性もチラホラです。「私もこの…

【大人の婚活】モテ狙いのつもりが大失敗!「婚活中の40代独女のやらかし」3選

婚活を意識して、モテを狙っているつもりの行動でも、男性から見ると「違うな」「恋愛対象にできない」となってしまうパターンもあります。40代女性に限らず、真剣に婚活を考えるほど、態度も力みがちになるのは否め…

そのヘアは20代まで!男が「若作りすぎて痛い」と感じた40代女性のNGヘア

いつもよりちょっとだけ気合いを入れたデートや、ゴージャスなレストランへのディナーなどでは、ヘアスタイルにもこだわりたい40代女性が少なくないはず。ところが、せっかくの“おめかしスタイル”が、男性から見ると…

【40代の眉メイク】第一印象が最悪!男性が嫌がる眉は太すぎ&◯◯

眉の印象によって、顔のみならずその人のイメージをも左右するのは、もはや言うまでもないお話。それだけに「こんなイメージになりたい」を叶えるにあたっては、まずは眉メイクにこだわる女性も少なくありません。と…

夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ

夏は、ダウンスタイルよりもアレンジした髪型のほうが、スッキリとした印象に。40代が気になりがちな白髪や薄毛も、アレンジによって、目立ちにくくなるメリットもありますよね。デイリーのヘアアレンジで上手にイメ…

【大人の失恋】恋愛が長続きしない40代女性の3つの傾向

せっかくご縁あってお付き合いすることになったのに、長続きせずに別れてしまう残念な恋愛もチラホラ。残念な恋は、若いころなら「これも経験のうち!」と笑える話でも「40代にもなって、これはない」と自らダメ出し…

近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しに…

なんで使わないの?夏にオバ見えする40代ほど使っていない3つのコスメ

夏場は、気温や湿度のせいで、どうしてもメイクも崩れがちなうえに、お肌の状態も不安定になりがちですよね。「毎年、夏老けを痛感中……」な40代女性ほど、ひょっとすると、大人世代がこの時期に使うべきコスメを省い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事