40代になったから実感…! 30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」3選

年代によって「使うべきコスメ」や「似合うコスメ」が異なってきますよね。だからこそ、持ち歩くコスメをしばらくアップデートしないままだと、不用意な“オバサンっぽさ”を醸し出す要素にも。

メイクの印象は、使うコスメによってガラリと変わる場合もあるだけに、年齢にふさわしくないコスメをポーチに忍ばせてしまえば、オバ見えの要因にもなりうるわけです。

「私のポーチの中身は、大丈夫かしら?」が頭をよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性たちが「30代までで手放して大正解!」を実感しているポーチの中身にまつわるお話です。

 

40代だからわかる!30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」1:お直し用のプチプラパウダー

 

「30代までは、自宅でメイクするときにはデパコス、お直し用ポーチにはプチプラしか入れていなかったのですが、40代になってからお直ししてからのメイク崩れが気になって。思い切って、ポーチに入れていたパウダーファンデをデパコスに変えたら、崩れにくくなりました」(43歳女性)

「30代までは、朝きちんとメイクすれば夕方まではメイク崩れが気にならなかったのに、40代になってからはそうもいかず。最初はプチプラのお直し用パウダーを使っていたものの、粉っぽさが気になったので、それなりの値段のものに変えたら、満足できるようになりました!」(41歳女性)

 

プチプラのパウダーがすべてダメというわけではないけれど、年齢肌を考えてつくられているパウダーのほうが「相性がいい」と感じる女性も多いはず。

お直しした肌は、できるだけ長持ちさせたい心理もあるだけに、ここをケチらないほうが満足度の高い結果になる傾向も。

 

 

40代だからわかる!30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」2:繊維入りのマスカラ

 

「昔は、お直しでも盛り盛りまつ毛にしたくて、繊維入りのマスカラを使っていました。でも、この歳になってメイク直しで繊維入りを使うと、まつ毛ばかりが強調されて、なんだかバランスが悪いなと。思い切って、繊維なしのあっさりしたマスカラに変えたら、そっちのほうが周りからも好評で。40代のまつ毛は、盛りすぎ注意だなって思います」(42歳女性)

「30代までは写真写りばかりを気にして、メイク直しでは、ウォータープルーフの繊維入りマスカラでかなり盛っていました。でも、40代でも続けていたら、自まつ毛が痛んできたのか、まつ毛の本数が減った気がして。もうちょっとまつ毛をいたわろうと思って、お湯でオフできるフィルムタイプに変えました。40代は、“まつ育”も大事だと思います」(41歳女性)

 

まつ毛は、40代になると「毛が減ってきた」「毛が細くなってきた」など、ちょっとしたお悩みを抱えがちなパーツ。

30代までは「ひたすら盛る!」だったとしても、40代になったら、デイリーメイクでもまつ毛をいたわる選択肢のほうが安心感が高いかも。

 

 

40代だからわかる!30代までで捨ててよかった「ポーチの中身」3:一度でしっかり色が出るアイブロウコスメ

 

「30代までは、出先での眉のお直しは、ペンシルだけがあればそれなりだったのに、40代になってからは、皮膚がヨレちゃってうまくぼかせなくなりました。なので、今はペンシルではなくパウダーに変えています」(44歳女性)

「昔は、汗をかくとよく眉が消えちゃっていて、なのでお直し用には発色が強いリキッドを使っていました。でも、40代になったら前より汗をかかなくなったのか?(笑)、それだと眉毛ばかりが強くなってしまうことに気づきました。ちょっと弱い発色のペンシルに変えたら、そのほうが自然にお直しができています」(43歳女性)

 

眉毛のお直しは、微妙な力加減が求められる部分。

そして、40代になると肌のしぼみなどによって、以前よりも“ぼかし”がうまくいかなかったり、うまく色がのらなかったり……といったお話もありがちです。

他方、出先で発色が強すぎるアイブロウ製品を使うと、濃すぎたときに調整がききにくいので、やや弱めの発色のほうが微調整しやすいのも確かです。

 

30代までは不満なく使っていたアイテムでも、40代になると「ちょっと物足りない」になるケースも少なくありません。

ポーチの中身をひとつ変えるだけでも、メイク直しの満足度が格段に上がることもあるだけに、こまめな見直しは怠らずにいたいところです。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

眉が決まらない理由はコレ!メイク下手な40代ほど「使っていない」化粧ブラシ3選

40代にも、デイリーのメイクに苦手意識をもっている女性は、決して少なくありません。「友達から“メイクが濃いね”って言われてから、凹んでいる」「親しい男性から、“化粧が下手だね”って言われた」などなど、何かを…

今日のメイクは大丈夫? 2019秋「男が嫌がる40代女性のメイク」の共通点って?

秋らしい季節感を意識して、夏までとはメイクを変えた40代女性も少なくないはず。深みのある色も増えるこの時期には、大人のクラシカルを楽しむメイクにも、惹かれがちではないでしょうか。ところが、この“クラシカ…

オバ見えが加速!40代が買ってはいけない「アイシャドウ」秋の3大NGカラー

昨今のメイクトレンドは、40代女性が若い頃と比較すると、よりカジュアルかつナチュラルな仕上げが主流です。アイメイクも、ここ数年でグッとシンプルになり、オーソドックスな塗り方であるグラデーションや締め色使…

彼の家に行ったらこっそりチェック!「育ちの悪い40代男」の家に潜む悪習慣3選

男女ともに、新たな恋人の前では「自分を良く見せたい」の心理から、“きちんとした人”に見える振る舞いをあえて心がける傾向も。そして関係が安定してきた頃合いに、気を抜いた言動が増え、パートナーから「実は、こ…

このセリフが出たら要注意!浮気性な40代男ほど口にする危険なフレーズ3例

浮気や女グセの悪さは、ある種のビョーキで「浮気性な男は一生治らない」とも聞きますよね。確かにまわりの男性を見渡してみると、浮気をする男性、あるいは複数の女性と同時進行で交際する男性は、年齢を重ねても悪…

モテを逃す!男性が嫌う40代女性のダメなすっぴん顔3例

いつの時代も、男性は「すっぴんが好き」と言われます。40代の恋愛話においても「ケバいメイクの女性はイヤ」「派手なメイクの女性には警戒する」などの声がたびたび聞かれますので、あえて“すっぴん風”のメイクでモ…

【40代のプチプラコスメ】大人も大満足!肌にも髪にも使える便利ワザって ?

気になっていたプチプラアイテムを使ってみたものの「保湿力がイマイチかも?」「やっぱり高いもののほうが、満足度は高いわ」などと感じた経験のある40代女性は少なくないはず。実際、使い勝手が価格と比例するコス…

「いつものほうが素敵だったのに」男がガッカリした40代彼女のヘアチェンジ3例

イベントデートなど、普段よりも気合いを入れたい日には、いつもとは異なるスタイリング剤を使って髪を整える40代女性も少なくありません。しかしせっかく気合いを入れたのに、男性目線だとむしろ「いつものほうが素…

結婚はあえて選択しません! 40代の「長続きカップル」意外な共通点って?

昨今は、カップルの関係にも、多様性が顕著。出会いから交際、結婚、出産……と、いわゆる“お決まり”のパターンにハマらずに、自分たちなりのスタイルを貫く男女も増えてきました。40代カップルでも、長く交際を続けな…

ギョッ、デートでその食べ方は…男がドン引きした40代女性の「お育ちが悪すぎる」食事マナー3例

男女の仲は、食事をともにすると、相手の“人となり”がよくわかるのも事実。だからこそ、興味のある異性とはまずは食事デートから……の流れは、40代の恋愛においても一般的ですよね。そして、そのデート中に「ん? な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事