知らないと赤っ恥!「月極」の正しい読み方、知っていますか?

日常生活でごく当たり前のように見かける漢字。「いざ読み方を問われると自信がない」そんな漢字はありませんか?漢字にはさまざまな読み方がありますから、誰しも一度は漢字の読み間違えを経験したことがあるでしょう。でも読み間違えると、恥ずかしい思いをすることも・・・。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

「月極」を正しく読めますか?

「月極駐車場」など、街中でよく見かける漢字。しかし駐車場などを契約していない限り、あまり読む機会はありません。そのため「なんて読むの?」と問われたときに「えっと・・・」と口ごもってしまう人もいるのではないでしょうか。

なお「げっきょく」ではありません!

正解はコチラです!

代表的な誤読漢字の1つ「月極」。正しい読み方は「つきぎめ」です。

「月極」の意味は、

1か月を単位として契約などをきめること

引用元:小学館 デジタル大辞泉

意味を知ると、この読み方にも合点がいくのではないでしょうか。

ただ・・・“契約などをきめること”なのであれば「月決(め)」のほうが適切なのでは?と考える人もいることでしょう。「極」という漢字を使うのは「国訓」と呼ばれる日本独自の読み方が影響しています

「国訓」とは、

1 漢字に、その意味を表す日本の言葉を当てて読むこと。また、その読み。訓
2 漢字本来の意味と一致しない、日本独自の読み方。また、その読み

引用元:小学館 デジタル大辞泉

のこと。

「極」という漢字がもつ本来の意味は「きわめる」。しかし日本人はこの漢字を「きめる、とりきめる」といった意味で使ってきました。「月極」の読み方は、この「国訓」に基づいています。

『常用漢字表』には、「極」の訓読みに「きめる」は掲載されていません。それでも「月極」は「つきぎめ」なのです。

漢字の読み方は時に複雑です。でも由来や読み方の歴史を知ると、面白いものでもあります。

 

参考文献:駐車場などで、「月極」と書いてるのを見かけますが、「月決め」と書くのは間違いですか? 漢字Q&A 大修館書店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク