40代独女が「大人の関係」になったあと、絶対言ってはいけない一言って?

40代ともなれば、親密になった異性と身体の関係をもつことも、若いころよりは寛容になる女性が増えるのも事実。

とは言っても、ある意味ではやっぱりデリケートなテーマでもあるだけに、関係をもったあとのアレコレ次第では、その後の“いい展開”が望めなくなるケースも……。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「ガッカリしてしまった」と口にした、40代女性が身体の関係をもった直後に放ったフレーズを3選ご紹介します。

 

40代独女が関係を持ったあと、絶対言ってはいけない一言1:「また会えるよね?」

 

「相手の女性は40代半ばだったと思うんですが、何度かデートをしていて、自然な流れでそういう関係になりました。

デートを何度かしているってことは、向こうもそれなりに僕に好意があるんだろうって思っていたし、僕自身も、その後の展開次第では、真剣交際に発展するだろうなって期待していたんです。

でもの関係をもった翌朝、ちょっとヒステリック気味な顔で『あのさ……、また会えるよね?』って言われたことに、正直驚きました。

こういうことって、ドラマとかじゃないとなかなか言う女性が少ない実感があるので、この女性はよほど男性に騙されてきたか、男性を信じられないタイプのどっちかなのかなぁって感じちゃいました。

そのひと言に、なんかワケあり臭を感じ、なんとなく疎遠になっちゃいましたね」(43歳男性/経営)

 

過去に痛い思い出がある女性ほど、男性を信じるのが難しいのも確か。

しかしそんな不安をストレートに言葉にしたからと言って、好意的に受け取ってくれる男性だけではないのが実態です。

 

40代独女が関係を持ったあと、絶対言ってはいけない一言2:「どうだった?」

「サバサバ系中年女性と、何度かそういう関係になったことがあります。

それで、俺がこれを言われると無理! って思うのは『どうだった?』とかって、行為についての感想を求める質問ですね。

いい歳している年代なので、恥じらいとかもあんまりないのかもしれないけど、これを女性の口から言われると、萎えます。

俺が古風なだけかもしれませんが、身体の相性を知りたいのであっても、もう少しオブラートに包んだ言い方をしてくれたほうが、いいですね」(47歳男性/製造)

 

経験を積んでいる女性ほど、行為についても会話に出しやすい傾向もあるのかもしれません。

「大人だし」と、酸いも甘いも嚙み分けてきたスタイルを貫きたくとも、男性ウケが不評になるワードと心得ておいて損はなさそう。

 

 

40代独女が関係を持ったあと、絶対言ってはいけない一言3:「これで、付き合っているってことになるよね」

 

「この歳になると、なかなか青春時代みたいな“告白”を経てのお付き合いって、少ないんじゃないかと思うんです。

なし崩し的に、ってワケではなくとも、場面の流れっていうか、身体の関係が先行する男女の関係もあると思うんですよね。

告白がないからって、ちゃんと付き合っていないってつもりはないし、そういうことにいちいち触れてくる女性が、実は苦手です。

関係をもったあとに『これで、付き合っているってことになるよね?』と 40代前半の女性に言われたことがあるのですが、その言葉を聞いた瞬間に『うわ〜』って思いました。

この歳になって、経過を見ずに、ただひたすらに言質を取りたがるタイプの女性は、正直、ちょっと警戒してしまいます」(44歳男性/専門職)

 

関係について確認をするのは悪いことではないはずですが、その場の空気やタイミング次第では、男性が萎えるひと言にもなりがちかもしれません。

 

身体の関係をもったあとに、ちょっとした言葉を口にしたせいで、関係に暗雲が立ち込めてしまえば残念です。

女性が悪気なくとも、男性が違和感を抱く言葉もあるようですから、心しておいて損はないと言えそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク