英語で「付箋」って言える?「メモ」ではありません

こんにちは、駅前留学NOVA講師ジェイコブです。

日本人がうっかり間違えがちな、職場や日常生活ですぐに使えて役立つ英会話をお届けする<1日1英語>。

 

今日は「付箋」です。

よくわからないから、とりあえず「memo(メモ)」なんて言っていませんか? 正しくは「sticky note(スティッキーノート)」です。

 

また、最近では米3M(スリーエム)社が販売している「post-it(ポスト・イット)」も付箋の代名詞になっています。日本語と同様、日常会話でもよく使われますね。

 

【講師プロフィール】ジェイコブ・ウェバー(Jacob Webber)

イギリス出身。入社以来、関西で約10年に渡り人気英会話インストラクターとして活躍。現在はリクルート責任者として講師の採用や研修も担当。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク