意外とやっているかも……やめたら若見えした!メイク方法9選

オトナサローネで人気のメイク記事。

今回は、これをやめたら若見え!するメイクをご紹介していきます!

意外と間違ってメイクしている場合もあるので要チェックです。

 

第一印象がサイアクに!? 40代女性の失敗眉メイク

1:下寄りで太すぎる眉

「この前、飲み会で知り合った40代前半の女性は、なんだか妙に若づくりしていたので印象に残っています。

洋服とか持ち物とかも、まるで20代!? って感じで目立っていたけれど、何よりも印象に残ったのは、やたら太くて目に近づけて描かれていた不自然な眉。

ぱっと見では若く見えるのかもしれないけど、バランスが悪すぎて、変に記憶に残っていますね。

顔立ちは可愛い系だったけど、あの眉のせいで、人工的なおかしさを感じました」(44歳男性/IT)

 

2:眉尻に向けて太くなる

「元カノの話なんですけど、あまりメイクが上手な女の子ではなく、特に眉毛が日によって違ったのが印象的な子でした。

自分でも『メイクが苦手』とは言っていたけれど、もともとの顔立ちは悪くないのに、雑に仕上げているような眉毛になっていることが多かったですね。

一番『ナシだろ』って思ったのは、眉毛が眉尻にいくにつれ、どんどんと太くなっていたとき。

若いころに眉毛を抜いていたとかで、眉が半分くらいしかない子だったから、日によって、眉の中央くらいから描いているのがミエミエで、さらにはそこから太くなっているものだから、なんとも妙な顔になっていました(苦笑)」(48歳男性/経営)

 

3:濃いめかつ下がり眉

「海外セレブに憧れているという留学経験のある40代前半女性がいるんですが、その子の眉毛はやたら色が濃くて、眉毛が下がっているのが印象的なんです。

似合っていればなんとも思わないんだろうけど、言っては悪いのですが、純日本風の顔立ちなのに、眉だけ欧米風にしている感じで、ものすごく違和感。

他のメイクが薄めなこともあるのかな、とにかく眉毛が目立っていて、すごいインパクト。

おしゃれのつもりでわざとそういう風にしているのかもしれないけど、申し訳ないけど滑稽な印象しかありません(苦笑)」(42歳男性/飲食店経営)

 

>>詳しくはこちら

 

男ウケの真逆!40代独女がしてはいけない「危険すぎる」初夏メイク

1:グリッター感の強すぎるアイシャドウ

「夏になると、目まわりがギラついている女性が増える気がします(笑)。若い子なら『あー、いろいろやってみたいんだろうな』って感じですけど、中年のオバサンになってまでギラギラのまぶたにしている人って、ぶっちゃけ趣味悪っって思っちゃう。ギラついている感じが、中年の雰囲気にそぐわないし、苦手です」(48歳男性/マスコミ)

 

2:塗り絵みたいなビビッドメイク

「この前、知り合いの女性が塗り絵みたいなメイクをしていて、思わず二度見しちゃいました(苦笑)。アイシャドウはピンクとグリーン、ほっぺたには赤っぽい色(筆者注:おそらくチークのこと)を塗っていたんですが、どう見ても仮装のような形相。あんまりジロジロ見るのも悪いかなって思って、なるべく目を逸らしていましたが、あれはかなり強烈でしたね……」(45歳男性/IT)

 

3:バブル復活!? 紫のアイシャドウorアイライン

「40代の女性が、紫系のまぶたをしていると、イコールでバブルを想像してしまいます。この夏、紫のアイシャドウって流行っています? 最近、立て続けに2人の同世代女性が紫っぽいアイメイクをしていたんですが、年齢が醸し出す貫禄(!)と合わせると、時代遅れにしか見えなくて……。本人は色っぽいメイクをしているつもりなのかな、って思ったので口にはしませんでしたけど、中年女性の紫メイクって、どうもオバサンっぽさしか感じません」(46歳男性/経営)

 

>>詳しくはこちら

 

これをやめたら若見え!40代の「老けるメイク習慣」

1:カバー力の高いファンデーション

「ニキビ跡とか肌のくすみが気になって、カバー力の高いファンデーションを使っていたのだけど、あるときにBBクリームに変えてみたら、夫に『そっちのほうが若く見える』って、ハッキリ言われちゃいました(笑)。前のファンデーションは、厚塗り感があって、老けて見えるメイクだったみたいです」(42歳女性)

 

「美肌に見せたくてファンデーションをこってりと塗っていたのですが、娘から『オバサンっぽい』と言われ、薄づきのものに変えてみました。そのほうが若く見えるみたいです」(44歳女性)

 

2:盛りすぎまつ毛

「30代後半から、ずっとマツエクをしていたのですが、あるときにメンテナンスに行く時間がなく、自まつ毛にマスカラでデートに行ったら、そのほうが彼から好評だったという衝撃的展開に(苦笑)。

なかなか言い出せなかったけど、マツエクを見るたびに『若づくりしすぎ……』って思っていたらしいです(笑)」(42歳女性)

 

「若いころからずっとまつ毛にボリュームのあるメイクを好んでいたので、40代になっても、なかなかやめられずにいました。でも、いつも同じメイクで飽きてきたなって、ブラウンのマスカラで軽やかなメイクに変えてみたら、そっちのほうがみんなから好評で。同性からも『若返ったんじゃない?』って言われました」(44歳女性)

 

3:肌のツヤ出し

「ツヤメイクが流行っていたこともあって、ベースもチークも、仕上げに艶っぽさを出すように、ハイライトを入れていたんです。でも、写真で見るとテカリにも見える気がするし、なんか違うかも? ってやめてみました。自己満足かもだけど、ハイライトをしないほうが写真写りもいい気がします」(40歳女性)

 

「ツヤ玉のある頬に憧れて、メイクの仕上げには頬にパール感の強い専用コスメを塗っていたのですが、彼から『なんか変だよ』って指摘されてから、やめました。自分的にはツヤ玉に満足していたけれど、彼から見たら、いい歳してわざとらしいメイクに見えて、嫌だったみたいです」(42歳女性)

 

>>詳しくはこちら

 

 

スポンサーリンク