【男性心理】知ってた?男を落とすなら「8月下旬」がおすすめな理由

婚活ウオッチャーのワタベユキエです。結婚の決め手は何かと既婚者に聞いてみると、「タイミング」という声が多いものです。同じ相手でも出会う時期が半年ちがったら、結婚してはいなかったかも…なんてことも珍しくありません。

 

それほどまでに、タイミングは重要な要素です。仕事に忙殺され結婚どころではない時期に、男性にアプローチしても空振りするだけ。結婚したいという気持ちが盛り上がる時期を見定めることが成功につながります。

 

地元に帰省すると否が応でも「結婚」を意識させられる

 

ふだん男性が都会で暮らしていると、独身であろうがなかろうが特に意識することもなくいられます。それが、お盆などの長期休暇で地元へ帰省すると話は変わります。親せきや結婚して家庭を築いている友人らと顔を合わせる機会がどうしても増えるからです。

 

と言っても、大人世代になれば、面と向かって「彼女はいないの?」「結婚しないの?」と質問攻めにされることはないでしょう。本来、いい大人相手に他人がデリカシーなく干渉するのはマナー違反。それでも、間接的に圧を感じることは避けられません。

 

実家への帰省も、一人ならばまだ気が楽です。これが、結婚した兄弟がいるとなると話が変わってきます。久しぶりに帰ってきた息子としてチヤホヤされるのも最初の一日がせいぜい。弟夫婦が孫を連れて帰省すれば、親の関心はすべて持っていかれます。弟の奥さんに気を使われたりするのも、かえって居心地の悪いもの。生まれ育った家のはずなのに、大人世代の独身男性は肩身の狭い思いをすることになるのです。

 

同じ世代とばかり交流していると感覚がマヒしてきますが、地方の親世代にはまだまだ古い考え方が残っています。結婚して家庭をもって一人前、そんな価値観がまかり通っていたりします。20代で家庭をもち、子どもももう小学生どころか中学生の子までいたりする同級生を引き合いに出されることもあるでしょう。田舎と都会では、そもそも背景が全くちがいます。住む世界が異なるのに同じ土俵で比べられても、だから何?としか答えようがありません。

 

他人は他人、自分は自分。流されるのはゴメンだけれど、家庭をもち家まで建てているような同級生や幼馴染の姿を目にして心安らかにはいられないのも真実。お盆で集まった地元の友だちは、「結婚なんて人生の墓場だよ」などと自虐ネタを披露するでしょう。ですが、半分独身者へのリップサービスということぐらい、人生経験を重ねていれば分かります。若いころのように、親せきや友人らから結婚の話題をふられなくなったことにも、密かに傷つきます。

 

かくして、数日のお盆休みを終えて帰途につく頃には、独身大人男性のプライドはズタボロ。帰りの新幹線は、お土産を手にした家族連れでいっぱい。車で帰っても、休憩で立ち寄ったサービスエリアは賑やかな親子連れであふれています。なのに、自分は独り。日ごろ向き合わずにいられた結婚というものに、これでもかと向き合わされます。

 

孤独は、誰もいない場所で感じるものではありません。自分のほかに誰もいないのならば、あきらめもつきます。本当の孤独は、まわりにたくさんの幸せそうな人がいるのに自分だけ孤立しているときに感じるもの。ボディーブローのように、お盆の帰省から孤独のダメージが積み重なっている独身男性。自分の家に入って扉を閉めたとたん涙が出た、そんな男性だっているんです。

 

結婚願望が高まるお盆明け、今がチャンス!

 

実は、婚活を始める人が多くなるのは長期休暇明けのまさに今。帰省して周りの親戚や友人らの姿を見て、このままではマズいと心底焦りを感じて独身男性が動き出すのです。40代女性にとって、この好機を見逃す手はありません。

 

なぜなら、ほかの時期よりもアプローチが格段に成功しやすいから。いつもなら強気の高スペックの男性であっても、気持ちが弱っている時期ならばやさしい言葉をかけてくれる女性になびきやすくなっています。弱みにつけこむようなことは褒められたことではありませんが、きっかけづくりは必要です。まずはおつきあいが始まらなければ、お互いを知り合うこともままなりません。

 

そして、お盆明け婚活のいいところは結婚まで近いこと。地元で身内や友人の家庭を見せつけられているからこそ、男性の頭の中にも具体的なイメージが描けています。いくらおつきあいしても、男性側が結婚を意識していないとダラダラ時間だけが過ぎていくことになりかねません。今ならば、一気に最短で結婚まで駆け抜けられます。

 

もちろん、ライバルとなる独身女性も同時に婚活という戦場に乗り込んできます。ですが、これまで婚活の土俵にのっていなかった独身男性が大量に参入してくる価値はそれ以上に大きいはず。忘れてはならないのは、お盆に感じた焦燥感がぼやける前に動くこと。婚活が長引くほど、男性のやる気は消え失せてしまうという恐ろしい真実だけは覚えておいてください。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

2回目に続かない…婚活デートが1回で終わる40代独女の特徴

婚活ウオッチャーのワタベユキエです。婚活って、やればやるほど出口が見えなくなりますよね。今度の恋が、最後の恋。次の相手と必ず結婚するぞと意気込んでみても、なぜか結果につながらない。1回目のデートから次…

当てはまったら生涯独身?美人でも【結婚できない40代独女】の特徴

婚活ウオッチャーのワタベユキエです。とても40代には見えず「女」としてバリバリに現役感がある素敵な人っていますよね。恋多き女かと思いきや、他人が思っているほど恋愛は上手くいきません。実はキレイでモテる女…

【40代のスピード婚】周囲にいたら要チェック!【◯◯族の40代男】が超狙い目な理由

婚活ウオッチャーのワタベユキエです。みなさん結婚相手に望むことって何ですか。譲れない点は人それぞれですが、なんだかんだ言って経済面は一番気になるところですよね。みんな考えることはいっしょ。高収入の男性…

【40代独女のスピード婚】さっと結婚が決まる40代独女の特徴3つ

婚活ウオッチャーのワタベユキエです。オトナサローネの読者なら、40代女性の結婚は並大抵のことではないと知っているはず。確かに困難な壁ですが、乗り越えられない壁ではありません。私が見てきた40代の中には、年…

【自然に出会いたいならココ】ワイン会はダメ!40代独身男が集う意外な出会いの場

はじめまして、ワタベユキエです。私の回りには、魅力的なのになぜか結婚が決まらない、40代、50代の男女がたくさん。日々もどかしく思っています。お節介ながら、ちょこっとアドバイスさせてください!婚活を意識し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事