できちゃったシミはあとから薄くできるの?どうすればいい?【ヘルスリテラシー#7】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。

できてしまったシミをどうケアすればいいのか、正解はなかなかわかりにくいことでしょう。今回はまず、「シミにはどういうものがあるのか」から説明を始めます。

 

シミとひとくくりで言うけれど、種類は5つに分かれる

『ヘルスリテラシー』中村康宏・著 1,480円+税/主婦の友社

大人のしみは、女性では5種類、男性では2種類に分類されます。

女性では、
1老人性色素斑/日光性黒子(ADM)
2肝斑
3雀卵斑(ソバカス)
4対称性真皮メラノサイトーシス
5炎症後色素沈着
この5つのうち圧倒的に多いのが①と②。2つでシミの90%を占めます。

 

男性では上記のうち2つ、
1老人性色素斑
5炎症後色素沈着
これらがほとんどです。

以下に主要なシミ、1と2の原因と対策をご説明します。

 

1・老人性色素斑

淡褐色~濃褐色の「色素斑」です。顔以外にも手、背、前腕、上背などの皮膚が服の外に出る部分に多くできます。老人性という名前でギョッとするでしょうが、それよりもずいぶん手前の中年期以降に増えます。

 

原因は主に紫外線。加齢によってターンオーバーのサイクルが乱れ、メラニン色素が沈着してシミになります。

 

紫外線以外に、たばこやストレスも原因となります。老化を促す原因の一つである「酸化ストレス」を増やし、活性酵素が生まれてメラノサイトを刺激し、メラニンの過剰産生を起こしやすくします。

 

不規則な生活や過労などで血行が悪くなっても、メラニンの排出が遅れてしまいます。

 

治療のキモは「ターンオーバー」です。ターンオーバーを整えるだけでシミの沈着悪化を防ぎ、しみ治療・予防に役立ちます。なお、美容医療では、ピーリング、トレチノイン、フラクショナルレーザーなどを使います。

 

まず大切なのは、日焼けしないこと。

 

次に、酸化ストレスをとるため、ビタミンCかEの抗酸化クリームを使うのもいいでしょう。特にビタミンEは血流を上げてくれるので、ターンオーバーが落ちた肌のトーンを上げてくれます。

 

浅いところのシミは化粧品でもケアできますが、できてしまった深いシミはレーザーでしょう。1回から3回できれいになります。

 

2・肝斑

肝斑は両頬に対照的にできるのが特徴で、女性ホルモンの増加とともに色が濃くなることがあります。

 

肝斑にレーザー治療が効くか効かないかは、実は皮膚科学会でも大議論が起こっています。現在のところ、基本的にはレーザーで一時的にホワイトニングを起こすことはできても、肝斑自体は消えない、という考えが中心になりつつあります。

 

一番効く治療はトラネキサム酸・ビタミンC・L―システイン(ハイチオールなど)の内服治療です。

 

フォトフェイシャルや一部レーザーでもホワイトニングすることは可能ですが、基本的にはやめれば元に戻ってしまいます。

 

 

医師・予防内科医・米国栄養士・産業医・MPHホルダー(米国公衆衛生学修士)
中村 康宏先生

米国留学を経て、健康増進・健康防衛のための医療を提供すべく「中村康宏内科クリニック」を京都で開業。その後、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」を東京で開業。一般内科診療、アンチエイジングを追求する女性への美容医療、外国人の企業検診や訪日旅行客へのヘルスケアサービス、IT企業の社長へジムの運動メニューまで考える「顧問ドクター」、産業医として、企業のメンタルヘルスに関する相談などの予防に特化した医療サービスを提供している。無料相談会も全国各地で実施、ぜひお運びください。

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

【足やせ】は股関節のコリをとればOK!腰痛も消える|10秒ストレッチ

こんにちは。10秒ストレッチトレーナーの柴です。人口の9割以上が経験したことがあると言われている腰痛ですが、実は腰痛の原因の1つは股関節の固さにある事をあなたは知っ…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

【肩こり】ココを押して「ぐるぐる回し」ワキをさすると軽くなる!|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。現代病と言われている肩コリを解消するために、あなたはどのような事をしていますか?マッサージに行ったり、運動やストレ…

【肩こり】指をピストルにしてひねるだけ?びっくり、肩が軽くなる|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。先週は、場所を選ばずどこでもできる2つのワークで肩コリを解消する方法をお伝えしました。↓https://edit.otonasalone.jp/…

40代、ニオイが変わった気が。加齢とニオイって関係あるの?【ヘルスリテラシー#14】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。40代も後半の更年期世代に入ると「自分の寝室がおっ…

40代は平均3年で3kg太る?太らない人がしていることって何?【ヘルスリテラシー#13】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく更年期世代から「太りやすくなった気がする」と…

「わかめが髪にいい」のは本当?白髪って治るんですか?【ヘルスリテラシー#12】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく、○○を食べたら白髪が治った!という話しを聞き…

40代の白髪と薄毛、その原因と対策は?【ヘルスリテラシー#11】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。今回は40代に入るころから増え始める白髪、そしてふ…

40代の「毛穴開き」に毛穴パックはOK・NG?正解は【ヘルスリテラシー#10】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。40代ともなると毛穴ケアは二の次にされがちですが、…

40代の8割にリスク?警戒が足りない「高脂血症」【ヘルスリテラシー#9】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。更年期以降は女性ホルモンによる守りが薄れ、様々な…

飲む日焼け止めって効くの?40代以降の「肌のケア」意外な盲点は【ヘルスリテラシー#8】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。今回は「飲む日焼け止め」など、経口で摂取する医薬…

40代女性の不調、気づいていない原因は意外にもコレ【ヘルスリテラシー#6】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。50歳を境に、骨粗しょう症が一気に進みます。40代の…

40代が食べたほうがいいもの、注意が必要なものは?【ヘルスリテラシー#5】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく「食べてエイジングケア」と言いますが、実際に…

いちどできたシワは、元に戻せる?戻せない?【ヘルスリテラシー#4】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく「できてしまったシワを伸ばすだなんて、もう無…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事