「ちょ、何してるの!」ドライブデートで男性がびっくりした40代彼女のヤバ過ぎる言動

ドライブデートは「行先を変更しやすい」「天候に左右されない」「密室だから距離が近づく」など、たくさんのメリットがあります。

 

目的地まで歩かなくていいから楽だし、ちょっとヒールの高い靴にもトライできたり。女性にとってもドライブデートは何かと助かるもの。しかし、彼氏側に詳しく話を聞いてみると

 

「ドライブデート中の彼女の言動がヤバかった」

 

という声もちらほら。どのくらいヤバかったのか聞いてみましたので、ご紹介しましょう。

 

ドライブデートでびっくりした彼女の言動①:気温を無視したファッション

 

「はだ寒くなってきたのにTシャツとミニスカートで彼女が現れたときはびっくりしました。カーディガンを羽織るなど防寒に気を遣ってほしい。ミニスカートでも厚手のストッキングを履いてくるとか、首にスカーフを巻くとか……。とにかく四季を感じるようなファッションをして来てほしかった(38歳男性)」

 

秋は気温の変化が激しい季節。愛する人を心配させないようにしましょう。

 

ドライブデートでびっくりした彼女の言動②:密室での急なキャラ変

 

「高速道路を運転中にいきなり耳を舐めてきた彼女。どうやら僕がほかのことに夢中になっているときにイタズラをするのが好きな様子。でも運転中は集中しているので、イチャイチャモードになれない。もう少し場所を選んでしてほしいなと思いました(34歳男性)」

 

「とある峠道で渋滞に巻き込まれました。僕もイライラしていたのですが上品で清楚な40代彼女が突然『こんな峠道で渋滞とかありえないんだけど。車ぶつけて蹴散らしてやろうか!』といったのには、びっくりしました。それ以来『急にキレる彼女』という印象に……(29歳男性)」

 

ドライブデートは狭い空間に2人きり。ムラっときてしまうのは男性ばかりではないようです。

 

また「普段は穏やかなのに、運転すると人が変わったようになる」という人がいますよね。上にあげた彼女ほどではなくても、彼の隣に座りながら「前の車、遅いわ」と舌打ちをしてはいないでしょうか。

 

ドライブデートでびっくりした彼女の言動③:車中のマナー

 

「僕の40代の彼女は車に入るとまず靴を脱ぎます。体温が高くて暑いらしく、上着も脱ぐ。そしてうちわで仰ぐ。冬でもエアコンをつけてほしいといわれたときは『そんなに……!』とびっくりしました(38歳男性)」

 

「僕の彼女はドライブデートでは助手席で寝たり、お酒を飲むことができない僕を尻目に平気でお酒を飲んだりします。最初はそのことが信じられませんでした。今は慣れて気にならなくなりましたが最初のころは驚いたし、嫌でしたね(37歳男性)」

 

車中では、温度調節のために衣服を脱ぎ着する機会もあります。

ただ靴を脱ぐのは「脱いでもいい?」のひと言があると良さそうですね。

 

また当然のことながら、運転する日はアルコールが飲めません。お酒好きな彼であれば、ドライブデートの日は我慢を強いられます。そんな彼への気遣いを忘れないよう、気を引き締めておくことも大切です。

 

ドライブデートでびっくりした彼女の言動④: ありがた迷惑な行動

 

「カフェやレストランがたくさんある話題の観光地へドライブデートすることに。いく場所も目的も伝えたのに当日にお弁当をつくって持ってきました。『え、今日は外で食べるんだよね?』と思わず確認。節約家なことは知ってましたが、こんなときまでお弁当を持参しないでもいいのに……。でも頑張ってつくってきたと満面の笑顔でいわれると、それ以上いえませんでした(44歳男性)」

 

お弁当のほうが都合がいいとき、そうではないときがあります。「今日はどんな感じのデートかな?」と想像するバランス感覚もお付き合いを続けていくには必要です。

 

ただ彼女も「ごはん代を浮かせて、ほかに楽しいことでお金を使おう」という思いがあったのかもしれませんね。

 

 

彼氏が「ヤバい」と感じたドライブデート中の彼女の言動、いかがでしたか?

 

この秋、ドライブデートの「注意事項」として頭の隅においてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク