仕事が忙しい40代女子、恋人との時間が取れない時にしたいこと

忙しいと、彼との時間さえなかなか取れなくなってしまいますよね。そんなときこそ、恋人との関係を繋ぐための工夫が大切です。そこで、40代女性が取り組んでいることを聞いてみました。

 

①寝る前の電話

「仕事が忙しいと、つい恋人への対応がおざなりになってしまうこともありますよね。たいていの問題は、デートの時間がないということですが、そんなときは寝る前に少しでも電話をして相手の声を聞くことが大事です。遠距離恋愛と置き換えてみると良いです。1ヶ月、2ヶ月会えなくても続く秘訣がそこにあり、日々の連絡の重要性を改めて見つめ直すこともできるでしょう。『LINE』もしくは『カカオトーク』も、メールよりサクサクしたコンタクトが取れるのでおすすめしたいですね」(43歳/女性)

会う頻度が遠距離恋愛と同じくらいになってしまう人もいるはず。置き換えて考えると、どうしたらいいか見えてくるかもしれませんね。

 

②短い時間でも会おうとする

「『会えなくても、あなたのことを忘れていないよ』ということを文字にしてきちんと伝えることが大事だと思います。また、彼とは職場が近かったので、ランチのお誘いをしてみるなど、短い時間でも会える時は会うようにしていました」(49歳/女性)

忙しい時ほど、実は恋人の存在に励まされたり癒されたりする人は多いでしょう。わずかな時間でも嬉しいと思う人は多いので、まずは話したい・会いたい気持ちを態度で示しても良いかもしれません。

 

③彼への愛情表現はいつも以上に

「仕事が忙しく、毎日残業続きで彼氏と会う時間が少なくなっていました。ですが、離れている方は『浮気をされているのではないか』『自分は愛されていないから優先順位が下がってしまったのではないか』と不安になってしまうと思うのです。ですから、マウントを取らないように気をつけながら、本当に仕事が忙しいということを日々、『疲れた〜彼くんに癒されたい〜』という感じで伝えつつ、愛情表現は欠かしませんでした。あっているとき以上に、彼にべったりか!とつっこみたくなるほど、気持ちは伝えていましたね」(43歳/女性)

忙しくてなかなか会えないと、会えない方は妙な勘繰りをしてしまうこともありますよね。すれ違いの多くは、会えない寂しさや会えないことによる不安だと思うので、その思いを汲み取り、短い時間で払拭できる工夫を行なってみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク