【男の本音】婚活男子が「この人に決めた!」と惚れ込んだ40代女性の特徴

ただ今、絶賛婚活中!

 

出会いはたくさんあるけれど「この人と結婚したい」と思える相手がいない…。

 

そう悩んでいる人はいないでしょうか。

 

自分の理想が高いのか、そう思える相手と巡り合えていないのか、もんもんとしてしまいますが、では反対に男性側が女性に対して「この人と結婚したい!」と思うのは、一体どんなときなのでしょうか?

 

今回は40代女性と婚活デートしたことのある男性に「この人に決めたい!」と思ったエピソードを聞いてみましたので、ご紹介しましょう。

 

婚活男子が「この人に決めた!」と思ったエピソード①やさしさに感動

 

「30代半ばのころ、登録していた結婚相談所から42歳の女性を紹介してもらいました。物腰がやわらかく、会話上手で男性を立てる方。とても印象が良い人だなと感じていました。大型ショッピングモールでデート中、互いにトイレに入ったときのこと。女性は少し時間がかかるだろうと私も少し時間をかけて出ましたが、彼女はすでに待っていて、手が濡れていた私にハンカチを差し出してくれました。こんな経験は初めてで、心が揺れ動きました」(44歳/自営業)

 

「2年間、婚活をしています。42歳で気遣いのステキな女性と出会い、何度かデートを重ねました。私が少し体調を崩していたとき、話を聞いて部屋に来てくれ、おかゆや果物など食事の準備だけしてそのまま帰っていった彼女。すごくうれしくて、ありがたくて…。人のやさしさが身に沁み、単純ですが『この人と結婚したい』と心から思いました」(40歳/会社員)

 

弱っているときほど、人のやさしさが染み入ります。相手を思いやる姿に、心を大きく揺さぶられる男性は少なくないようです。

 

婚活男子が「この人に決めた!」と思ったエピソード②将来を前向きに受け止めている

 

「34歳から知人のすすめで婚活をはじめ、半年で3名の女性とお会いしましたが、その中にコミュニケーション能力が高く、話をするのも聞くのも上手な41歳の方がいました。ポジティブで後ろ向きな話をせず、次回の約束を早々といただけるなど本気で受け止めていただけたのがうれしく、自身の将来にも希望をもっている姿が魅力的で結婚を意識しました」(35歳/会社員)

 

あとから思い返して楽しい気分になるのは、前向きな会話ができる人ですよね。自分自身もつられてポジティブになるという相乗効果が生まれそうですね。

 

婚活男子が「この人に決めた!」と思ったエピソード③がんばらなくても大丈夫

 

「婚活アプリで婚活していた当初、年上女性にはアプローチしていなかったのですが、向こうからアタックしてきてくれた40代女性がいました。同年代以上に会話が弾み、趣味が一致したこともあってデートに誘いました。自ら『あそこにしない?』など格安居酒屋を提案してくれ、お金どうこうより自分に気を遣ってくれているのが分かり、うれしくなりました。また、ときおり見せる慎ましさとおおらかさにこの人と一緒に過ごしたいなと思うようになりました」(26歳/公務員)

 

「最初は清潔感があり、おっとりした女性という印象でした。デート中、道が分からなくなってしまい、スマホを使って探そうとしたら『そんなに急いで探さなくても大丈夫。一緒にいくなら、どこでもいいんだから」といってくれたとき、涙が出そうになりました。瞬間的に『離したくない!』と思いました」(30歳/会社員)

 

「婚活サイトに登録し、5人の女性と会って食事しました。会う前からメールの内容が丁寧でマメな連絡をする40代女性がいました。一緒に食事にいくと、ここは自分が払いたい!というときには払わせてくれ、男を立ててくれます。また甘えたいときは受け止めてくれるところがあり、そうした対応がとても心地良かったです。自分のことを分かってくれているんだなと強く結婚相手として意識しました」(25歳/フリーター)

 

いいところを見せよう!とがんばると、空回りしがちな男性。素の自分を包み込んでくれるような気遣いに、しびれてしまう男性は多いでしょう。

 

「この人と結婚したい!」と思われる女性は前向き、やさしい、受容力があるといった特徴があるようです。

 

自分の良さと類似するものがあれば伸ばし、足らないと思うなら足すも良し。

婚活中の方のお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク