【男の本音】もうブロックしていい?「男性の怒りを誘う40代独女のLINE」とは

気になる相手と手軽に会話ができるLINEですが、文字だけのやり取りでは相手がどんな様子で返信をくれているのかわからず、不安になるときがありませんか?

一生懸命メッセージを送っていても、それが相手にとって歓迎できないものだったら、いつしか返信も遅れがちに。

特に、悪気がないとしても相手の気持ちを考えない言葉を送ってしまうと、それが怒りを誘ってブロックされる、なんてこともあります。

40代独女のどんなLINEが嫌われるのか、ご紹介します。

 

「そんなところがダメなんじゃない?」

「同じ会社にいる年上の女性なんだけど、面倒見がいいというか、いつも気にかけてくれるので感謝はしていました。

LINEを交換してからは個人的な話もできるようになって、それはそれで楽しいし会社では見られないその人の様子がわかるのでドキドキすることもあったのですが……。

嫌なのは、LINEでダメ出ししてくること。

『今日の取引先での挨拶、相手に聞こえてなかったよ』

とか退社後に送ってこられて、スルーもできないしいちいち『すみませんでした』って返すのがストレスでした。

もう我慢できないと思ったのが、取引先に提出する資料にミスがあり、その日の夜に

『そんなところが出世できないダメなところじゃないの?』

と送られてきたとき。

嫌悪感で胸がいっぱいになり、無言でブロックしました。

次の日に『LINE、読んだ?』と話しかけられて、スマホが壊れてしまってと言い訳したけど、俺の様子がおかしいことに気づいたのか

『あれはほら、あなたに成長してほしくて……』

って言い訳するのが醜いと思いましたね。

会社での態度とLINEの温度が違いすぎて、もう近づきたくないです」(34歳/システムエンジニア)

 

★ 会社の人間から退社後まで仕事についてLINEが来るって、ストレスですよね。

それがポジティブな内容ならうれしいけど、叱られるばかりでは読むことすら嫌になります。

こちらの男性は、

「俺のためって言いながら、実は自分のストレス発散に使われていた気がする」

と言っていました。

そんな感じ方をさせるLINEは、いつか必ずブロックされるのが自然の流れかもしれませんね。

 

延々と自分の話が届く

「ジムで仲良くなった女性とLINEを交換しました。

最初は一日に一回くらいの会話だったのがだんだん送られる回数が増えて、それはいいんだけど話題が自分のことばかりで。

『この映画、ジムの○○さんも観て良かったって』

『会社の上司が意地悪で今日もしんどい』

『○○ってお店のパスタが最高に美味しくて、明日友達と行ってきます』

とか、完全に”日報”でした……。

返事するのがストレスなので既読スルーしていても、それに構わず送ってくるんですよね。

一度、やり取りができないって意味で『忙しくてなかなか返事ができなくてごめん』と送ってみたら

『こちらは気にしないので、時間のあるときに返事をくれたらいいですよ』

でまた日報が届く。

無視していたら休日まで

『今日はジムに行ってきました!

○○さんも来たらどうですか?』

と届くようになり、干渉しすぎというか”放っておいてくれ!”と思ってブロックしましたね。

空気が読めないアラフォーって、こういう人なんだろうなぁ……」(38歳/営業)

 

★ 実際にやり取りを見せてもらったのですが、丁寧な言葉遣いにスタンプも少なめで読みやすいものばかりでした。

でも、問題はその内容で、男性の体調や仕事の調子などを気遣う言葉はあれど自分の話が中心で、返信したくなるようなメッセージではないと感じました。

返事がないのにまた次の話題が来るって、「ある意味、恐怖を感じる」とは男性の言葉。

こちらは状況を伝えたにも関わらず干渉が深くなれば、ブロックされるのも仕方ありません。

 

「できるよね?」って何様?

「この間LINEをブロックした女友達は、とにかく偉そうでしたね。

趣味の集まりに一緒に参加していて、彼女がリーダー的な存在で頼もしいのはいいんだけど、人使いが荒いというか。

俺のほうが年上なんだけど、集まりのときは『これお願いね』って仕事の部下みたいな言い方で用事を言われることもあり、そこがちょっとストレスでした。

先日、県外から仲間が帰ってくるから、と

『明日の7時に15名でどこか居酒屋を予約しておいて。

飲めない人もいるから、飲み放題でもソフトドリンクが多いところがいいかな。

できるよね?』

といきなりLINEが来たときはさすがに頭に来て、『忙しいから自分でやれ』と返事してそのままブロックしました。

何かを勘違いしているというか、”できるよね?”っていったい何様?

俺にブロックされたと気づいた彼女から電話がかかってきて、こっちも腹が立っていたので『人にものを頼むときは、言い方とか気をつけたほうがいい』とそのまま伝えたら泣かれました……」(43歳/人事)

 

★ 「たぶん、集まりでみんなからちやほやされていたから、それで勘違いしたのかも」と男性は話していましたが、その気分で友人に偉そうな態度を取っていれば、いつかこんなしっぺ返しをくらいます。

相手の性別や年齢に関係なく、「できるよね?」は友人に向かって送る言葉とは思えません。

指摘されたのなら、まずは謝罪する気持ちを忘れたくないですね。

 

相手の怒りを誘うようなLINEは、そのほとんどが自己中心的なメッセージを送っているのが原因です。

立場を利用したり相手の気持ちを無視していたり、送っている自分だけが満足するようなLINEでは、男性もやり取りをやめたくなります。

目の前にいないからこそ、相手の状況を考える余裕を持つのが愛される40代独女のLINEだといえます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク