【40代編集長の婚活記#28】40女、若く見えれば「年齢差」は関係ない?

44歳にして婚活を始めた独女・OTONA SALONE編集長のアサミ。婚活パーティで出会った年上好きを公言するアラサー男子・メンノンさんから初デートでいきなり「僕、アリっすか?」と尋ねられた。

アサミが年上なことはわかっていたが、35、36歳だと思い込んでいたメンノンさん。44歳という事実伝えるやいなや、急にオロオロし始め、それまでのグイグイ感はどこえやら……。すっかり引き気味に感じられその日のデートは終わりに。このあと2人はどうなる? これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

メンノンさんからのメッセージは?

メンノンさんとのデートの帰り道、メッセージが届いた。彼からだった。知りたくない現実をつきつけられる不安があってちょっと怖かったけれど……開いてみた。

メンノン「今日はありがとうございました! 楽しかったです」

こちらこそ、ありがとう。私も楽しかった。ちょっとホッとする。

メンノン「僕、よくわかってないのに勝手に女性の年齢とか決めつけちゃってすみませんでした」

いや、全然。若く見てくれてたのは素直にうれしかったから。

メンノン「ひとまわり以上も年上だなんてまったく想像してなかったんで、正直驚きました。奇跡の44歳っすね」

やだ、そんな奇跡だなんて……ただ顔が丸いのと、お店の照明が暗めだったおかげだと思います。自然光だと違います。

メンノン「ホントすみません。僕、年上好きとか言っておきながら、10歳以上年上の女性って付き合ったことなくて」

そりゃそうでしょう。逆に私もないですもん。

 

核心に触れるときがやってきた

やっぱり気になるよね、女性が「10歳以上年上」っていうところに。

メンノン「正直、僕、全然未熟だし、アサミさんの相手として自信がありません。。。」

……なるほど。

メンノン「勝手にいろいろすみません! ホントごめんなさい」

謝らなくてもいいのに。

メンノン「アサミさん素敵なんで、きっといい出会いがあると思います。僕も応援します!」

ありがとう。以前の婚活でデートしたエリートさんには祈られたけど、メンノンさんには応援されたか……。

 

40女、「年上好き男子」に思うこと

結論から言うと、今回もフラれた結果に終わった。やっぱり10歳以上年上という壁は厚かった……のかな。

メンノンさんは素直でいい子だったし、話をしてて楽しかったから、ちょっといいかなーなんて思い始めてはいたんだけれど。5、6歳年上はOKで10歳以上年上がNGっていうのは、世代の違いもあるだろうし、もしかしたら子供を考えてのこともゼロではないのかもしれない。それは……仕方ないよね。

 

私は付き合う男性の年齢のことを特に気にしていなかった。でも、今回のことでわかったことがある。

「年上好きを公言する男子にも、上限年齢がある」ということ。

年齢を隠していたわけじゃない。たまたま初対面のときにお互いに言っていなかっただけ。「44歳ですけど、それがナニか?」という気持ちはある。

でも、ここまでハッキリと“35、36歳ならいいけれど44歳はごめんなさい”とわかると……やっぱり、婚活において年齢はひとつのハードルなんだなぁという現実を受け止めざるを得ない。

若く見えることはいいことばかりじゃない、ような気がする。見た目年齢が若かろうが若くなかろうが、やはり実年齢問題はつきまとう。それは別に自虐とか卑下するとか、そういう類のものではなく。

 

 

40代女性が直面する、婚活のリアル

結婚は何歳でもできる。

でも、出産は何歳でもできるわけではない。

メンノンさんが「子供がほしいから44歳はごめんなさい」と言ったわけではない。

でも、44歳の婚活というのは、そういう現実も受け止めていかなくてはいけないのだ。

やっぱりむずかしいのかなぁ、44歳の婚活って。ちょっと先行きが不安になる。

2回目の婚活パーティで連絡先を交換したのは4人だったけど、3人とはフェードアウトしてしまい、残る1人だったメンノンさんともこれで終わってしまった。また婚活パーティに参加して新しい出会いをつくらないとなのかな。ちょっと疲れたな……。

 

枯れた日々を過ごしていたある日

慣れないデートを重ねたせいか、しばらくは婚活パーティには参加しないまま月日がたった。連絡をやりとりする男性もいない。およそ婚活中とは思えない枯れっぷり。2017年になってからは仕事の忙しさに加え新年会等も重なり、あっという間に月日が流れていた。

婚活としては枯れた日々だったが、この状態がここ数年の通常モードだったので、気持ち的にはストレスがなく正直とてもラクだった。あ、ラクって言っちゃった……。婚活どころか、そもそも男性とつきあうことがむいてないのかなぁ。

そんなある日のこと。突然ある男性からメッセージが届いた。その主は、しばらく連絡が途絶えていた「あの人」からだった。

 

【メッセージをくれた男性「あの人」とは。もしかして……⁉ 来週水曜17時をお楽しみに!】

 

【続きはコチラ】

 

【前回はコチラ】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

#137 なんか「彼の様子が違う」⁉ 4回目デートでわかったこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年以上の46歳。OTONA SALONE編集長・アサミは現在婚活歴2年半。久しぶりに「好き」という感情が出てきた恋愛ご無沙汰女にもやっと春がきた!と、思いきやデート相手のジェントルさんは夕方でそそくさと…

#136 なんで? デートを夕方で帰る「男の本音」とは⁉【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めた、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半を超えた46歳。49歳・バツイチのジェントルさんとメッセージやデートを重ねて、やっと「好き」という気持ちに気づく。久しぶ…

「婚活で学んだ6つのこと」とは? 40代で結婚した人に聞いてみた【40代の婚活事情】

40代から婚活を始め、結婚をしている人が増えています。しかし、20代、30代のそれとは違う40代の婚活事情。40代で結婚した方々に、「40代で婚活をやってわかった教訓」を聞いてみました。■とにかく、自らたくさん動…

私に「似合うピンク」は? イエベ・ブルベ「パーソナルカラー別」の選び方のコツ

同じピンクでも、似合うピンクと似合わないピンクがあるのをご存じですか? それは自分の「パーソナルカラー」のピンクかどうかで決まります。パーソナルカラーがわかれば、自分自身で、本当に似合うピンクを選べる…

#135 「もっと一緒にいたい」デートの夜は、何かが起こる?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半。OTONA SALONE編集長・アサミの婚活は紆余曲折の真っ最中。現在進行形のお相手・ジェントルさん(49歳・アーティスト)とは、3回目のデートをしながらやっと「好き」という…

パーソナルカラー別・似合う「ベージュ」は? トレンチコートの選び方

オトナ女性のアウターといえば、トレンチコートです。トレンチコートの定番はベージュ色ですが、ベージュって色によって微妙に似合わないことってありませんか? それは「パーソナルカラー」ではないベージュを選ん…

私に似合う色は? パーソナルカラー診断の「カラーチャート」見本帳

自分に似合う色を知りたい、そんな方にオススメなのが「パーソナルカラー診断」です。似合う色=パーソナルカラーを身につけると、肌がキレイに見えたり、イキイキして見えたり、若く見えたりといった効果が叶います…

婚活コーデに「パーソナルカラー」を取り入れてみた【オトナの婚活コーデ】

婚活は、第一印象がかなり大事です。第一印象とは、ズバリ見た目。見た目の印象をよくするための1つの方法としてオススメなのが、「パーソナルカラー診断」です。現在、婚活歴2年半である私、OTONA  SALONE編集長・…

婚活が「うまくいかない人」に共通する8つの特徴 

取り立てて欠点があるわけでもまいのに「婚活がうまくいかない」と悩んでいる人はいませんか? 何事も、うまくいかないのには理由があります。婚活コラムニストの私が、自らのリアル婚活経験とまわりの婚活事情を聞…

#134 婚活の分かれ道は「3回目デート」で決まる?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半。OTONA SALONE編集長・アサミは46歳の恋愛ご無沙汰女子。この2年半、ことごとく婚活に玉砕している。現在進行中の男性・ジェントルさん(49歳・アーティスト)とは、3回目のデート…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事