【九星フラワー占い】三碧木星の5月は「この1年で一番の幸運月。チャンスは逃さずに」

自宅で過ごす日々が長くなってきました。

いつもとはちがう時間の過ごし方のなかで、不安や不満、何かしなくてはという思いが大きくなってきているのではないでしょうか?

できること、すべきことを見つけるお手伝いができないか。

今月はこんなことをテーマにお伝えしていきたいと思います。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

久しぶりの幸運月間!

今年は全体的に試練の多いといわれている三碧木星ですが、今月は久しぶりに 運気が上昇し、気力と体力が充実してくる、そんな1ヵ月が過ごせそうです。

今いる場所から高く飛び上がれそうな気がするのですが、実際に行動に移そうとすると、なぜか足かせのようなものがついている、あるいはあなたの腕をつかむいくつかの手がある、そんな感覚が起こることしょう。

これは天からのお知らせだと思われます。

つまり、これまでとは違った新しいこと、大きな試みのようなものにチャレンジをしたい気持ちはわかるのですが、事務処理のようなものや、これまで培ってきた 人との関係を守るうえで必要なこと、そういった自分自身の足元 をしっかり固めるためのことを行うべきだというサインです。

新しく楽しいアイデアで世の中を前向きにする

ただし、自分がつまらないと感じること、好きではないことだけをコツコツとやれということではないと思います。

三碧木星が本来持つ力というのは、明るく前向きで、新しいアイデアを世の中に出し、そのユニークさで人々の心を明るく楽しく元気にし、そのビジョンを 未来へと導くというものです。

ですから、何か楽しいアイデアがあれば、それを人に 話すということを忘れないでください。

 

少しの慎重さが人気運を高める

じつは東京都知事の小池百合子さんが三碧木星の生まれです。

都民が心がけるコロナ感染対策として「三密」などといったキャッチフレーズを好んで使う、軽快な言葉のセンスは三碧木星らしいな思います。

またスピード感を大事にする三碧木星の彼女からすると、のらりくらりとした安倍総理大臣(根回しを優先したい一白水星)と、足並みをそろえるということがなかなかできず、きっと彼女自身イライラ・やきもきしたのではないかなと思います。

ただここで大事なのは、思いつきや行き当たりばったりで何かを決めていると人から見られないように、ある程度の慎重な態度と、やるべきこと、やらなくてはならないことはしっかりとやってみせる、ということ。

それは信頼を高めて、人を導いていけるようになるためにも必要だということです。

リーダーになろうと思わなくても、人気運を高めるためにも、小池さんのやり方 振る舞いを見て、 いいところは自分の振る舞いにも生かしてみる、ということをしてみるのもいいかもしれません。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、年下からのアプローチがあるかもしれません。

無邪気にグイグイ押してくる可能性がありますが、本気度は不確かなので、かぐや姫が求婚者にしたように試練を出すのいいかも。

金運は、遅れていた入金がやっと入ってくる、ということがありそうです。

ただし、今月はお財布の紐が緩んでいるので、使いすぎないように注意を。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ブルーとブラウン。

前向きな気持ちと、チャンスをしっかり活かして地に足をつけて進める運気を与えてくれるお守りカラーです。

ラッキーパーソンは、ごみの回収を行ってくれている人。

出会ったら「おはようございます」でも「ありがとうございます」でも、明るく挨拶をしましょう。

あなたの声が世界を明るくします。

ラッキーフードは、梅干し納豆。

納豆に梅干しを刻んで加え、タレや醤油はなしか控えめに加えてつくります。

免疫力がアップしますので、コロナ対策の1つに加えてみてください。

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク