「もっとして!」男性がコロナ対策中で会えない時に、彼女からされたら嬉しいこと

物理的な距離は心の距離と深く関係しています。一方で、「ザイオンス効果」に基づけば、相手が自分のことを頭で思い浮かべることでも、心の距離は縮まることができると考えられます。

そこで、会えないからといって、彼と距離を置くのではなく、彼に喜んでもらえることを実践してみてはいかがでしょうか。毎日、あなたのことを想像して、愛が深まっていくかもしれませんよ。男性たちに、今求めていることを聞いてみました。

 

①情報と物資の提供

「男性って論理的な人が多いので(笑)海外ニュース(英語・中国語など)の情報提供と、品薄状態の物品の送付はめちゃくちゃ嬉しい。困っているときに欲しいものを提供してもらえると、それだけ自分を思いやってくれているのかと愛情を感じます。

物品でいうと(最近は市場に出回りはじめましたが)、自分の分、さらに気遣うなら家族分のマスクやアルコール消毒液、オキシメーターなどです。今までの人生経験で培った情報収集力や行動力が発揮されるかと思います」(40歳/男性)

 

②テレビ電話

「会えない時間が愛育てるのさ』なんて、歌詞じゃないけれどそんなこともあるかもしれない。でも、やっぱり会いたいですよね。でも会えないとなると声を聞きたい。できれば姿も見たい。コロナがいつまで続くかわからないのだから、FaceTimeやzoomを使ったテレビ電話を繋いでくれると嬉しいですね。

一緒に会話しながらご飯を食べたり、お酒を呑みながら語り合ったり、甘えてみたり。そんなことをしていると相手も同じように会いたいって思ってくれているんだという気持ちにもなり、なんか嬉しいですね。いつもと違う『ちょっと油断した部屋着姿』が見えたら、意外と男性はきゅんときちゃうかも。油断といっても、ガサツさとは別物なので、部屋は映ってもいいように片付けましょうね!」(41歳/男性)

 

③時間のかかる手作りやシェイプアップ

「このご時世、忙しくて暇のない人もいますが、中にはおうち時間が増えている人もいると思います。そんな時に、『珍しく時間が取れる日が続いているから、今からクリスマスに向けて手編みマフラーを作っているよ』とか、『あなたの似顔絵を描いているの』なんて言われたらキュンキュンしてしまいますね。

もしくは、綺麗になるための努力をしてくれるのも嬉しいです。僕のことを会えない時間も考えてくれているのかな〜って、色々と妄想してしまいますよ」(39歳/男性)

 

恋愛とは直接結びつきがなさそうに見えること、彼のためにやることばかりが、男性の喜ぶことではありません。様々なアプローチができそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク