着太りさせない! ダウンでも叶う「着やせ」コーデ、3つのルール

一年のうち一番寒いと言われる今週。もう街を歩けば春物が店頭に並んだり、ネットでも新作の予約販売がスタートしていますが、まだまだダウンは手放せません。軽くて暖かいダウンですが、着太りして見えたり、カジュアルすぎる印象になりがちなのが難点。そこで、着やせして見えるコーデのルールと、きちんと見えするダウンの選び方をまとめました!

1.ダウン×ストールで縦長に、モノトーンでシンプルに

もこもこしがちなダウンにストールを合わせて縦ラインを強調することで、スッキリした印象に見えます。インナーはモノトーンコーデでシンプルにまとめつつも、キレイ色のストールを選べば、地味見えを防ぐ効果もあります。お仕事コーデなら、黒のパンツにヒールを合わせると、下半身の体型カバーは完璧です。

 

2.ダウン×ニット帽で目線を上、塩コーデでスッキリと

ニット帽をプラスして目線を上に持っていけば、ダウンのボリューム感が強調されないコーデになります。また、ブラックやネイビーなど濃い色のダウンを持ってるかたが多いので、インナーはライトグレー×ホワイトパンツの「塩コーデ」にするのがおすすめ。軽さをだしつつも今年っぽい印象に変わります。足元は脚長効果の高いパンプスもオススメですが、スニーカーで抜け感を出すスタイルも◎です。

 

3.ダウンと同系色のコーデは着やせ+トレンド

ダウンの色と同系色のワントーンコーデでまとめるのも着やせコーデになります。たとえば、女性らしく見える今季トレンドのブラウン系ダウンならベージュニット×ブラウン、ネイビーダウンなら水色ニット×ネイビーのように、同系色でまとめます。ダウンをスカートと合わせたい場合、膝上丈ダウンから15㎝ほど裾が出るミモレ丈スカートがオススメ。縦リブのタイツと合わせれば、防寒も細見えも同時に叶います。

 

どんなダウンなら着やせして見えるの? 選び方のコツ教えます!

①ボリュームファー付きで目線を上に

顔まわりを華やかにしてくれるファーは、小顔効果も期待できるのであった方がベター。取り外しできるタイプなら、着こなしの幅も広がります。ファーなしを選ぶ時はふんわりとしたショールカラーが上品な印象でオススメです。

 

②Xラインでウエストをマーク

ウエストマークするだけで、モコモコしがちなダウンも女性らしいシルエットに。ステッチの幅がウエストだけ細くなっている変形デザインや、ベルト付きなら簡単にスタイルアップして見えます。

 

③ウエスト位置高めなら足長効果も

せっかくのXラインシルエットも、ウエスト位置が低いと胴長短足に見えてしまいます。実際のウエストよりも5センチ高めが、さりげないのにバランスよく見えるので、試着の時に意識してみてください。

 

④ダウンの長さは膝上丈がベスト

今年のダウンはロングがトレンドでしたが、長すぎてもバランスが悪くなってしまい、ベンチコートのようなシルエットになってしまうので要注意。スカートにもパンツにも合わせやすくて、着やせして見えるのは膝上丈がイチオシです。

 

⑤裾&袖デザインで細見え効果を

袖にファーが付いていたり、裾がワンピースのようにAラインになっていたりするダウンは、目線が逸れるので細見え効果大。ダウンでもガーリーに着こなすことができるので、カジュアルな着こなしが苦手な人にも◎です。

 

⑥カラーは定番の引き締め色が基本

最終セールでダウンを手に入れるなら、定番のブラックもいいですが来年のトレンドカラー、ネイビーもオススメ。さらにネイビーと相性の良いグレーやベージュなども合わせやすいので◎。アイスブルーやライトベージュなど、トーンの明るい色が欲しい人は、インナーやボトムを引き締め色にすればOKです。

⑦ステッチ幅狭めなら上品さもプラス

お仕事にもダウンを着ていきたい人は、キレイめに見えるステッチの幅が狭いものを選ぶのが正解。ステッチが細かい方がボリュームも抑えめになるので、着やせして見える効果もあります。

 

今シーズンはボリュームダウンやロングダウンも当たり年でしたが、着やせ効果を狙うなら、シンプルな女性らしいXシルエットの膝上丈のネイビーかグレー、ベージュのダウンがベスト。特に年齢が35歳以上の人は、カジュアルになりすぎず、着回し力もあるのでオススメです。

プチプライスのダウンよりは、きちんとした素材を使っている高めブランドの方が、軽くて暖かさも違うのは事実。値段に惹かれて妥協するのはNGです。それぞれ試着してみて、重さや暖かさ、シルエットなどをトータルでチェックしてみてください。

 

 


 

ダウンで着やせコーデを意識したい時は、前を開けて動きを出すのが基本。でも、前を閉める場合でもベルトなどでウエストを絞ってメリハリ感を出せばOK。ボリュームブーツで華奢なレッグラインを目立たせたり、細めのボトムを合わせるとダウンが広がって見えにくくなります。他にも小物でアクセントをつけたり、髪をまとめたり、Vネックで肌を見せたりと、ちょっとした工夫で着こなしがすっきりして見えるので、ぜひ鏡の前で試してみてください。

スポンサーリンク

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

チェスターorファー?大人を品よく見せるコートのOK/NG【2016秋冬】

だんだんと肌寒く、店頭でも新作アウターが目立つ時期になってきました。街を歩いていると、たくさん持っていても毎年1枚は買い足したくなるのがコート。この冬のファッシ…

バッグはブランド品にこだわらない。ファッション小物のちから【石田純子】

第5章 ファッション小物のちからバッグはブランド品にこだわらない 【石田純子・大人スタイルの新常識 法則43】ブランドバッグのもつ高級感や品質のよさは貴重ですが、…

【40代必見】新春着やせコーディネートのポイントまとめ

久しぶりの学生時代の友達との集まりや、気になる人に誘われた食事会。出かける前の日に服を選んでいて「明日までに3キロ、いやできれば5キロ痩せられたら……!」と思った…

地味見え、老け見えしたくない! 定番「ベージュコーデ」4大悩みの解消は?

私たちの定番カラー、ベージュ。大人っぽくて上品な印象でオンオフ問わずに着られるから、ワードローブに持っている人も多いのではないでしょうか。でも「着太りしそう」「…

街中みんなパープル現象!秋に買い足す美女スカートで細見せコーデ

この秋のトレンドカラー・パープル。今年は特に、パープルロンスカ熱が再燃している模様です。是非1着手に入れて着まわしたいところですが、ロンスカの着回しって意外と難…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤー…

男性への1000円台からの「ちょっとしたプレゼント」喜ばれる4アイテム

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「税金記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(11月11日…

【ストレスケア】心が疲れたら、この方法を試してみて!寒い時期のストレス解消法5つ

あなたがストレスを感じるのはどんなときでしょうか。仕事が忙しすぎたり、ミスをして自分を責めてしまったり、悲しいことに直面したり…。そんなとき、他のみんなはどんな方法でストレスを解消しているのでしょう?…

【脱オバサン1つ結び】40代女性に人気の「痛くない」ヘアアレンジって?

髪をアップスタイルにしてビシッと決めている人や写真を見て「素敵だな」と思えども、自分ではなかなかうまくいかない……とはいえ職場に行く前に美容院でセットしてもらうというのは非現実的ですし、自分で簡単に仕上…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤーコーデを楽しめる「ドッキング」と、「異素…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事