小顔効果バツグン「後れ毛ヘアアレンジ」、生活感がでないコツは?

ちょっと真似したいと思うアレンジって、大抵後れ毛がありませんか?  後れ毛を作ることでこなれ感が出せて、オシャレ度がグンとアップします。さらに顔の輪郭補正や小顔効果、さらには色っぽさだったり可愛い雰囲気を演出してくれる強い味方。

 

でも、実際に自分で試してみると……。なんてことでしょう!  せっかくキレイにまとめたヘアが、あっという間に落ち武者感のある貧相なスタイルに!  後れ毛は間違った作り方をすると、ただの生活感溢れるお疲れヘアになってしまうのです。

 

そこで今回は、アラフォー向け・後れ毛ヘアの作り方をお教えしましょう。

 

後れ毛ヘアの極意 その1

後れ毛は前髪、もしくはサイドに作る

後れ毛という言葉の通り、ついついえり足などの後ろ毛に結ばない髪を作り、後れ毛にしてしまう人が多いのでは? これがそもそもの間違い。

若い子の場合は無邪気な感じになって可愛く仕上がるのですが、アラフォー女性の場合は絶対ダメ! ハリがなく、ツヤを失った髪がダラリと落ちてると、見苦しいヘアになること間違いなし。

後れ毛は前髪、もしくはサイドに設定するのが基本。どうしても後ろに設定したい場合は、サイドの毛束を耳にかけて作るのがベター。

Stylist:WAKO(ANTI)全体の髪を1本結びにして、センターパートの前髪で後れ毛を演出。耳周りをすっきりさせるのがポイント。

 

Stylist:野口由香(◆at’LAV ◆by Belle)サイドの毛束を耳にかけてた後れ毛。長すぎず、顔まわりに密着するのでだらしない印象は皆無。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事