【九星フラワー占い】六白金星の2020年下半期の運勢は?

2020年も半分を過ぎました。

激動の半年ともいえますし、身動きのとれない停滞の半年だったともいえますね。

これから、どうなっていくのでしょうか。

2020年下半期ついて、その運気の流れを読んでみたいと思います。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

六白金星が充実感を得ているなら、それは責任を果たしている証拠

今年の運気は最強とされている六白金星のみなさん。

いかがでしょうか、活躍されていますでしょうか?

人に必要とされ、楽しい出会いに恵まれ、充実した毎日を過ごしていますか?

もちろん、気楽なだけの毎日ではないと思います。

人の期待にしっかり答える実力と責任感を持つ人が多い六白金星ですから、このコロナ騒ぎのなか、思い通りの動きができなかったり、仕事の進行や家族、友人が元気に過ごしているのかとか、たくさん気をもんだことでしょう。

または、直接会話できないことで、意思の疎通ができていないように感じられた人もいたかもしれません。

それでも今、あなたに笑顔があるとしたら、それは紛れもなく、あなたが自分の責任を果たした証だと思います。

香りのおしゃれをするとモテ運だけでなく仕事運もアップ

これからの半年は、さらなる負担が六白金星にかかってくるかもしれません。

人と人の間に入って軟骨のような役割をしなくてはいけなくなるかも。

しかも、どちらの言い分も、あなたにとっては「そんなに固執しなくてはいけないこと?」と感じられ、自分の意見を言いたくなってしまいそうですが、ここを耐えてこそ、今年の運気は上昇し、あなたの株は上がります。

メールは、いつもより丁寧な言葉を意識するとチャンスを広げることでしょう。

もうひとつ、ファッションは女性らしいフェミニンな雰囲気が加わると、色々な面で評価が上がりますし、もちろんモテ運もアップします。

髪は長いほうがいいですし、できたらスカーフのおしゃれ、そしていい香りを身につけるといいでしょう。

世界を広げるチャレンジを年末まで思い切りやってみて

9月は一時、運気が下がるので、ここは無理をしないこと。

心と体を休めることに集中してください。

来年も、活動期というよりは、それまでの活動を定着させる時期になるので、年末まで世界を広げていくということに挑戦し続けてほしいと思います。

 

この時期の六白金星にとってのパワースポットはここ

飛行場や飛行機がよく見られるスポットに出かけてみてください。

きっと心が広がるような、さわやかな高揚感が味わえるでしょう。

これまでにご縁がなかったような人と友人・知人、仕事仲間になる、そんな可能性を広げてくれます。

あるいは、もしこれまで人間関係に悩んでいるようなら、それをとても風通しのいいものに変化させるパワーを与えられるでしょう。

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク