【九星フラワー占い】六白金星の7月は「蝶になるためのサナギ状態に」

60通りある干支の中で今月は癸未がめぐってきています。
この癸という字は、雨を意味していますので、もしかしたら今月は雨が多い1カ月かもしれません。
今月、この私たち人間の世界に強く影響する星は三碧木星。
これは朝日、光を意味する星です。
雨が降る暗い日であっても、光を見つめるこれが今月の最大のラッキーアクションとなります。
朝日ですから、復活の意味がありますし、コロナ流行で沈みがちだった社会が、少しずつ光を取り戻していく、そんな1カ月になることを願って、今月の運勢を読み解いていきたいと思います。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

変化の大波がとうとうやってくる

突然、思いがけないような変化が訪れそうです。

それは仕事のことかもしれませんし、生活環境のことかもしれません。

どちらにしろ、今のあなたにとっては、嬉しい変化ではなさそうです。

せっかくその変化をしぶしぶ受け入れて進んで行こうとすると、それがうまく進まず、まるでぬかるみに足を取られたような気分になるかもしれません。

なぜか反対意見が生じやすい

その変化に対して慣れてないからうまくいかないだけではないようです。

やろうと決めたことに反対意見や避難が生じやすく、それはさらなる心労となります。

それでも今月の六白金星は、無駄な抵抗はせずに、変化の波をありのまま柔軟に受け入れた人ほど、運が強くなっていきます。

受け入れた変化は必ずご褒美をくれる

そして焦ったり強引に進めようとはせず、ゆっくり進めていくこと、ピリピリとした空気感を出さないように穏やかに柔らかく人と接し、衝突が起きそうな場合は自分から折れることが大切です。

また問題が大きくなってしまった時は、第三者に入ってもらって解決をするということもポイントになります。

今月はただ辛いことに感じるかもしれませんが、この変化が六白金星の人生を大きく豊かなものに変えて行きますので頑張って!

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、なかなかあなたの良さや本意が人に伝わらない、もどかしい1カ月となってしまいそうです。

とくに注意が必要なのはパートナーがいる人。

誤解が生じて喧嘩になりそうになったり、思いがけず親からの横槍が入ったりしそうです。

あなたが悪くなくても、折れて平和を維持してください。

ここで関係性が壊れると、後々そのダメージが響きます。

金運も、がまんの月。

期待していた臨時収入はなかなか入ってこなかったりしそうです。

お財布を落としたり、スリに会うといったことも心配されますので、注意してください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ブラックとアイボリーです。

忍耐力を高めるお守りのような組み合わせです。

ラッキーパーソンは、カウンセラーや弁護士など人の相談に乗る職業の人。

実際に相談はしなくても、そういった人たちのコラムを読んだりするだけで運気の波のダメージが和らぎます。

ラッキーフードはじゃがいものポタージュスープです。

ビシソワーズ(冷静スープ)が美味しいですが、今月は体を温めることで体調が整い運気も整うので、温かくして食べてください。

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク