【クイズ】JTって何の略だか言える?意外に知らない!

たばこの販売などを行っている会社として知られるJT。

 

「JT」は何の略でしょう。

 

かつては専売公社と呼ばれていました。

答えは「JAPAN TOBACCO INC」です。

 

「JT」は「JAPAN TOBACCO INC」の略。「日本たばこ産業株式会社」の英文社名を略してこのように呼ばれています。日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき設置された会社で、たばこ並びに医薬品、食品・飲料を製造・販売する日本の特殊会社です。

もともとは日本専売公社(専売公社)と呼ばれ、たばこ・塩・樟脳(しょうのう)の専売業務を行う大蔵省専売局から独立して1949年発足した会社でした。その後、専売から樟脳が除外されるなどの変遷を経て、1985年4月1日に 日本たばこ産業株式会社となります。たばこの独占製造権と塩の専売権を継承したままでした。

JTという略称とロゴは、1988年にコミュニケーション・ネームとして導入されたものです。

たばこのほか、1990年代初頭にはお菓子(ガム)の製造とテスト販売を行いましたが、本発売は見送られました。一方で、JTが開発を行ってジェイティ飲料が製造・販売をしている飲料類はよく知られています。代表的な商品に「桃の天然水」がありましたが、2015年に飲料事業からの撤退を発表しました。

健康志向から喫煙が敬遠されてきている現在、JTは加熱式たばこ「プルームテック」に力を入れています。

なお、塩の専売については、1997年に塩専売法が廃止されて塩事業法に移行したことで日本での塩の製造販売が自由化され、塩に関する事業は「公益財団法人塩事業センター」が引き継ぎました。従来の食塩(精製塩)は「センター塩」と改称されました。名前は変わりましたが、いまも多くの家庭では赤いキャップの小さな瓶の食卓塩(センター塩)が使われ、日本の食卓の象徴の一つであり続けています。

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク