【40代編集長の婚活記#208】40代独女が「受け身」体質になったワケ

帰り際、彼女を誘ってみる

それから1時間くらい経った頃、私は仕事の目途がついて帰宅することにした。Kさんはまだ仕事をしているようだった。

アサミ「まだ終わらなそう?」

K「はい……」

アサミ「もう遅いし、今日は一旦切り上げて、軽く飲みに行かない? 気分転換に」

さほど親しい関係性ではなかったけれど、放っておけない気がして声をかけた。

K「そうですね……。でも、今日は終わるまでやっていこうと思います。明日また打ち合わせだし」

 

エレベーターを待っていると

アサミ「そっか。明日だもんね。無理しないでね」

そう言って、編集部を出た。入り口で、別の編集部のYさんとすれ違った。普段はあまり見かけないYさんがこのフロアに来るなんて、珍しいなと思った。

エレベーターを待っていると、編集部の中から声が聞こえた。

Y「あー、Kさんがいた。久しぶり! まだ終わんないの? 飲みに行こうよ」

Kさんを誘う声がした。

K「いいですよ。あと10分待っていただけますか?」

その声を聞きながら、私はエレベーターに乗った。

 

即答でOKした……!?

なんの躊躇もなかった……。

私がKさんを誘ってから、5分も経っていない出来事だった。Yさんからの誘いに即答でOKしたKさん。

落ち込んだ。傷ついた。

そして、自分の不甲斐なさを痛感した。Yさんとは飲みに行きたいと思っても、私とは行きたいと思わないってことか……。

KさんとYさんは以前同じ部署だったし、もともと仲が良かったのかもしれない。でも、ほんの数分前は「終わるまでやっていく」と断ったKさんが、アッサリYさんの誘いにOKするとは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク