【40代編集長の婚活記#208】40代独女が「受け身」体質になったワケ

40代にして婚活歴4年、OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)。これまでに婚活パーティ、婚活アプリ、紹介婚活、個室婚活などでたくさんの男性と出会い、デートをしてきた。

現在婚活中のお相手は、婚活アプリで知り合った50歳の眼科医・レンズさん。メッセージ交換で意気投合、ついに3回目のデートに誘われるが……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

3回目デートの約束

3回目のデートを誘ってくれたレンズさん。ゴルフの練習デート、ランチデートときて、今度はディナーの誘いだ。流れとしては、いい感じな気がする。

レンズ「何が食べたいですか?」

アサミ「先日はフレンチでしたものね。今度はエスニックとかいかがでしょうか?

レンズ「ベトナム料理はどうですか?」

アサミ「いいですね。好きです!」

レンズ「では場所は改めて連絡しますね。来週土曜、19時でいいでしょうか」

案外サクサクッと3回目デートは決まった。

 

過去の恋愛を反省して

「デートに、能動的になろう」

婚活を4年やって大事だと感じたことのひとつが、コレだ。過去の恋愛を振り返ってみると、私は圧倒的に受け身だった。

誰かをデートに誘うこともしなかったし、誘われたとしてもデートプランはお任せだった。乗り気じゃないときは言わずもがな、あったときでさえ基本的に相手にお任せしていた。

なんで私は恋愛やデートに対してこんなに受け身だったのだろう……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク