【クイズ】スーパーって何の略だか言える?意外に知らない!

毎日の買い物に欠かせないお店といえばスーパーです。

 

「スーパー」は何の略でしょう。

 

市場を超えたお店を目指して。

答えは「スーパーマーケット」です。

 

「スーパー」は「スーパーマーケット」の略。もともとはアメリカで「市場」を意味である「マーケット(market)」と「超える」という意味の「スーパー(super)」を合わせて「市場を超えるほどの商店」の意でつくられた造語です。その後、スーパーマーケットが事業拡大するなかでひとつの名詞になりました。

日本で初めてスーパーマーケットという言葉を使ったのは、1952(昭和27)年に京阪電気鉄道の流通部門が大阪の旧京橋駅に展開した「京阪スーパーマーケット」。

自分で商品をカゴに入れるセルフサービスの業態は、1953(昭和28)年に東京の神宮前駅近くにオープンした紀ノ国屋が日本初です。

その後、高度成長期にスーパーの勢いは増し、しだいに日常に欠かせない買い物の場所として成長しました。なかでも1957年(昭和32)年に神戸で創業し、「価格破壊」をスローガンとしてチェーンを拡大させたダイエーは代表的なスーパーです。また、ダイエーは1996(平成8)年に業界で初めて元日営業を行い、他店も追従しました(現在は働き方改革などもあり、元日営業を控える店舗も増えてきています)。しかしダイエーは徐々に業績が悪化し、2015(平成27)年からはイオングループの完全子会社に。

旅行に行った際、地元のスーパーに立ち寄ると、その地域ならではの食品などとの出会いがあります。日常生活に浸透しているスーパーですが、じっくり棚を見ていると新しい発見があるかもしれません。

 

★これも解けるかな?

答えは>>>こちらです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク