【40代編集長の婚活記#218】この流れはもしかして!? 40代こじらせ独女の赤っ恥

まったくもって終わりが見えない、40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は婚活歴4年、婚活で出会った相手は100人以上。

婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などで数々の出会いとデートを重ねてきたけれど、なかなか恋人にまでは至らない。新たな出会いを求めて再スタート。11歳年上の59歳・ロマンさんと婚活アプリでマッチングしたのだが──。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

ロマンさんへ返信する

マッチングして早々に、ロマンさんからメッセージが届いた。

婚活アプリに書いているプロフィールやメッセージによると、ロマンさんは59歳で上場企業の会社役員、奥様と死別。息子は2人で、長男は社会人、次男は大学生。都内で次男と同居している。

グレイヘアで、穏やかで優しそう、かつ余裕がありそうな雰囲気に感じる。食べることが好き、趣味はゴルフという、私との共通点がある。掲載している写真などを見ると、海外旅行などもお好きな印象だ。

何より好印象だったのは、メッセージの言葉遣いがていねいだったこと。婚活をして改めて言葉遣いの重要性を感じている。

 

59歳、会社役員のロマンさん

でもまぁ、初回のメッセージは比較的みなさんていねいか。婚活アプリを通じて出会った男性は、メガネさん、レンズさんときてロマンさんが3人目だけれど、みなさんちゃんとしていた。大人だものね……。

アサミ「はじめまして。こちらこそマッチングありがとうございます。アサミと申します。48歳、出版社で編集の仕事をしています。私も、これからの人生、お互いを尊重しながら、楽しく過ごせる方と出会いたいと思っています。

ロマンさんとは食べることが好きだったり、趣味のゴルフなどが共通していたので、お話が合うかなと思いました。これからよろしくお願いいたします」

ドキドキしながら返信メッセージを送ると、ロマンさんからさらなる返信はすぐに届いた。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク