「恋愛も仕事も、君としたい!」男性がみんな好きになる「気配り美人」の習慣とは

 

恋も仕事も大切なのは人間関係。人間関係がうまく行っていると、人生がより楽しくなることが多いです。どちらも順調な人の多くは気配りが上手だったり、心配りが上手なのではないでしょうか。見習ってみたいものですが、そもそもそんな人たちが持つ習慣とは?

 

①いつも周りへ興味を持つところから

「職場の同期が別に見た目は普通なんですが、ほんとにさりげない気遣いができる子なんです。僕がバタバタしていてヘトヘトになって席に戻ると『ファイト〜』って一言メモを残して小さなチョコレートが置いてあるとか、遅い時間になると空調が切れるので冬は寒いのですが『よかったらブランケット使ってくださいね』と言ってくれたり、嫌味なく親切なんです。だからみんな好きになっちゃうみたいです。

その子を見ていると周りをすごく観察してました。イライラしてそうな人がいたら声をかけたり、いい空気を作ろうとしているんでしょうね。モテたくてやってるのか、自分が過ごしやすいようにやっているのかわかりませんが、狙ってやってたらすごい女性です」(43歳/男性)

 

②誰に対しても差別的な態度を取らない

「気配りというと、ジェンダーステレオタイプにより、合コンさしすせそが言えることやサラダの取り分けをイメージしてしまいがちかもしれません。しかし、最近はサラダを取り分けられたことで自由に量を選べないなどのデメリットがあるためマイナスになることも。

2020年の気配りは、多様性に対する気配りだと思います。人種差別や民族差別、女性差別やセクシャルマイノリティ差別、外国人差別などの差別に対してどれだけ事前に気配りできるかどうかが問われますね。もっと身近なところでいうと、コンビニやレジの店員さんを『そんな職種』と己のイメージでバカにせず、日々平等に接客する労働者として敬意を示すことなどでしょうか。男性も女性も、横柄な振る舞いをしているのを見るとんざりしてしまいます」(47歳/女性)

 

③人に指摘されないようフォローする

「僕の会社にはすごく素敵な女性の上司がいます。部下がちょっとしたヘマをしていても、修正が聞くようなら早いうちからさりげなくフォローをしてくれるんです。もちろん、他の上司や同僚の目のつかないところでお説教もします(笑)結構、男って人目が気になるし、失敗が公に出てしまうのを恥じるし、次に反省を生かせると思うので、気づかれないようにさりげなくフォロー・指摘してくれる存在はありがたいです。未婚なら惚れ込んじゃいます」(35歳/男性)

 

彼女たちを見習って、心遣いの達人を目指すと仕事も恋愛もうまく行って、悩みが減るかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク