塗りすぎ厳禁!40代なら「引き算メイク」を身につけるべし

歳を重ねるごとに、残念ながらメイクでカバーしたいトラブルが増えるもの。カバーしたい部分が増えると、つい厚塗りっぽいメイクになりがち。でも、厚塗り感=老け感まっしぐら!今回はどこを引き算すれば適度なメイクになるのかポイントを解説します。

 

■さりげないチーク使いは“引き算メイク”の基本

これまで多くの方のメイク相談を受けてきましたが、「上手に眉が描けない」と眉に対しての意識が高い人が多い反面、チークには気を使っていない……という現実も。でも、チークは適切な色選び&塗り方をしていないと、若作りしている印象になってしまうことがあり、注意が必要なパーツです。

血色感が増し、健康的に見えるという理由からピンクのチークを選んでいる人が多いですが、明るいピンクを選んでしまうとお肌の色との色差が大きく過ぎて、チークを塗ってる部分が目立ち、若作りしているように見えてしまいます。

大人になったら明るいピンクよりもコーラルピンクのようなややオレンジが混ざったようなカラーや、思い切ってブラウン系のチークを選んでみて。お肌なじみが良く、フェイスラインをシャープに見せてくれる効果も期待できます。

 

 

■ふんわりとバランスのとれた眉は女性らしさを強調してくれる

顔の印象を大きく決定づけるのは顔の額縁とも呼ばれる“眉”もアラフォー女性にとっては丹念に仕上げて欲しいパーツです。眉は、ふんわりと柔らかいタッチで描くと優しい女性らしい印象に仕上がり、色は髪よりもやや明るい色をセレクトすることでより柔らかい印象力がアップします。

アイブロウペンシルはモチが良いというメリットはありますが、輪郭がハッキリし過ぎてしまうデメリットもあるため、ふんわり仕上げたい時はパウダータイプを使うのがおススメです。最近では3色以上がセットされているパレットが数多く発売されているので、3色を上手にブレンドしながらご自身の髪の色や肌の色と馴染むカラーをご自分で作ってみてください。

 

 

■アラフォーメイクのポイントは「ツヤ」と「明るさ」

年齢とともにお肌のくすみなどが気になるようになり、ついカバーしたくなりますが、アラフォーになったらお肌にツヤがあるか、明るさがあるかが重要なポイントになってきます。

ベースメイクでしっかりツヤと明るさを出して、ポイントメイクは上品に控えめに仕上げると、“マイナス5歳見え”も夢ではありません。「ちょっと面倒だな」と思っても、ちょっとしたお出かけの時はBBクリームやCCクリームなどのワンステップアイテムではなく。きちんと化粧下地を投入してあげてください。化粧下地は化粧モチをよくする、お肌のキメを綺麗に見せてくれるために開発されているアイテム。化粧下地にパール感があるものを選べば、光の反射効果でお肌の内側からツヤと明るさを感じさせてくれます。

 

アラフォーになったらポイントメイクの頑張りすぎは禁物。大人の女性らしい品格を醸し出すためには“引き算メイク”を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク