男性に「一緒に歩くのは無理!」と思われてしまう40代独女のNGファッション3選

常に気合MAXでいろとは言わないけれど、こんなファッションは嫌だ……

今回はファッションについて、男性たちがポロリとこぼした本音をお伝えします。

 

その1:普段着にしか見えない服で繁華街にお出かけ

「付き合って1年になる彼女(48歳)が、最近どこへ行くにも、“スーパーに買い物に行く主婦”みたいな服装になってきて、ちょっと気になっています。

最初のうちは、もうちょっと気を使ってくれていたように思うんですが、最近ではどこで待ち合わせしても、着古した服で登場し、平然としているんですよね。

彼女の仕事場が、家の近くに変わったせいもあるのかもしれないけれど、会うたびにオバサンっぽさが増している感じです。

部屋着を着ている彼女は嫌いではありませんが、繁華街に行くときには、それ相応の格好をしてきてほしいのになぁ」(44歳男性/スポーツジム勤務)

出典>>なんでそんな格好で…男が「ありえない」と感じた40代女性の自然体すぎるデート服3選

 

その2:全身ファーだらけなのは暑苦しい!

・「好きな女友達と買い物を口実にデートすることになり、どんな時間になるのかなと楽しみにしていました。

が、当日現れた彼女はファーが付いたバッグにファーのマフラー、イヤリングまで小さなファーが揺れていて、正直『暑苦しい!』と思いましたね……。

しかも、イヤリングの飾りがマフラーに引っかかってしまって、イライラしながら外す姿がオバサンぽかったです。

それぞれで見たらいいデザインなのに、もったいないなぁと思いました」(40歳/サービス)

・「襟元がファーのコートにブーツの足口にもファーの付いたブーツでデートに来た彼女。

ファーってどうしてもボリュームが出るから仕方ないけど、正直ちょっと太く見えましたね。

これって鏡を見る本人は気が付かないもの?」(35歳/販売)

出典>>一緒に歩くは無理!と思われる40代独女の「冬デートでのNGファッション」3選

 

その3:キズだらけのハイヒール

「仕事はバリバリ、見た目も優雅で素敵な女性に飲み会で知り合ったんですけど、去り際に後ろ姿を見てドン引き。

上品なハイヒールを履いていたんですが、ヒール部分がキズだらけで、ボコボコになっていたんです。

歩き方が下手くそなのか、後ろ部分だから本人は気づいていないのかわからないけれど、せっかくオシャレな雰囲気の女性だったのに、その姿を見てしまった途端に『なんか違うな』って思ってしまいましたね。

たまに見かけますが、“見えない部分だから”と気を抜いている感じが、だらしない本性を現している感じがして、こういう女性は苦手です」(43歳男性/飲食店経営)

 

★上質な靴であるほど柔らかな素材を使っていることも多く、マンホールや階段の角などにぶつけただけで、キズになってしまうのは“あるある”。「このくらいなら、目立たないだろう」と思っていても、後ろ部分にキズがあると、想像以上に男性たちの目に留まっていることもあります。メンテナンスを怠らず、ちょっとのキズでも修理に出すなどの心がけが、幻滅を招かないためにはマストです。

出典>>スニーカーもデンジャラス? 男が「なんか違う」と幻滅した婚活40代女性の“靴”3選

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク