【花粉症】目のかゆみ・鼻づまりスッキリ。医師おすすめ「○○焚き」とは?

春が近づき暖かくなるにつれ、花粉症の症状に悩まされる方も増えてきているのではないでしょうか。

花粉症による目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどに悩まされる方にオススメなのが、「黒酢焚き消毒」。

特に、目や鼻の違和感の解消にいいのだとか。

西洋医学と東洋医学の幅広い知識から治療を行っている水嶋クリニック院長・水島丈雄先生監修の『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』から紹介します。

 

中国伝来の自然消毒法

日本ではあまり知られていませんが、黒酢を蒸発させ、その蒸気で空気中の細菌を死滅させる「黒酢焚き消毒」は中国ではとても一般的な健康法です。

かぜが流行しているときや、家族に病人がいるときは、中国の家庭では必ずといってよいほど「黒酢焚き消毒」をしています。

また、学校や病院でも定期的に行われています。

 

お酢より黒酢が良いワケ

「黒酢焚き消毒」には、良質な黒酢を用いるのが一番効果的です。

黒酢以外のお酢でもできますが、においがきつくなるので、黒酢を用いるのがいいでしょう。

また、醸造酒である黒酢には、酢酸の他に、アミノ酸や酵素がたくさん含まれています。したがって黒酢を焚くことで、肌をうるおす効果も期待できるのです。

加湿効果もあるので、空気が乾燥している冬場などには月に1~2回、定期的に行うことで、かぜや肌荒れを防止できます。

 

黒酢焚き消毒のやり方

<材料>(1回分)

黒酢 200ml

水 200ml

小鍋 1個

コンロ 1台

 

<やり方>

① 小鍋の中に黒酢を入れる。

② ①に水を加えて2倍に薄める。

③ ②を火にかけ、強火にして焚く。

④ 小鍋の中身が蒸発して少なくなったら、コップ半分程度の水を足す。蒸気から酢のにおいがしなくなるまで、数回繰り返す。

 

空気清浄機+加湿器+酢のパワー

「黒酢焚き消毒」は月に1~2回、1回1時間半~2時間、定期的に行うとよいでしょう。

「黒酢焚き消毒」は一種の自然消毒法ともいえます。天然の空気清浄機+加湿器+酢のパワーのトリプル効果で、花粉症を撃退しましょう!

 

かぜ予防にもオススメ

殺菌作用のある黒酢は、部屋の中で蒸発させると、空気中にただよっているウイルスを捕まえて、消滅させてくれる効果があります。家庭内にかぜをひいてしまった人がいるときや、冬の乾燥した時期に、予防として行うのもオススメです。

かぜをひいている人は、黒酢を焚いて発生する水蒸気をじかに吸い込むと、喉の痛みがやわらぎ、鼻づまりの解消にも効果を発揮します。

 

花粉症改善の知恵とコツが満載!

今回ご紹介した「黒酢焚き消毒」は、自分で簡単にできる治療法の一例です。

花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』では、症状に効く特効食材や、食べ物・飲み物の簡単レシピ、一人でできる動作やツボ刺激などをたくさん紹介しています。

毎日無理せず花粉症を治したい!という方にオススメの一冊です。

花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵/水嶋丈雄 (監修) 主婦の友社 1,300円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。実は、この"万病"の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関…

花粉症でも飲みたい! アレルギー改善におすすめのアルコール2選

「アルコールは花粉症の症状を悪化させる。」花粉症の時期になると、お酒を控える・・・という方も多いのではないでしょうか?お酒は好きだが花粉症はツライ・・・という貴…

腸は花粉症対策の肝心かなめ!4つの食品で花粉に打ち勝て!

今や、日本人の3~5人に1人が患う国民病となった花粉症。マスクや薬など、症状を和らげるための対策は数多くありますが、体質を改善するには、腸内環境を整える必要があ…

「冷え性は足先を温める」は、ホントorウソ? 名医・池谷敏郎先生の答えは?

1月17日放送のテレビ番組『林修の今でしょ!講座』の「あなたの知識はもう古い!?2017年最新研究で分かった名医の『朝食検定』」にて、最新研究をもとに、朝食の新事実を解…

風邪に負けない体に! 「免疫力をアップ」する3つの方法

お正月も終わり、そろそろ本格的にエンジンをかけていきたいところです!でも、「ちょっとひいた風邪が長引いて、スッキリ治らない。そのうえ、肌荒れや吹き出物も……。」な…

くしゃみが止まらない!「花粉症・アレルギー症状」を和らげる3つの食材

まだまだ寒い日がつづきますが、たまに暖かい1日が訪れることもある冬の終わりです。こんな時期は、大事な会議中や電話しているときに、出だしたせきが止まらない!というこ…

元・片づけられない女が考案。世界一カンタンな「鬼速片づけ」たった2つの法則

毎日を、せわしなく生きるオトナ女性。忙しい毎日に頭がいっぱいいっぱいになったり、余裕がなくなってイラっとしたり。そんな心が荒れてしまっているとき、実は部屋も荒れているんです!部屋が片づいていることで、…

【全色塗ってみた】THREEの新作グローリップ9色、美肌に見えるのはどれ?【イエベ・ブルベ】

品格をあらわすのは口元です。オトナ世代のメイクで大事なのは、ずばりリップメイク。大人の品格を出しつつも、今っぽいリップはどんな色でしょうか? 気になるメイクアイテムをリアルに試す、人気の「全部塗ってみ…

自分史上、最高の写真を撮れる!【カメラ撮影テク×パーソナルカラー講座】

美味しい料理、キレイな景色、自分のプロフィール……。何かと写真を撮影してSNSなどでシェアする機会が増えました。できるだけステキな写真を撮れるようになりたいですよね。そこで、自分史上、最高の写真を撮れるよ…

【全色塗ってみた】クレ・ド・ポー ボーテ 新作リップ。美人見え口紅を探せ!【イエベ・ブルベ】

顔がぼんやりしたがちなオトナ世代。メイクで大切なのはずばり「リップ」です。40代の肌がキレイに見える「美人見え」リップはどんなものでしょうか? オトナサローネは気になる新色をリアルに「全部塗ってみた」と…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、絶景に絶品グルメと、オトナ女子の知的欲求…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

答えの見えない恋。納得できる次のステップへ進むために

「か・が・み」の三文字のうち、真ん中の「が」を抜くと「かみ」になることはよく言われます。「が」はすなわち「我=自分」。鏡はありのままの自分と正面から向き合い続けることの象徴です。……いったいどういうこと…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事