【九星気学】二黒土星の2月は「あきらめた物が戻ってくる」九星フラワー占い

東洋の古い暦では、2021年の本格的なスタートは2月3日23時59分から。

そしてこの1年の幕開けの月は、それぞれの星の特徴が強く引き出され、本来の自分らしさを思い出させられる星の巡りになっています。

きっと波乱含みの1年を乗り越えるには、自分の本質と向き合うことが必要だという星からのメッセージでしょう。

では、星が教えてくれる、あなたらしさについても一緒に考えていきましょう。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運勢を知りたい人はこちら

【2021年2月3日~3月4日運勢】

過去にやり残したことに再チャレンジを

先月は運気の谷間にあった二黒土星のみなさんにとっては、2月に入ると、やっと新年が明けたような、ちょっとすっきりしたような気分がするかもしれません。

そして、先月、なかなか身動きが取れなかったぶん、今月はやらなければいけないことがあちらこちらで待っていて、急に忙しくなってくる可能性があります。

気持ちはとても焦るかもしれませんが、ひとつひとつに対して雑にならないように気をつけてください。

二黒土星の人の良いところは、粘り強く丁寧なところですから。

うまくいかなくてもあきらめないこと、ふて腐れないことが運気の波を整えるために肝心なことです。

なぜなら今月はとくに「再チャレンジ」をするとうまく行き星まわりで、過去にあきらめたことも今月ならうまくいったりするからです。

仕事運…面倒見のよさを発揮すればうまくいく

二黒土星の良いところといえば面倒見の良さもあげられます。

ここが仕事に大きく関わってところです。

いくら面倒見がいいといっても、かわりに仕事をやってあげるというわけにはいきません。

これは本人のためにもならないからです。

ここで積極的にして欲しいのは、声をかけるということ。

明るい調子で、「順調に進んでる? 大丈夫?」と話しかけてあげると、職場の士気が高まります。

そしてそれは、仕上がりにも大きく影響しますので、是非行ってみてください。

あなたの声が今月の職場のキーとなっているのです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、思わせぶりなアプローチがあり、本気にしていいのか迷ったり、ちょっとイライラするというようなことがあるかもしれません。

ただ今月はまだ具体的に関係性が形づくられるという時期ではないので、誰に対しても感じよく振る舞っておくといいでしょう。

金運は、忘れていたり諦めていたお金が入ってきたり、戻ってきたりということがあるかもしれません。

そのお金はしっかり貯蓄しておきたいものです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはブラウンカラーとブルーです。

物事に落ち着いて対処できるように、気持ちを導いてくれる色です。

ラッキーパーソンは三碧木星の人(生まれ年はこちらで確認できます)、

そして母親や母方の親戚。

落ち込んでいるときに、そっと寄り添ってみると元気を分けてくれるでしょう。

ラッキーフードは梅干し入りのおにぎりです。

食べると胃腸が調子良くなりパワーが出てきます。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク