【クイズ】Z世代ってどんな人だか言える?意外に知らない!

ネット時代になり、Z世代と呼ばれる人たちに注目が集まっています。

 

「Z世代」はどんな人たちでしょう。

 

デジタル生まれデジタル育ちです。

答えは「1990年代後半~2000年生まれの人たち」です。

 

Z世代」は「990年代後半~2000年生まれの人たち」のことであるとされています。アメリカで名付けられたもので、もともとは1960年~1974年生まれの人たちを「X世代(ジェネレーションX)」としたことから、1975~1990年代前半生まれが「Y世代(ジェネレーションY)」となり、Z世代(ジェネレーション)の誕生に至りました。

Y世代は「ミレニアル世代」とも呼ばれ、つい先日まで様々な業界で注目される若者たちでした。彼らはインターネット普及前の時代に生まれた最後の世代。幼少期から青年期にIT革命を経験したデジタルネイティブの最初の世代でもありました。「ミレニアル」という言葉は、ミレニアムが2000年前後か、それ以降に社会に進出する世代という意味で名付けられたものです。

これに対し、Z世代は生まれた時点でインターネットが利用可能だった真のデジタルネイティブ。日常にウェブが存在する中で育ちました。そのため、デジタルデバイスへの適応が極めて早く、SNSも上手に使いこなすことができる人が大半です。まだ10代から20代前半ですが、SNSを通じてインフルエンサーになり、同世代の支持を集めている人も多く存在します。

Z世代は、不況の中で育ったために、社会問題への関心はほかの世代よりも総じて高いと考えられています。

Z世代は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本でも大学などのオンライン授業を広く受けた世代となりました。デジタル生まれデジタル育ちの彼らに注目が集まっています。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク