【40代編集長の婚活記#237】SNSの彼の「ナゾ」を知りたい! 40代独女が取った行動とは…? 

40代の婚活は、新たな発見の連続かもしれない。婚活歴4年半のOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は、これまでに100人以上もの男性と出会ってきた。

4年半の婚活を経て、自分が求めているのは結婚相手ではなく、パートナーなのだと自覚。婚活とは関係ない趣味に時間を割いていたら、思わぬ出会いがやってきて……。

この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

 

SNSをひたすら辿ってみる

趣味の猫画像をチェックし、可愛いと思ったアカウントをフォローしていた流れで知り合ったキャットさん。最初はたくさんの可愛い猫と暮らしている人としか思っていなかったし、私はキャットさんが投稿する猫のファンだった。

それが、ひょんなことからメッセージをもらい、実名や仕事がわかり、考え方や性格、プライベートも垣間見えてきた。すると、今度はキャットさん自身のファンになっていた。

子供の頃から筋金入りのファン気質なため、興味を持ったものは徹底的に調べてしまう。そこで見つけてしまったのが

キャット「やっと終わった離婚調停」

というSNSの投稿。

 

いい方法を思いついた!

これはキャットさん自身のこと? それとも他人のこと? ヒントを探そうと彼のSNSのタイムラインを1時間以上たどってみたけれど、それ以上のことはわからなかった。

でも気になる……。どうやって調べたらいいんだろう?

ネットで検索しても出てこないし。

そのときハッと思い出したのだ。キャットさんがあるビジネス系WEBサイトの記事で、私の知人と対談していたことを! 仕事で数回会ったことのあるITさんという男性。1年以上会っていないし、そもそも数回しか会ったことない人だけれど、キャットさんと唯一の共通の知人。

よし、ITさんに連絡してみよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク