【九星気学】3月の運勢は?「新しい世界の扉が開く」九星フラワー占い

風を意味する星が、世の中の雰囲気を軽くさわやかにしてくれる、春らしい春になりそうな今月。

ただし、新しい世界へと誘う扉を開くための試練や困難がありそう。

その乗り越え方を考えていきます。

【2021年3月5日~4月3日の運勢】

風になびくファッション、風通しのいい環境が吉を呼ぶ

かなり暖かい日が多くなり、春がやってきたという実感が湧いてきますね。

今月は四緑木星という風を表す星の影響が強く現れる1カ月です。

そのため、軽やかな気持ちあるいは開放的な気持ちになる人は多いと思います。

本当なら風になびくような春めいた軽やかな服装でお出かけをして、人と前向きな楽しいコミュニケーションを! ということをお勧めしたいのですが、コロナの影響でそれもまだ少し難しいかもしれませんね。

外出が難しいということであれば、家の整理整頓をし、とくに窓をきれいに磨いて換気をして、家の中の風通しをよくすること。

そして爽やかな気分で過ごすということが、今月はどの星の生まれの人にとっても大切なラッキーアクションになります。

 

新しいアクションを起こした人に天は味方する

また、この3月の干支は「辛卯(かのとのうさぎ)」が巡っています。

卯(うさぎ)ですが、この字は扉の形に似ていませんか?

卯月は3月のことで、卒業のシーズンでもあることから想像しやすいと思いますが、「新しい扉が開く月」とされています。

何か新しいアクションをするということに天の星々は応援をします。

 

ただし条件があります。

以前にも今年の干支は「辛丑(かのとのうし)」だというお話をしましたが、今月の干支は辛卯で、「辛」の影響は強くあらわれます。

辛という十干は砂金や宝石といった磨かれて美しさを増す金性を表します。

磨く=努力が求められるということであり、磨くという行為は削ることでもありますから、痛みを伴うということ意味します。

つまり多くの人に試練や困難が訪れる気配がします。

 

正々堂々とした行いが重要

しかもその困難の種は一見簡単そうで、軽やかに解決できるように見えることでしょう。

実際はそうではありませんから、焦らず諦めずに、様子を見ながら対応すること。

そして正しい順番で、ズルいことはせずに行うことです。

これをすることであなたの前に新しい世界扉が現れ開かれることでしょう。

 

今月はここに乗って行こう!

今月、宇宙からの光を集めている星は一白水星です。

一白水星は人間関係を表したり悲しみを癒す力を表したりしています。

近くに一白水星の人もいれば(生れ年は下の一覧をご参照ください)、悩みを聞いてもらうととても癒されることでしょう。

また人間関係や優しさ、癒しは重要なポイントとなりますから、これをないがしろにすると今月や運気は伸びにくいでしょう。

 

9つの星それぞれの今月の運気も見ていきましょう

生まれ年の星と、9つの星それぞれを象徴する花は次のとおり!

※1月1日~2月4日・5日生まれの人は前の年の生れになります。
◆まるで水仙のよう!
「一白水星」(生まれ年:1963年、1972年、1981年、1990年)の女性の運気はこちら

◆まるでカーネーションのよう!
「二黒土星」(生まれ年:1962年、1971年、1980年、1989年)の女性の運気はこちら

◆まるで朝顔のよう!

「三碧木星」(生まれ年:1961年、1970年、1979年、1988年)の女性の運気はこちら

◆まるでバラのよう!

「四緑木星」(生まれ年:1960年、1969年、1978年、1987年)の女性の運気はこちら

◆まるで蓮の花のよう!
「五黄土星」(生まれ年:1959年、1968年、1977年、1986年)の女性の運気はこちら

◆まるでガーベラのよう!
「六白金星」(生まれ年:1958年、1967年、1976年、1985年)の女性の運気はこちら

◆まるでコスモスのよう!
「七赤金星」(生まれ年:1957年、1966年、1975年、1984年)の女性の運気はこちら

◆まるでユリのよう!
「八白土星」(生まれ年:1965年、1974年、1983年、1992年)の女性の運気はこちら

◆まるで紫陽花のよう!
「九紫火星」(生まれ年:1964年、1973年、1982年、1991年)の女性の運気はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク