【2大巨匠アイス食べてみた】ロブションvsエルメ、軍配はどっち?

2月末に発売されたもので気になっていた、フランスの巨匠アイス2品をご紹介。

●セリア・ロイル ジョエル・ロブション キャラメル~オレンジを添えて~ ※関東・東海地区セブン-イレブンにて販売中 300円

●赤城乳業 ビエール・エルメのキャレマン ショコラ 220円

 

第4のチョコレートをフィーチャーしたキャラメルで勝負のロブションさん

 

昨年発売されたショコラとストロベリーに続き、新フレイバーが発売になりました。

ジョエル・ロブション キャラメル~オレンジを添えて~

あのジョエル・ロブションさんがつくるグラース(あえてフランス語。アイスのこと)とはどんな味なのでしょう。

パッケージは高級アイスの証、ボックス+PP袋の二重包装です。

他にはハーゲンダッツのバーかパルムの高いやつ、コールドストーンくらいしか見かけません。

きれいなベージュのコーティングです。これが噂の第4のチョコレートといわれる、ブロンドチョコレート。

 

さて、次は断面。

うまく切れなかったのはご愛嬌ですが、ところどころにオレンジピール、ソースが見え隠れ。

塊で入っているというよりは、渦、線状に混ぜ込まれているので、さりげなく口の中で合流。

まわりのチョココーティングがキャラメル風味が強く、アイスそのものはそこまでキャラメル味という感じはせず。

オレンジソース、オレンジピール、キャラメルソース、隠し味のジンジャーチップが食べるほどに口の中で溶け合い、上品かつ複雑な味わいが楽しめます。

甘さ一辺倒、ではない風味の連続攻撃がやはり大人にはぴったり。

「キャラメル~オレンジを添えて~」はジョエル・ロブションのコースの最後に出てくるデセールが、棒アイスの中に閉じ込められちゃった、という感覚です。

アイスやケーキの外側につつーっと回しかけられた、ソースのイメージだからこそ2種類入っているのでしょう。

最後に忘れていましたが、しっかり棒にはブランド焼印あり。

どこまでも巨匠感でています!

 

第4のチョコレート・ブロンドチョコレートも調べてみた

さて、第4ってなんだ、と思っていたのですが今年のバレンタインデーあたりにバズっていたらしいことを先ほど知りました。

チョコといえば、普通の茶色いチョコ以外には、ホワイトチョコしかないと思っていた昭和世代ですが、なんとホワイトチョコから偶然できあがった、塩キャラメルみたいな味がするチョコをブロンドチョコレートというそうですね。(棒読み)

それをロブションさんはいち早く取り入れ、アイスにコーティングとして表現したというわけです。

味わいとしてはブロンドチョコ≒キャラメルということで、商品名はわかりやすいキャラメルになったのかな、という感想です。

 

やばいうまし、のチョコ尽くし巨匠やりました!リピートします!

赤城乳業 ピエール・エルメのキャレマンショコラ

まずパッケージで目にした「キャレマンってなに?」という疑問を抱きつつ、巨匠系なのにアピール控えめなピエール・エルメの文字に驚き、さっそく購入。

巨匠監修なのに、普通すぎるパッケージに普通すぎる外見。

 

 

ピエール・エルメの人気スイーツ、「キャレマン ショコラ」(1個700円以上!)という生ケーキの名前を冠したアイスクリーム。

パッケージにもちらりとそのケーキの姿が登場しています。

(右端の四角いのがそれ。裏に説明がかろうじてあります)

ロブションさんと違って顔入りでもなく、巨匠の名前がさりげなさすぎます。

その断面はひたすらチョコ。

 

実食。

ひとくちめで断言、「キャレマン ショコラ」チョコ好きの方には激しくおすすめです。

チョココーティングも滑らか、中のアイスクリームは程よく軽いのに、チョコチップの粒感がさりげなくINされ、中心にはごーんとビターチョコソースが鎮座。

中のソースもちょこっとではなく、ボリュームがあるのと、キンキンに冷えているとかなり硬いので食べごたえがすごいです。

チョコの味わいが何重にも楽しめて、ほんとにおいしいとひねりなく表現しておきます。

生チョコくらいの濃厚さ。

パッケージのさりげなさすぎるアピールに気づけてよかったと、心底思い、なくならないうちにリピート買い。

鬼才と評されるピエール・エルメ。

直球すぎるチョコまみれアイスにしてしまうあたりが、チョコへのこだわりを感じますし、好感ももてて、久しぶりに感動。

店頭だと地味すぎるパッケージなので、スルーしてしまうのだけご注意ください。

逆を言えば、中身が濃厚なため(カカオは高価だっていうし)パッケージにお金かけなかったのかも。

どちらにしても、「キャレマン ショコラ」お値段220円でこれだけチョコを満喫できたらお安いと思います。

 

巨匠まとめ。

そもそもロブションさんはシェフ。ピエール・エルメはパティシエ。

ロブションさん「僕のつくるデザートを一般にも味わわせてあげるべく、得意な素材のマリア―ジュを重視した構成にしたよ」。

ピエール・エルメさん「オレお菓子屋だし、チョコ大好きだからチョコだけにこだわっちゃったよ」。

印象だけです。

最後に。

キャレマン、とは【Carrement=完全な、まさしく、大いにetc.】という意味。

実は、調べると友達同士で相槌、返事するときに「Carrement!(そうだねー!)」と、かなりくだけた表現としてよく使うんだそう。特に若者。

商品名ですし、本来の「完全なチョコ」的な意味が正しいんでしょうが、スラングとしてもよく使う言葉をあえて使っているということは、私たちが思うより、フランス人にとっては、めちゃめちゃキャッチ―な商品名なのかもしれません。

実は「ガツン、とショコラ」くらいのくだけたネーミングなのに、本格的なチョコのうまさのギャップにセンスあるわーとかフランス人は思いそうです。

考えすぎかもしれませんが。それほどおいしかったということで!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク